夜の営みが激しいって本当?実はビッチと噂される保育士のセックス事情とは

保育士は実はビッチなのでは?というウワサがネットを中心に出回っています。

夜の営みが激しい・・というのは看護師では有名ですが、はたして保育士もビッチなのでしょうか?

普段は子供たちと接しており、優しく愛情あふれるイメージの強い保育士ですが、本当に性欲が強くてセックスも激しいのでしょうか。

今回は保育士のセックス事情について考えていきます。

仕事内容が過酷でストレスが多い

保育園は人の命を預かる職場であり、それだけで大変なストレスを抱えています。

また、同僚や上司、子供の保護者など多くの人間関係をうまくマネジメントしなければならないため、高いコミュニケーション能力も要求されます。

それだけ、日中は緊張感をもって働かなければならず、仕事が終わった後のアフターファイブや休日は、思い切り気分転換したいと思う人が多いです。

そのため、彼氏やご主人のいる保育士にとっては、セックスが仕事のストレスを解消する手段になっていると考えられます。

開放的な気分になり過ぎて、ハメをはずしてしまう人も多いのです。時には、彼氏ではない男性との関係を求めたりすることも。

あまりにも職場で男性との接点が少ないため、たまに合コンなどに参加するとすぐに一夜限りの関係を結びたがる保育士もいます。

結婚願望がそこまで強くない保育士であればなおさら、そういった場で性欲解消をしたいと思ってしまうようです。

男性との出会いがない

女性は誰しも、性的な欲求を持っています。

恋愛感情を抱く相手が職場にいれば毎日顔を合わせるので、ある程度の満足感が得られますが、女性の職場である保育園ではなかなか出会いはありません。

そのため欲求不満になりやすく、合コンなどで出会った男性とすぐにでも肉体関係を結びたがる保育士が多いようです。

保育士の恋人を探すならpairs

子供が欲しいと思っている保育士も

純粋な快楽のためのセックスではなく、本当に子供が欲しいと思っている保育士にとってセックスは、生殖の手段として考えられており、相手に結婚を望んでいるというケースもあります。

保育士はもともと子供好きの人が多く、自分の子供を育てたいという気持ちが強い人も多くいます。

そのため、早く子供が欲しい!という気持ちが、相手の男性にとっては「ビッチ」と映ることもあるようです。

結婚している保育士が毎晩のように旦那さんの体を求めているというケースも耳にしますが、これも子供が欲しいという気持ちの表れである可能性も高いのでしょう。また、過大なストレスを職場で抱えていることも考えられます。

どちらにせよ、男性は女性保育士とのセックスにおいて、相手が何を求めているのかをしっかり把握し、満足させてあげられるように努力する必要がありそうです。

優しく包まれたいという気持ち

日ごろ、仕事の中で子供に温かい視線を注ぎ、優しく抱っこしてあげている保育士にとっては、常に愛情を人に捧げている状態です。

そのため、「たまには自分も愛されたい」という感情を持つことも不思議ではありません。それがセックスへの欲望につながり、男性との肉体関係を求める潜在的な原動力になっている可能性もあります。

お互いの愛情を確認し、満たされたいという彼女の欲求を満足させてあげることが大切ですね。子供を育てるという保育の現場は、ある意味で夜の営みなどのイメージとは真逆の世界です。

自分自身の精神的なバランスや自己イメージを回復させるために、週に一回はクラブやバーに通っている保育士もいます。

すべての保育士がビッチというのは言い過ぎですが、女性本来の欲望を解消しにくい職種であるため、たまに出会った男性に対して食いつきが大きいというのは真実かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?保育士も看護師と同じく、職場のストレスが多い肉体労働です。

その反動で、夜や休日はハメをはずしたいと考える女性が多いのも事実。優しい愛情で満たされたいという彼女の気持ちを察し、丁寧に応えてあげることでお互いの絆が深まっていきます。

保育士さんとの合コンや婚活では、彼女の心の内にある欲望にも気を配ってあげるといいかもしれません。

保育士の恋人を探すならpairs

Tags

ライター