十分リラックスしてる証拠?女性が濡れすぎる原因と解決策を紹介

セックスの時にシーツがビシャビシャになってしまうくらい濡れすぎてしまう女性がいます。

もともとの体質であったり年齢にもよって変わってくるのですが、それでもセックスの度に濡れすぎてしまうので、その事を悩んでいる女性も少なくないようです。

セックスの時に濡れすぎてしまう原因や、それを少しでも抑える為の改善策をこれから紹介していきます。

セックスの時に濡れすぎてしまう原因

では、セックスの時に濡れすぎてしまう原因とはいったいどんなものが挙げられるのでしょうか。

以下でご紹介していくので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう!

幸福ホルモンが分泌されている

セックスをしていて濡れすぎてしまう女性の特徴として、幸福ホルモンの分泌が盛んに行われている事が原因の場合があります。

大好きな人とのセックスをするというのは、それだけで誰でも多幸感に満たされるのですが、それが強すぎて気持ちが入り過ぎてしまって濡れすぎてしまう事があるようです。

リラックスしている

セックスの最中に女性が濡れ過ぎてしまう原因の一つに、とてもリラックスしている状態だからという理由があります。

大好きな男性とのセックスというのは、女性に多幸感をもたらすと同時に安心感を与える事ができるので、女性の方がリラックスできる状態になっているために濡れ過ぎてしまう事があるようです。

興奮しやすいから

セックスの時に濡れやすい女性の特徴として、セックスに集中しすぎて興奮状態にあるからという原因の場合があります。

特にセックスに対して好奇心旺盛な女性の場合ですと、性的欲求が強いので我を忘れてしまうくらいセックスに没頭してしまったりするので、結果濡れやすくなってしまうという傾向があるようです。

感受性が豊かである

セックスの時に濡れやすい女性の特徴として、感受性が豊かであるという場合があります。

感受性が豊かな女性というのは、想像力にも富んでいるので、男性とイチャついているだけでもこの先のセックスの事を考えたりして濡れてしまったりします。

あと、セックスに対して良いイメージを持っているという傾向もあるようです。

感じやすい体質である

濡れやすい女性の特徴として、刺激にとても敏感で感じやすいという特徴があります。

こういった女性は、男性と抱きしめ合うだけでも気持ち良くなります。そして、ちょっと体に触れられるだけでも感じてしまったり、クリトリスを少し刺激されるだけでも気持ち良く感じてしまう為に濡れてしまうことも。

性欲が旺盛である

濡れやすい女性の特徴の一つとして、性欲が強いという傾向があります。

男性だけでなく、女性の中にも性欲が強い人というのは存在します。そういう性欲が強い女性というのは、セックスに対して積極的なので、男性とのセックスの際に自分で気持ち盛り上がってしまう為に濡れやすくなってしまったりする事があるようです。

濡れすぎてしまう際の対処法

「濡れてしまう原因は分かったけど、どうしたらいいのかわからない…」という方もいると思います。

そこで以下では、濡れすぎてしまう際の対処法をご紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さいね。

自分をコントロールする

濡れやすい女性がセックスの時に気をつけたい事として、自分の感情を上手くコントロールするという事が挙げられます。

女性が濡れるというのは、精神的な要因がかなり大きいので、濡れやすい女性は、セックスをする時に自分の感情をコントロールしながらセックスをする事ができれば、少しでも濡れやすいのを抑える事ができます。

いつも濡れやすくて困っているのでしたら、セックスの時に少し落ち着いて冷静でいる事ができれば、少しは濡れるのを軽減できるはずです。

濡れる事に対して神経質にならない

セックスの時に濡れやすい事で悩んでいるのでしたら、あまり気にしない事をオススメします。

いつもビシャビシャに濡れてしまって恥ずかしい思いをするので嫌だと考えるのではなく、相手の男性の事を好きだからとか、テクニックぎ上手だから濡れてしまっているという風にプラスに考えるほうが良いでしょう。

記事の著者

セックスの悩みをもっと見る