どうしてあの人が?仕事に行けなくなる7つの理由

生活していくうえでも仕事を続けることは大切ですが、それでも仕事に行けなくなることがあります。

そこには、どのような理由が考えられるのでしょうか。

今の職場と自分の仕事への考え方にズレが生じていると、仕事に行けなくなります。解決策として、転職を視野に入れることをおすすめします。

リクルートエージェントなら、キャリアアドバイザーが丁寧にサポートしてくれると評判です。

リクルートエージェントのサイトを見る

人間関係がうまくいっていないから

職場では苦手なタイプの人ともうまく付き合いながら、仕事を進めなければなりません。

けれども、そのことが自分の思っている以上に大きなストレスになってしまい、仕事に行けなくなることがあります。

職場の人間関係は近すぎず、離れすぎず、適した距離感を心がけることが重要です。

年上の部下がいる

働く現場によっては上司である自分の周囲に年上の部下がいる環境では「今日は仕事を休もう」と思う事があるのかもしれません。

清掃や、ビルメンテナンス業のような軽作業、あまり年功序列を重視しない現場では年下の方がずいぶん年上の方を教える場面もあります。

しかし、このような主従関係も人間関係が悪化すればいくら上司でも年上の部下を命令するには勇気が必要です。的確な指導を行うためには、いい人間関係を保つ事でしないのです。

互いに過干渉しない関係を保つことを忘れると、自分自身で会社にいる場所を失いかねません。

そのような部下を持ったとしても部下に媚を売るのではなく就労意欲を盛り立てる上司としての手腕を試
される時、いつの間にか上から目線で注意ばかりでは現状は変わりません。

社内でライバルがいなくなった

仕事を頑張れるのも同じ志を持つ同僚が居てくれるから頑張れるのです。しかし、転勤や退職などの諸事情で会社から姿を消す場合があります。

人間は友に自然に競い合う性質を持ち、一生懸命切磋琢磨して頑張れる相手がいなくなる事は仕事へのやりがいを無理に奪う事と同様なのです。

仕事への興味や就労意欲が急落する事で「もういいや」とピンと張った心の糸が緩みっぱなしになるように生きていく目標さえ失うのです。

働くことに命を捧げて来た人にとっては大きな出来事です。例え周囲が「そんな小さな事で」と野次っても所詮、当事者の気持ちには立てません。

やりがいを感じなくなった

どんな仕事でもやりがいを感じているときには、楽しく集中して仕事に取り組むことができるものです。

とはいえ、そのやりがいを感じなくなってしまうと、何のために仕事に行くのかわからなってしまいます。

やりがいを感じられず、モチベーションが低下すると仕事に行けなくなります。

やりたかった仕事と違うから

実際に仕事をしてみると、仕事に就く前に抱いていたイメージとのギャップが大きい場合があります。

とくに華やかな面に憧れて入った仕事ほど、そのギャップの大きさに愕然とし、心が折れてしまいます。

やりたかった仕事と実際の仕事が違い過ぎると、仕事に行けなくなってしまいます。

残業が厳しいから

定時に上がりたくても慢性的に残業をせざるを得ない職場環境の人は、その厳しさから仕事に行けなくなることが少なくありません。

自由に使える時間を奪われることによって、ストレスを発散する機会さえ失ってしまうため、ストレスが積もり積もってしまいます。

プレッシャーが強すぎるから

常に数字や結果を求められることで感じるプレッシャーは、意外と大きいものです。

そのプレッシャーをやりがいに変えられず、ストレスに感じてしまう人は、やがて仕事に行けなくなることがあります。

上司や同僚から受けるプレッシャーが強すぎる場合は、早めに相談しましょう。

評価されていないから

仕事でがんばったことに対しては、正当に評価してもらいたいものです。

しかし、その努力に対して会社の評価がいまいちだと、モチベーションを失ってしまい、仕事に行けなくなってしまうことでしょう。

周囲だけが評価されるような状況では、さらに行けなくなってしまうこともあります。

他にやりたいことがあるから

仕事以外のことをやりたいと思うことは、少なからずあるはずです。

その欲求が高まり、仕事に行きたい気持ちを上回ってしまうと、仕事がどうでもよくなってしまい、行けなくなる人が意外と多いです。

仕事が原因で自分の時間があまり持てないと、そう感じる傾向が強くなります。

まずは「仕事観」と向き合ってから

いかがでしたでしょうか。

仕事に行けなくなる理由ですが、根本的には自分が持っている「仕事観」と実際の仕事にミスマッチがあることがほとんどです。

どのような解決方法を取るにしても、まずは自分の仕事観と向き合うところから始めてみましょう。

やりたい仕事は何か、やりがいはどこに感じるのか、正しく評価されているのか、ワークライフバランスは取れているのかなど、仕事観から原因を探っていきましょう。

原因がはっきりすれば、誰かに相談したり、転職することで解決に繋がる道が見えてきます。

リクルートエージェントなら、業界ナンバーワンの大手企業リクルートが運営しているので、圧倒的求人掲載数はもちろん、充実したサービスが揃っています。

リクルートエージェントのサイトを見る

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る