仕事がつまらないと思う原因と対処法:辞めたいと思ったら

仕事がつまらない。そう感じる方も多いのではないでしょうか。

せっかくやりたくて就職した仕事だとしても、現実の仕事は単純作業や、調整が多く、期待していたものと違うかもしれません。

ほぼすべての仕事は、やりたいことを実現するための準備に過ぎません。なのですべての仕事が楽しくてやりがいがあるとは限りません。

また、その日の気分や自分が置かれている立場によっては仕事がつまらないと感じてしまうのではないでしょうか。

今回は、仕事がつまらないと思う原因や対処法をご紹介します。

仕事がつまらないと思う原因

単調作業である

単調な作業には向き・不向きがあります。好きな人はいくらでも続けられますが、飽き性な人や、つい仕事の意味を考えてしまう人には向かないかもしれません。

世の中のほとんどのアウトプットは単純作業の上に成り立っています。もしあなたがキラキラした結果・業績のみにとらわれているとしたら、視野が狭いかも。

もちろんすべての単純作業に価値があるわけではありませんが、少なくともそれに対してお給料が支払われているのも事実です。

単純作業がつまらないと思う人は、いかに早く業務を終えられるか、効率を追求してみましょう。ボトルネックの改善はクリエイティブな仕事ですし、余った時間を自分のために使うことができます。

人間関係がイヤだ

人間関係は仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えます。いくら仕事が順調でも周りの人達とウマが合わなかったり、ストレスが多かったりすると、仕事もつまらなくなります。

仕事だと割り切って、円滑に物事をすすめるか、どうしても自分に合わない人ばかりで心身的にも疲弊するなら、転職も手です。

転職サイト「ビズリーチ」をチェックする

仕事がつまらないときの対処法

周囲の人に相談する

まずは周囲の人に相談してみてはいかがでしょう。同じ事ばかりしているとつまらないと感じてしまうことでしょう。

そんな時は、周囲の人に相談してアドバイスを貰うと良いかもしれません。

きっと自分では考えつかなかった意見を言ってくれるはずです。

そうすることで、今している仕事の見方が変わり、その仕事が面白いと感じることができるようになるかもしれません。

目標を設定する

単純な仕事の繰り返しで、仕事がつまらないと感じてしまった場合、目標を設定してみてはいかがでしょうか。

「今日は〇〇分でこの仕事を終わらせる」といった目標を立てることで、次の日には昨日よりも早く終わらせるといった、仕事に対する意欲が湧いてくるはずです。

仕事の完成度を上げる

たとえ同じ仕事でも、仕事の完成度を上げることをしてみてはいかがでしょうか。

ただ、同じ仕事をダラダラとするのではなく、仕事の完成度を高めることを意識していけば、その仕事に対して愛着も湧いてきます。

そして、この仕事に関しては、誰にも負けないといった自信に繋がり、やりがいも生まれてくるはずです。

どんな仕事も前向きにとらえて仕事をする

つまらないと感じている仕事を無理にすると、その仕事が増々つまらないと感じるようになってしまいます。

ですから、どんな仕事でも、必ず自分の役に立つと考えて仕事をしてみてはいかがでしょうか。

自分のためになると思って仕事をすれば、単純な仕事の繰り返しも、やりがいのあるものに変えることができるかもしれません。

黙々と仕事をこなしている人の話を聞く

文句を言わずに、黙々と仕事をこなしている人の話を聞いてみるのはいかがでしょうか。

やる気がある人に相談すると、かえって気持ちが萎えてしまうことになりかねません。

そこで、黙々と仕事をこなしている人に話を聞くことで、その人がどういうモチベーションで仕事をしているのかを知ることできます。

そうした意見を聞けば、たとえ仕事がつまらないと感じても、仕事を続ける見本となり、つまらないなりに仕事をこなすことができるのではないでしょうか。

将来のための手段として考える

自分の将来を決めて、そのための手段として今の仕事をとらえるのも、良いかもしれません。

今の仕事がつまらないモノであっても、将来の下積みと考えることができれば、つまらない仕事でも続けることができるはずです。

将来のために、必要なお金を稼いでいると考えれば、必ず次に繋がるはずなので、つまらない仕事でも、意欲をもってできることでしょう。

将来の目標を立てる

上でも述べましたが、将来の目標を立てることは大切です。

そうすれば、たとえつまらない仕事でも「将来のために今の仕事がある」と考えることができれば、前向きに仕事に取り込むことができるのではないでしょうか。

そうしているうちに、段々と仕事が楽しいモノになってくるかもしれません。

仕事を辞める

仕事を続けられば絶対に成長できると思われたのは過去の話。現代において転職は、自己成長、人生設計において当たり前の選択肢です。

イヤイヤやらされ仕事を続ける義務はありません。どうしてもつまらなくて、自分のためにならないと思えば辞めてしまうのもありでしょう。

もちろん転職することによって、仕事を続けていたら得られたかもしれない対価(昇進など)を失うことになりますが、リスクのない選択などありません。

モチベーション低い仕事は周りにも迷惑なので、相談してもどうにもならないと思えば、転職をおすすめします。

転職サイト「ビズリーチ」をチェックする

ライター