防犯を徹底!高校生で一人暮らしを始めるときに注意すべきポイント・費用まとめ

高校に進学すると地元から離れた場所にある高校に進学する方もいると思います。

家から学校まであまりに遠すぎると通学も大変ですし、寮やアパートを借りて一人暮らしを検討する人もいるのではないでしょうか?

しかし両親からしてみれば未成年ということもあって、まだまだ不安な点も多いですよね。今回はそんな高校生の一人暮らしに着目し、実際にかかる費用など気になることをまとめてみました。

高校生の一人暮らしってできるの?

高校生はまだ未成年になるので、未成年者の意志だけではアパートを借りることはできません。

未成年者が部屋を借りるには代わりに同意書にサインしてくれる代理人が必要になります。

この代理人は一般的には親がなるのですが、これは必ずしもではなく親権や管理権がない場合には未成年後見人が代わりに契約することも可能です。

何故一人暮らしをしなければならないのか?

高校生が親元を離れて一人暮らしをするのには理由があります。

それは高校が家から離れているということ。そして、親が転勤をしたり、家庭内にトラブルがあったりするケースもあります。

高校生が一人暮らしをはじめるきっかけとなるものは、必ずしも良いことばかりとは限らないのです。

1人暮らしにかかる費用ってどのくらい?~初期費用~

それでは実際に1人暮らしを始めるにはどのくらいの費用が必要になるのかということについて説明していきます。

高校生の一人暮らしは成人の一人暮らしと同様にアパートに住むための初期費用が必要になっていきます。

部屋を借りるときには、敷金や礼金。仲介手数料や前家賃を何か月分か支払ったり。そのほかにも火災保険など色々な費用が必要になっていきます。家賃が高ければ高いほど初期費用も高くなる可能性があるので、部屋を借りる前にはまとまった費用をためておくと良いです。

1人暮らしにかかる費用ってどのくらい?~生活費~

1人暮らしをする際には色々な生活費が必要になっていきます。例えば、光熱費や通信費、交際費。家賃、日用品や食費など費用は数えたらきりがありません。
1人暮らしにかかる生活費は全国平均では10~15万円とされています。
この生活費とさらに授業料が必要になっていきます。

高校生の一人暮らしで注意すべきこと

高校生だけに限らず一人暮らしをする際は必ず「防犯」をしてください。特に女性は戸締りをしっかりすることを忘れないように。
学生寮ならまだ安心感がありますが、アパートで一人暮らしをする場合には、近くに助けを呼べる人がいない場合があります。
少なくとも自分の身をしっかりと守れるように日頃から防犯をしっかりとしておくと良いです。

Tags

ライター