近所迷惑な行為への対処法:ご近所トラブルを回避するコツ

ちょっとした言葉や態度が後々に問題になるご近所トラブル。普段から顔を合わせることや長い期間住む場所なら、できるだけ揉め事は起したくないですよね。

近所迷惑がこじれると、事件になることも近年では珍しくありません。

今回は起こりがちな近所迷惑と、近隣住人との付き合い方、トラブルの対処法をご紹介します。

近所迷惑になる行為

騒音問題

なんといってもNo.1の近所迷惑と言えば騒音です。

特に隣人が昼夜逆転のライフスタイルを送っている場合は大変。深夜に帰宅する方は深夜にお風呂やテレビをつけたり日常生活をします。

一軒家であれば離れていることもあり近所迷惑になりにくいですが、マンションやアパートでは間に壁が一枚しかないので、生活音をストレートに感じます。

子供関係

近所迷惑と言えば子供関係も多いです。子供は騒ぐことが仕事と言いますが、朝から晩まで泣き声は精神的にも疲れます。

最近でも幼稚園の建設で近所迷惑と判断されて建設中止になりました。それだけ子供の声は正直近所迷惑と感じる方も多いのです。

ごみの指定日を守らない

燃えないごみの日に燃えるゴミを出したりすると、回収されずにゴミだけ残って近所の人に迷惑がかかります。

指定ごみ袋(有料)をきちんと使って出してるのに何が悪い!と威張ったりする、身勝手で決まりを守らない人もいるようですが、ケンカして大事にならないよう注意しましょう。

ペット関連

犬や猫が糞を外でしたときに、飼い主が処理をしないと近所トラブルの原因になります。ワンちゃんの鳴き声がウルサイ、猫が糞をするなど理由は様々です。

隣の家の庭や玄関前に糞を残したままだったり、繰り返し同じ場所で糞をしたりしていると、汚れだけでなく、臭いも残るので大きなトラブルになります。

人間関係

タチ悪い人間関係のトラブルも、近所迷惑の一種に挙がると思います。

とくに団地など先住民が多い環境であれば人間関係のトラブルはつきもの。人間関係は必ずドン的な存在がいます。

一部の人間が集まって、井戸端会議で勝手な噂を広められたりしては困りますよね。

煙・ニオイ

最近多い近所迷惑と言えば煙やニオイのトラブルです。庭やベランダでホームパーティーや、バーベキュー、夏になれば花火なども加わってきます。

またとなりの家からタバコの煙がち部屋に入って来て匂いがカーテンなどに着くのを嫌がる人は多いです。タバコを吸われる際は、ご近所に煙が行き過ぎないよう配慮しましょう。

ペットを野放しにする

ペットを家から出しているのも、トラブルになりかねません。

たとえば猫は、外に出ると飼い主の知らない間に近所の庭をトイレ代わりに使ったり、ゴミ袋を爪で破って中身を荒らしたり、勝手によその家の中に入って行く事もあります。

猫が嫌いな人は猫を見ただけで不快になりますから、外に出すのもいいですが、ちゃんと管理しましょう。

夜型の人の生活音

夜型の生活環境の人は近所トラブルへ繋がりやすいです。

たとえば暖かくなって来て、クーラーは使わずに窓を開ければ快適という時期には、夜型生活者の生活音やその他の騒音が聞こえてきます。

音楽をかけていたり、夜中の通話は、窓から外へ音が漏れて近隣住民の睡眠を妨害している可能性が高いので、気をつけましょう。

子どもを躾られていない

子育てを経験する間に必ず出会う、大人になりきれない親。

自分の子供は悪いことはしない、と信じ切っていて、「うちの子に限ってそんなことはしない!」と言い張るタイプ。

躾ができないので、その子供は大抵が小学校高学年までに近所でイタズラなど悪さを働き、回数が増す毎に近所トラブルに発展します。

噂好きでお喋り

男性でも女性でも、噂好きでお喋りな人間は大抵、ご近所トラブルを招きます。

誰かと道すがら会話をして、その時の話を、他のご近所の人に挨拶のついでのお喋りで話のネタの様に軽く話し、瞬く間に近所中にその人の家庭事情が広まって険悪になるということになるようです。

秘密や内緒話は守りましょう。また、不用意に他人に家庭の事情を話すのも、控えましょう。

排水溝のつまり

住んでいるマンションのベランダの排水溝が一部共有になっていたりすると、隣のベランダの排水溝が掃除をしていないと、ごみで流れが悪くなって、雨が降るとあふれた水が我が家のベランダまで浸水してくるトラブルも多いようです。

ピアノの音が漏れる

近所でピアノ教室をやっていたりすると、ピアノの音が漏れる事は多いです。

生徒さんのピアノの音はしょうがないと思うのですが、教える先生が一人で練習をしているのか趣味なのか、昼間からオペラ歌手になったかのような気分で大声で歌っている事も多いようです。

窓を閉めることもしないでやっていると、迷惑の一言。

庭の木や花

隣の家が花好きで、バラや藤の花などがあると、バラなどは境のフェンスに巻き付けてあるため、とげが刺さることもあります。

さらに藤に至っては咲いているうちはいいのですが、枯れると枯葉が落ちて自分の家の雨どいに溜まり大変迷惑するので、ガーデニングなどをする際は、ご近所の迷惑にならないようにしましょう。

路上駐車

来客用の車を停めるスペースがない家の人が、来客時に家の脇に路上駐車をすることがあります。

しかし、その路上駐車によって近所の方が車を停められない、もしくはいつものやり方で停められないことが何回か続くと、近所トラブルの引き金になるので、気をつけましょう。

ご近所付き合いでトラブルになる主な要因

近所付き合いでトラブルになる要因は、簡単に言えば気配りがないことです。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合、一軒家とはまた違った、隣人に対しての気配りが必要になります。

ちょっとした自己中心な考えが近所トラブルを招いてしまいますから、トラブルになりやすい要因を知り、より良い近所付き合いを目指しましょう!

挨拶をしない

挨拶は基本中の基本です。

もし会社で顔を合わせて挨拶をしない方を見たら、どう感じますか?逆に顔を覚えてはないけれど笑顔で挨拶をされたら、どう感じるでしょう。

それは近所付き合いでも言えることです。挨拶を相手からされると自分から言えばよかったと思いますよね!

たった一言「こんにちは」を言うことで気分良く一日を過ごせるなら挨拶はしておきたいものです。

ウワサをする・信じる

御近所さんには必ずと言っていいほどウワサ好きな方がいますよね。

ウワサ好きな人は自分だけの心に止めることができないもので、ウワサを誰かに伝えることが一番楽しい、と感じている様子。

良いウワサならまだ問題ないかもしれませんが、悪いウワサだった場合、自分に悪気はなくても話を聞いているだけで仲間に入ってしまいます。

良くも悪くも、ウワサされている本人は気分良くないでしょうから、近所付き合いを円満に過ごしたいと思うならトラブルの要因になる行動は避けましょう。

集団生活感覚がない

集団生活ができない方が最近は増えていますよね。

マンションやアパートに住んでいると隣人が誰かも分からない世の中とはいえ、どこにでも住居ルールがあります。

深夜の騒音は控える、ゴミ出しの曜日・時間を守る、駐輪場の使い方、等など。

集団生活をしている感覚がないと、これらのことを守れずにトラブルの要因になります。

付き合いが良すぎる

近所付き合いが仲良いことに超したことはありません。何かトラブルになったときにも一致団結できます。

ですが、付き合いが良すぎることが原因にトラブルを招くこともあります。例えば、付き合いが良すぎてあまり気の進まない物の貸し借りや買物を頼まれたりします。

近所付き合いを壊したくないことでNOと言えなくなると、そのうち相手はYESと言われて当たり前と思う様になってしまうかもしれません。

近所付き合いは、適度な距離が大事ですから、八方美人になりすぎると自分からトラブルを招いてしまいますよ。

自治会などに参加しない

誰でも自治会などに参加することは面倒と感じています。

ですが、毎度参加しないことは近所付き合いの輪を乱すことになります。

「なんで毎回、参加しないのか?」と不満に感じる人は必ずいるでしょう。

自分が面倒と感じることは周囲も同じです。それでも生活環境を良くする為に時間を作り参加をしている人がいる、ということを覚えておきましょう。

不参加は、近所付き合いでトラブルになる要因になるので注意しましょう!一度、参加するだけでイメージは違います。

ライフスタイルの違い

マンション全ての住居者が日中メインの仕事ではありません。ナイトワークをしている方もモチロンいますよね!

日中働いているから夜は静かにしてもらわないと困る。夜働いているから日中は寝ていたいのに!ウルサイ。

自分中心の考えは近所付き合いのトラブル要因です。

生活スタイルの違いを把握して少しの思いやりで回避できるはず。「夜中だから少し静かに行動しよう」「日中だからといって大きな音立てないようにしよう」など、近所付き合いは、お互い譲り合い精神で円満になります。

近所付き合いを円滑にこなすコツ

ご近所付き合いに悩んでいて、円滑にこなすコツを知りたい方は多いと思います。ご近所付き合いを円滑にこなすコツをご紹介します。是非、ご近所さんとコミュニケーションをとる参考にしてみてください。

挨拶をちゃんとする

人間関係は挨拶に始まり挨拶に終わります。

特にご近所さん、同じ町内会での行事をこなす時などに、初めて会話をする人もいると思います。

しかし、普段から挨拶をしていれば、案外円滑に物事が円滑にこなせることは、良く聞く話です。

必要以上に関わらない

近所付き合いを円滑にこなすコツは、お互いに必要以上に関わらないこと。

挨拶や立ち話、お土産を渡したり、何か助けが必要なときはお互い助け合う、といったことはごく当たり前のことですが、過剰に仲良くしていても、何か小さなことがきっかけで険悪になってしまう場合もあります。

毎日顔を合わせるので、一度仲がこじれるとお互いに生活しづらくなります。必要以上にプライバシーに深入りしないことが大切です。

夜の騒音に気をつける

アパート・マンションでは特に夜遅くの騒音はトラブルに繋がります。完全防音であればいいのですが、ほとんどの物件はそうではありません。

生活時間はそれぞれ違いますが、ほとんどの人は夜に寝ているので、眠りについて静かな時にはちょっとの音でも余計に響き、不愉快になってしまいます。

お子さんがいる家庭であれば、隣や上下の階の方に会った時に一言謝っておくと、ほとんどの方が「大丈夫ですよ。」と言って下さいます。それだけで印象はよくなります。

苦情は直接相手に伝えない

苦情を直接相手に伝えてしまうと角が立ってしまうことも多く、そこからトラブルに発展する確率もあがるので、苦情は直接相手に伝えない方が良いです。

たとえば、朝になると幼稚園バスとお母さん達のうるさい井戸端会議が始まり、昼間は小さい子達が道路で走り回り、自分の家の庭にも平気で入って来るという事で迷惑していたら、幼稚園に電話してバスのエンジン音と井戸端会議の苦情を伝えましょう。すぐに対応してくれるはずです。

また、マンションの管理人にも迷惑している旨を伝えましょう。保育園でカバーしきれない分の対応をしてくれます。

ご近所トラブルを回避するコツ

このような近所迷惑の対処法は管理会社を通して相談します。直接言うことで、売り言葉に買い言葉でトラブルになりがち。

管理会社を通せば匿名で注意を促してもらうこともできます。

子供の声がうるさい場合

子供は悪気があってしているわけではないので、対処法は少し難しいです。感情的に相手に伝えてしまうと、相手のお母さんが子供に怒りの矛先を向けてしまうこともあります。

あまり過度に泣き声や怒鳴り声が朝から遅くまで感じる場合は自治体に相談しましょう。マンションの場合は管理会社に相談することもおすすめです。

ゴミ出しルールを守らない人の場合

マンションやアパートである場合は、管理人や大家に伝えることができます。

勝手に他の住人がゴミを開封しては問題になりますが、管理人や大家さんはマンション住居者が出したゴミを開封しても罰せられることがありません。

確認の意味があるからです。ルールを守らない側に落ち度があるのです。ゴミ出しルールを守らない近所迷惑な方には、管理人や大家さんから直接言ってもらいましょう。

ペット関連のトラブル

これは飼い主さんが対処してもらうほかありません。直接伝えることが怖い方も多いと思います。

匿名で手紙に書くことがおすすめです。「迷惑です!!」など感情的な文章を書くと相手を逆上させてしまうので、「少し気をつけて頂けると助かります」と書くだけで相手も受け止めてくます。

動物を可愛がる方は我が子のような存在です。飼い主は人間ですから強く言われると素直に聞き入れることができません。ちょっとした柔らかな言葉で近所迷惑は対処できます。

人間関係のトラブル

人間関係が原因の場合は、管理会社や警察に相談することは難しいです。ただ集合ポストから郵便物を勝手に盗むような行為をされた場合は別です。

証拠を残しておけば警察が動いてくれる可能性も高いでしょう。そこまで酷くない嫌がらせの場合は無視。挑発にのることで相手は面白がっている可能性があります。

ライター