imasia_13929841_M

その場をしのぐ!カラオケの上手な断り方5つ

みんなで手軽にわいわい楽しみたい時の定番といえば、やっぱりカラオケですよね。
でも、歌が苦手で、カラオケに誘われるのが苦痛という人もいるのではないでしょうか。
最近はカラオケを無理矢理強要するカラオケ・ハラスメント、略して「カラハラ」なんて言葉もあるほど。

カラオケと全く無縁に過ごすことは不可能な昨今ですが、カラオケを上手に断る方法について考えてみましょう。

1.正直にカラオケが苦手だと伝える

これができれば本当は一番いいですね。
ある程度仲の良い友人同士や仕事仲間なら、カラオケに行かずに済むまではいかなくても、歌うことを強要されたりして嫌な思いをすることは少なくなるでしょう。
中には正直に言うことで、自分も嫌いだったと賛同してくれる人も出てくるかもしれません。

2.盛り上がらない歌ばかり歌う

カラオケはやっぱりみんなで盛り上がって楽しむために行くわけですから、盛り上がらない曲ばかり歌う人は次第に敬遠されていくでしょう。
中島みゆきや演歌、軍艦マーチのような曲ばかり歌ってセンスのなさをアピールしてみては?
流行の曲が歌えなければ周りも盛り上がるのは難しいでしょう。

ただし、この方法は場が白けてしまう可能性が高いため、その空気に耐えられない人にはおすすめできません。

3.周りにこの曲歌ってとリクエストしてしのぐ

友人の好きな曲や得意な曲を知っているなら、その曲を歌ってとリクエストしてみましょう。
他の人ばかりに歌ってもらい、その場をしのぐというのも1つの方法です。
時々一緒に軽く口ずさんだりハモったりすることで、こいつ全然歌ってないなという印象をカモフラージュするのも有効でしょう。

4.サポート役に徹する

歌うのが嫌だからといって、ずっと黙りこんで座っているだけでは場の空気は白けてしまいます。
歌は歌わないけど、この楽しい場にちゃんと参加している感じを出す必要があります。
手拍子やタンバリン、マラカスなどで、他の人が歌っているときにリズムに乗って盛り上げ役に徹したり、食べ物などの注文を取る役目に徹したりするといいでしょう。

5.最初に一曲だけ歌ってしまう

どうしても歌わずにやり過ごせそうにない場合は、逆に一番最初に自分からマイクをとって一曲だけ歌ってしまうのも手。
これで自分はもう歌ったという既成事実を作り、後は自分はもう歌ったので、と言ってやり過ごすのです。
最初に率先してマイクを握ったことで、積極的にカラオケに参加している印象も与えることができますよ。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です