目で覚える!仕事のやり方がわからない時の7つの対処法

新しい仕事や初めての仕事の場合、仕事のやり方がわからないのは当然のことです。

働いている人の多くは、仕事のやり方が分からず苦労した経験を持っているのではないでしょうか。

そこで今回は、仕事のやり方が分からない時の対処法についてご紹介します。

まずは人に聞く

まずは恥ずかしがらずに人に聞くことが大切です。

人に聞かずにミスをするより、ちゃんと人に聞いてミスなく仕事をすることの方が良いのは当たり前のことです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言います。特に仕事の場合、一つのミスが全体のミスとなり、多くの人に迷惑をかけることになることを心に留めておきましょう。

人の真似をする

よく「目で仕事を覚えろ」といったことを言う人がいます。ですが、あながち間違いではありません。

職場によっては、何も教えてくれないところもありますので、人のやり方を見て仕事を覚えるしかありません。

また、たとえ親切に教えてくれる職場であっても、仕事ができる人のやり方を見て真似ることは、仕事のやり方を覚えるのに大切なことではないでしょうか。

仕事ができるということは、一番良い仕事のやり方を知っている訳ですから、参考にならないはずがありません。

自分なりに考える

仕事を教えてくれない職場は結構多く存在します。

そうした場合、成功や失敗を積み重ねていくしかありません。一度失敗したからといって、すぐにクビになることはまずありません。

失敗したらその原因について自分なりに考え、次につなげていくことが仕事を覚える上で大切なことです。

スケジュールを立てる

新しい事を任された時は、どのように仕事をするかスケジュールを立てることから始めてみましょう。

スケジュールを立てることで、仕事の進め方や期限の管理、仕事のやり方がきっと見えてくるはずです。

準備をする

新しい仕事の場合、どこから手を付けてよいか分からなくなります。そういった事態にならないように、事前に準備をする必要があります。

その仕事に必要な情報を集めることで、どのように仕事を進めていけばよいか見えてきます。

後は、失敗を繰り返しながら修正していくことで、一番いい仕事のやり方を見つけることができます。

仕事の内容を理解する

仕事に対しての知識を得ることも大切です。

自分がしている仕事がどのようなものか分からないのでは、仕事のやり方も曖昧なものとなってしまい、本当の意味で仕事ができているとは言えません。

自分がしている仕事を知るこで、初めて仕事のやり方が見えてきます。

失敗を恐れずに行動する

初めての仕事の場合、仕事を頼んだ方も失敗することを前提に頼んでいるはずです。ですから、失敗を恐れずに行動しましょう。

仕事を覚えるの上で、失敗は欠かせません。失敗を繰り返すことで仕事を覚え、より良いやり方を見つけ出すことが出来るからです。

どうしても自分で進めることが難しい場合は、相談しフォローをお願いすることも大切です。

Tags

ライター