ちょっとした気遣いが重要!夫婦の会話がない時の改善プラン

夫婦生活が長くなっていくと、会話がなくなっていくという話はよく聞きます。

昔は楽しく会話していたのに、新婚のころのように仲良く話したいと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

テレビ番組の調査によると、夫婦が1日で会話をする時間は平均で1時間前後だそうです。

しかし離婚を考えている夫婦の平均会話時間は、約20分と短い結果が出ています。

夫婦の会話が少ないカップルほど離婚の危険が高い傾向があり、会話の少なさと離婚率は比例関係にあることがわかっています。

離婚予備軍にならないためにも、夫婦で会話がない原因を探り、改善するためのプランを見つけていくことで、夫婦間の会話を取り戻していきましょう。

こちらの記事もおすすめ→すでに愛情はゼロ…仮面夫婦の特徴12選

夫婦の会話がなくなってしまう理由

相手の会話内容に興味が持てない

相手が話している内容に興味が持てない、話している内容がつまらないという原因が多くあります。

夫婦として長らく一緒に過ごしていると同じ内容の話をしてしまったり、つまらない話が多くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。

恋人関係のときと同じように、気をつかって話すことが疲れてしまうというのも大きな原因です。

忙しくて時間がない

仕事などで忙しくて、家に帰ってきたらすぐに寝てしまうという男性も多いと思います。

そもそも生活している時間帯が合わなかったり、疲れていて話したくない、一緒にいるときも仕事をしているなどなかなか話しかけられない状況になってしまっていると、他愛もない会話もできないです。

また子どもがいる家庭だと男性ではなく、逆に女性が育児で忙しく夫婦の時間がとれないことがあります。

忙しくて疲れていては愚痴もお互いに増えてしまって、家庭の雰囲気もわるくなってしまった結果、会話は減ってしまいます。

趣味に夢中

趣味に没頭しすぎて話すこともなくなってしまう夫婦が多いです。

家にいる時間は読書をしたり、映画を観たりなど、夫婦間でそれぞ違う趣味があります。

趣味が一緒なら共通の話題もあるかもしれませんが、趣味を合わせるのも大変です。

お互いの事が好きではない

悲しいことですが、夫婦生活も長くなってくるともう異性としてはみれなくなってしまうという人も多いです。

相手に関心がなくなっていき、必要最低限の話しかしなくなってしまいます。

お互いがお互いを恋愛対象として見なくなると、会話をしなくなってしまうのは仕方ないのかもしれません。

夫婦で話をするきっかけの作り方

楽しみを共有する

夫婦の間に子供の成長という目標があれば、事務的な連絡事項だったとしても、会話が成り立ちます。

しかし子供が独り立ちしてしまうと、突然互いの共有していた目標が無くなり、会話が見つからなくなるという自体に陥ります。

こういう場合は何か一緒に出来ることを探すことが一番です。

例えば一緒にペットを飼ったり、お互いの趣味を共有したりなど方法はたくさんあります。

それをきっかけに、普段共有していないプライベートな会話や、さらなる共通の楽しみを見つけていきましょう。

言葉遣いに気を使う

夫婦間で何気なく忘れてしまっていることは「親しき仲にも礼儀あり」ということです。

いつの間にか、自分の主張を伝えるように、語尾がキツくなってしまっている夫婦は結構多くみられます。

そういった言葉のチョイスは、どうせ夫だからいいでしょ、という礼儀を大きく欠くような言葉遣いに現れてしまいます。

その結果、ピリピリした雰囲気をまといがちになり、イライラするからと、言葉がけを諦めたり、面倒になって距離が開いてしまい、会話がなくなるのです。

これを改善するためには、言葉の語尾に気を付けるだけでも、全然違います。

さらりと謝り、次のステップへ

もし相手に当たってしまったり、粗雑な言葉遣いをしてしまったと思ったら、気付いた時に素直に謝りましょう。

最近、妙に心配事が多くて、あなたに当たるような言い方になってしまってごめんなさい程度の、クッションを入れるだけで変わってきます。

肝心なのは、その後の関係改善に対する提案をすることです。きちんと互いに慈しみの気持ちがある夫婦ならば、改善策を受け入れてくれるはずです。

話が弾む話題とは

テレビの話題

相手が仕事などで疲れて帰ってきたときに、近所の人の愚痴などを話してしまったら、当たり前ですが雰囲気が悪くなってしまいます。

そんな時は楽しい内容の話を振って、相手を元気づけてあげることが大事です。

そこでバラエティ―やドラマなどテレビの話をすると興味を持ってくれるかもしれません。

一緒に過ごす時間の話

週末の休日はどこへ行くか、何が食べたいかなど一緒に過ごすときの話をしてみましょう。

その楽しみがあるから仕事や育児が一週間頑張れるかもしれません。

共有できる楽しみがあると自然と会話したくなります。

忙しい中でも時間を作って一緒に過ごす時間を増やしてみてください。

また毎日の生活の中で、二人で共有できる趣味を探してはじめてみたりするのもよいです。

昔の話をする

とても仲のよかった恋人時代の話や、付き合う前のデートの話をしてみるのはどうでしょうか。

楽しかったころの話をすると、会話も弾むことでしょう。

そのような話をすることで、今の夫婦関係を見直すきっかけにもなるかもしれません。

思い出の場所に行ってみたりして、楽しかった昔のように戻れるはずです。

Tags

ライター