サークル勧誘が多すぎる!女子大あるあるを調べてみた

女子大とは、生徒が女子のみで集められている大学のため、共学の大学と違っていろんな特徴があります。

女子大は共学の大学生には分からない世界が存在するのです。 今回はそんな女子大だからこそわかる「あるある」を大公開いたします。

しっかりとおしゃれをして大学へ

男性がいないと美意識が低下してすっぴんのジャージ登校になるのでは?と思いがちですが、女子大生はしっかりと身だしなみは整えています。

メイクはかかさずするため、時々講義中にメイクをする女子大生がいますが、そういった人は必ず先生に注意されます。

終始恋バナをしている

女子大生は恋愛関係の話に興味津々です。 そのため朝から夕方まで話す内容はずっと恋バナばかりです。

学内での恋愛はできないからこそ他の人の恋愛話は新鮮なものになるのです。しかし喫煙所に入るとたちまち話す内容はブラックなものへと変化し、腹黒い一面を垣間見目るときがあります。

インカレサークルの誘いがすごい

女子大生は他校の男子生徒にとって憧れ存在です。 女子大は可愛い子が多いというイメージと、付き合ったら大学内で浮気をされる心配がないため人気があるのです。

そのためインカレサークルの誘いはしつこいくらいにやってきます。 他校の生徒と仲よくなれるきっかけ作りにもってこいのサークルですが、入学して間もなくこの誘いがくるので断るのに大変です。

スカートであぐらをかく

男性がいないからということもあって周囲の視線があまり気にならない女子大生は、たまに下品な一面を見せます。

例えスカートだろうとなんだろうと見る人がいないので、あぐらをかいても気にしません。 ちなみに学食に行くとソファーで寝ている女子大生もいます。

合コンに参加できない

女子大=合コンに参加している人が多いというイメージですが、実際に合コンに参加している人はほんのわずかなのです。 あとの残りの女子大生は真面目に授業に参加して単位をとっている女子大生ばかりで、現実はなかなかうまくいきません。

厳しい大学ほど講義の出席が厳しかったりするので、合コンにも参加できなくなるようです。

Tags

ライター