結婚で感じるストレスの原因と解消法:新しい趣味やへそくりが効果的!

結婚といえば、幸せの象徴のように聞こえますが、生活が大きく変わり、今までになかったストレスを感じるようになったという人も多いはず。

自分の時間がなくなったり、新しい親戚付き合いなども増えるので、ストレスを感じるのは当たり前。ストレスが溜まりすぎると、体調不良やうつ病になる危険性もあるので、早めの対策が必要です。

今回は、結婚によって感じるストレスの原因とその対策法、また日々の生活で実践できる、ストレスの解消法をまとめました。少しでも結婚生活を楽しいものにするために、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事もおすすめ⇒いい加減にして!旦那を嫌いだと感じる瞬間・ストレス解消法を解説

結婚後のストレス

家事で時間がない

結婚して、1番ストレスを感じるのは、自由な時間が減ってしまうことではないでしょうか。共働きをしていれば、さらに自分の時間がなくなってしまいますよね。

帰宅してすぐに夕飯の用意をしながら、家事全般をこなすのは、容易なことではありません。独身の頃は自分のペースで時間を使えた分、結婚後は特にギャップを感じてしまうということも。

そういう場合は、旦那さんと話し合い、うまく家事を分担するようにしましょう。一人でストレスを抱えていても、原因がわからなければ、ただイライラしているだけだと思われ、状況を改善することは難しくなってしまいます。

こまめにお互いの不満を共有することで、原因を改善できるだけでなく、「なんでわかってくれないの」という精神出来なストレスも予防することができますよ。

育児による負担

育児は誰しもが初心者であり、経験があるものではありません。赤ちゃんに怪我や病気をさせてしまうのではないかと、毎日がプレッシャーと不安の繰り返しだと思います。

そんなときには、相談相手や話し相手を作ることがおすすめです。自分や旦那さんの両親でも良いですし、マタニティヨガなど子育てのママを対象にした習い事を始めることで、ママ友を作るのも有効。

疑問や不安な心配ごとを、すぐに解決できるのはもちろん、解決が難しい問題でも、人に話すことで気持ちを軽くすることができます。

自由にお金が使えない

結婚後にケンカの原因にもなるのが、金銭面。特に専業主婦の場合は、自分で自由に使えるお金があまりないということもありますよね。

しかし、旦那さんが管理しているお金や、家の管理にかかるお金が増えるからそう感じてしまうだけで、光熱費や家賃の節約により、実際はお金が浮いているという場合もあります。

そこで、光熱費や食費など出費の分担をするなど、お金の出入りを明確化しましょう。浮かせたお金を気兼ねなく使うことができ、ストレスを軽減させることが可能です。

また、月の貯金額を決めるというのも、お金を使う後ろめたさをなくすことができるのでおすすめです。

夜遊びできない

交流関係が広い方だと、結婚後は少し寂しくてストレスを感じるかもしれません。友達に独身者が多いと、話す会話が合わないということもあります。

女性の既婚者は、夜外に遊びに行きにくいものですし、周囲も気を使って、遊びに誘わなくなっていきます。

改善法としては、旦那さんと相談して、ルールを決めてしまいましょう。出かけることのできる時間帯を、事前に友だちに伝えておけば、友達の方も誘いやすくなります。

親戚付き合い

結婚後に必ず必要になるのが、親戚付き合い。年が離れているということも多いので、会話を合わせるだけでもストレスが溜まってしまいます。

そんなときは、季節の挨拶を送ったり、行事にまめに参加したりして、コミュニティの中に入ってしまいましょう。意外にすぐ慣れてしまったということも多いようです。

その際には、家族構成が似ている親戚や、家が近い家族から仲良くなるのがおすすめ。家族ぐるみの付き合いがしやすく、育児の相談相手が増えるというメリットもあります。

金銭面や贈り物の手間など、偏りをなくしお互いのストレスが少なくなるように心がけると、安定して長くお付き合いができるようです。

ストレス解消法

短くても自分の時間をとる

自由な時間がないからこそ、ほんのわずかな時間でも良いので、自分の時間を意識するようにしましょう。

例えば、寝る前のほんの1時間だけでもOK。1人でゆっくり、温かい飲み物と一緒にDVD鑑賞などをして、心と体を休めてください。

朝起きるのが得意だという人は、いつもより1時間早くおきるというのもおすすめです。

朝の時間にゆとりをもたせることで、その日1日をゆとりをもって過ごすことができますよ。

子供や自分の成長の記録をとる

育児や家事は本当に大変。自分の理想と違うこと、思い通りにならないことが多々あると思います。

そんなときは、子供の成長や自分ができるようになったことをこまめに記録する、ノートを作りましょう。

家事や育児は、毎日同じような作業が必要になるので、モチベーションが保ちにくいもの。

そこで、自分や子供の成長を目で見て実感できるようにすると、ひとつひとつの仕事にもやる気を出せるようになるのです。

へそくりを貯める

へそくりと聞くと、ずるいことのようなイメージがありますが、へそくりは奥さんの節約の成果です。

へそくりを貯めることで、自分が自由に使えるお金が増えるのはもちろん、節約などの効果を実感できるので、家事にやりがいを感じることが可能。

へそくりの平均金額は400万を超えるという調査結果もあります。コツを見つけて上手にお金を貯めましょう。

趣味を見つける

結婚後に趣味を見つけて活躍している奥さんも多数。例えば、今流行りのハンドメイドの商品は、結婚した主婦の方が作っていることがほとんどです。

裁縫などであれば、家事の合間など短時間で取り組めるのも、魅力的。スマホがあれば簡単に出品販売が可能なので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

軽い運動サークルや、習い事を始めれば、新しい友達を作ることもできますね。

SNSを利用する

最近、TwitterやFacebookを利用する主婦が増えています。Facebookを通して子育ての悩みを共有でき、同じ環境の友達を作れるのがポイント。

また、頑張って作った料理の写真などに、いいねがもらえると、やりがいを感じることもできます。特に、結婚後に人と接する機会が少なくなってストレスを感じているという方には、おすすめの方法です。

しかし、いいねの数を気にしすぎたり、誰とでも繋がれるSNSならではのトラブルも多いので、注意して使用しましょう。

Tags

ライター