魅力的なイクメン彼氏♡男性保育士の特徴や恋愛傾向は?

最近では共働きも一般的になり、家事・育児と仕事を両立しなければならない女性が多くなっています。

その中で、やはり家庭を守りつつ子育てを一緒にしてくれる「イクメン」を旦那さん候補として探している人が増えているようです。

自立した女性にとっては、家事や育児にどれだけ時間を割いてくれるか?という点は彼氏候補の重要なポイントになるでしょう。

そこで注目されるのが、福祉・教育などの分野で活躍する男性。

特に、男性保育士は子供の世話のプロであるため、「ぜひ旦那さんにしたい!」と考える女性は多いようです。

男性保育士は結婚相手にふさわしい?

近年新聞やテレビなどで大きく報道されているためご存知の方も多いと思いますが、保育士は一般的に給与が低く、年収300万円程度の人が多いです。

そのため、男女問わず経済的な不安から結婚に踏み切れない人も多いみたい。

特に男性保育士は、一般企業で働く同級生と比較して低賃金になってしまうため、結婚に自信が持てないという人もいます。

ただ女性側がバリバリと働きたい!という希望を持っている人であれば、お互いに家計を支えあい、良好な家庭を築くことができるでしょう。

男性保育士と出会うには?

保育士の9割以上が女性であるため、男性保育士に出会う機会はほとんどないと言っても過言ではありません。

しかし、福祉・保育の業界でも徐々に男性の就業数が増えてきています。

ただどうしても確実に男性保育士との出会いを求めているならば、インターネットを通じて探すのがおすすめ。

最近ではSNS経由でしっかりと身分証明を求めているマッチングサイトも増えており、婚活を真剣に考えている男性保育士との出会いの可能性もあります。

保育士だけでなく、幼稚園教諭にまで範囲を広げれば、より一層見つかる可能性は高くなるでしょう。

男性保育士と出会うならpairs

男性保育士の特徴は?

こどもが好きと言う根本的な特徴とともに、男性保育士は「教育」の分野に関心を持っている人も多いです。

保育士も「先生」と呼ばれる職業であり、幼児教育を担う専門職であるため、徐々に社会的地位が認められていることも背景にあります。

保育士はこどものお世話、教育のプロなので、実際の結婚生活でも一般的な男性に比べ育児については頼もしいこと間違いなしです。

男性保育士の将来性は?

現状では、保育士は何年働いても年収500万に到達することはほとんどないようです。

しかし、公務員として地方自治体が経営する認可保育園で働いている場合、年収750万円程度まで最終的に到達するケースもあるとのこと。

また無認可保育園で働いている男性保育士は、ピアノができたり絵がうまかったりと技能を身につけていることが多く、将来保育園経営者として自立することもあります。

保育園の設立母体である社会福祉法人の経営者に男性保育士は珍しくありません。

そういった経営的なセンスを持っている人であれば、こどもを相手にしたお稽古教室や受験塾などを開いて成功することも。

ただ保育士は引く手あまたの売り手市場なので、「失業」というリスクはゼロ。

その点、経済的なベースラインは確保されるので安心感はあるでしょう。

まとめ

p1

男性保育士はこどもと接するのが好きと言う優しい性格の人が多く、家庭生活を営むのには向いているでしょう。また育児についてもプロなので安心です。

保育士の男性と出会いたくても、どこで出会えばいいのかわからないという人もいるでしょう。そこで、登録者数600万人越えのペアーズをおすすめします。

ペアーズは、facebookを使って簡単に登録でき、事前に生年月日や趣味など、相手のプロフィールを知ることができるので、かんたんに求めている理想像に近い人を見つけられるんです。

相手とコミュニケーションをとるためには、公的証明書による年齢確認が必須なので、安心・安全に利用することができるのも嬉しいところ。

ぜひペアーズで理想の相手を見つけてみましょう!

男性保育士と出会えるペアーズをチェック!pairs

Tags

ライター