時には割り切って!女性のいじめの特徴と対処法5選

男性よりも女性のいじめの方が怖いと昔からよく言われますよね。

今回は女性のいじめの特徴・対処法について、5つご紹介します。

1.リーダー格に注意

グループの1人と喧嘩したら、翌日からみんなにシカトされるようになった、というのがとても多いパターン。

1対1の喧嘩のつもりが、いつのまにかいじめに発展していることがあります。

女性のいじめによく見られる特徴は、複数人のグループを作って1人を攻撃することです。

グループに属しているのに、遊びに誘われなかったり、何かと馬鹿にされたり、パシリのように扱われることがあったりします。

グループに入れてもらえないパターンだけでなく、グループ内でのいじめもあります。

一見すると仲良しに見えるので、周りの人に気づかれにくいのが特徴です。

2.精神的な暴力

女性のいじめは、その多くが精神的な暴力です。

ブスやデブなど、外見の悪口をわざと聞こえるように言うのです。

本当にブスかデブかは重要ではなくて、相手を攻撃するために暴言を吐くことがほとんど。

いじめがエスカレートしていけば、身体的暴力に変わることもあり得ます。

3.距離を置いて対処

いきなりいじめが始まって、混乱してしまうこともありますよね。

話し合って解決するのも1つの手ですが、距離を置くのも大切。

割り切って、早々とグループを抜けてしまいましょう。

4.つまらないと思わせる

いじめは反応すればするほど、相手を喜ばせてしまいます。面白いと思われてしまったら、いじめが長期化する可能性も。

短期間で終わらせるためにも、相手に飽きてもらうことが大切です。

毅然とした態度で立ち向かいましょう。

5.身体的暴力

もしも身体的暴力になってしまったら、会わずにすむよう、しばらく距離を置きましょう。

1度手を出されてしまうと、どんどんエスカレートしていくことがあります。

この場合は逃げに徹して、いじめが落ち着くのを待ちましょう。相手にもやりすぎたかな?と思わせることができるので、効果的ですよ。

Tags

ライター