早めの対応が肝心!精神的DVへの対処法5つ

精神的DVとは、日々の行動の中で、肉体的なDVやモラルハラスメント、さらにその他要因が重なって、精神的に追い詰められていくことです。

自分の行動に自信が持てなくなり、結婚生活が立ち行かなくなって破たんします。

このDVへの対処法を5つ取り上げます。

1.DVへの姿勢

どのDVにも言えることですが、なにかしらの前兆や予兆が存在します。結婚生活当初から存在しているものです。

最初は軽く頬をたたくような暴力が、どんどんエスカレートして、殴る蹴るの暴力に発展します。

DVの典型的パターンですね。

精神的DVも同じですから、予兆を感じたらなるべくすぐに対処しましょう。

2.精神的DVを感じるとき

DVはエスカレートしていくもの。

精神的にダメージを受けるような言葉の後、パートナーから優しい言葉を受けると、ほだされそうなときがあります。

でも、優しい言葉は一時的で、パートナーの本質は変わりません。
このままエスカレートしていく傾向にあります。

これはどの暴力にも当てはまりますし、本質が暴力的なので治りません。

あらかじめ知っておけば、対処しやすいですよね。

3.精神的DVを感じたら

まず避難しましょう。

ちょっとしたことで怒るなんて大人げないじゃないかとパートナーから指摘されるかもしれませんが、そこで許すと、相手につけ入るスキを与えてしまいます。

相手が自分に苦痛を与えているということを忘れてはいけません。

相手に未練があっても、その先に待っているのは苦痛の繰り返しがほとんどです。

早めの対処が必要になってきますので、できるだけ早くその傾向を見つけて避難してくださいね。

4.精神的DVを受けてしまったら

精神的DVを受けてしまったときの対処方法として、まず身近な人に相談するということが挙げられます。

困ったときは相談をすることが1番です。
精神的ダメージを1人で抱え込まないでください。

抱え込んでしまうと、自分の健康的な判断力がなくなってしまい、良い方向には進みません。

どんな些細なことでも、自分が精神的にダメージを受けていると思うときには、自分から身近な人に相談して助言を仰ぎましょう。

Tags

ライター