知っているといないとでは違う!シングルマザーを助ける手当をご紹介

子育てをがんばるシングルマザーにとって、心強い味方になるのが、各種手当てです。

賢いシングルマザーは、これらの手当てを上手に利用して、子育てや生活に活かしています。

今回は、シングルマザーが知っておくべき手当てについて、ご紹介します。

就学援助

子供が就学するとなればお金がかかるためシングルマザーは悩まずにはいられません。小中学校の授業料は無料ですが授業に付随する費用は有料です。

学用品費、通学費、体育実技用具、給食費、医療費、宿泊郊外活動費と子供を学校に通わせるにもさまざまなお金が必要なのかと考えされます。その街の自治体に申請するのですが、申請を却下される場合があります。

一戸建てに住んでいる、祖父や祖母と同居している場合は不動産を所有している場合、申請は却下されます。突然の解雇などが引き金で貯金額が生活するには少なすぎる、周囲の頼る人がいないなど生活を行う上で困窮度が高い人が優遇されます。

誤解してはいけない点として貧しいからと言って誰もが使える制度ではないという点です。

児童手当

以前は「子ども手当」と呼ばれていた児童手当は、0歳~中学卒業までの児童が支給対象となる手当てです。

毎年6月末までに、市町村に現状届けを出す必要があります。

児童扶養手当

ひとり親家庭の子どもに対して支給される手当てで、一般的には0歳~18歳に到達して年度末(3月31日)まで支給されます。

所得や扶養家族の人数などによって、支給される金額が変わります。

特別児童扶養手当

子どもの精神の発達が遅滞している場合や、精神の障害によって日常生活を送るうえで著しい制限がある場合などに支給される手当てです。

子どもの障害の等級によって支給される金額が変わり、所得制限があります。

障害児福祉手当

20歳未満で、障害があるために日常生活を送ることが困難で、常に介護を必要とする状態にある子どもに対して支給される手当てです。

こちらも、支給を受けるうえで、所得制限があります。

児童育成手当

国ではなく、都道府県が行っている独自の制度で、子どもが18歳になった最初の3月31日まで支給を受けることができます。

住んでいる各市町村の担当窓口で申請する必要があります。

母子(父子)家庭の住宅手当

20歳未満の子どもを養育している母子(父子)家庭の世帯主で、月額1万円を超える家賃を支払っている家庭に対して、家賃を助成する手当てです。

各市町村によって、支給条件が異なるため、詳細は市町村窓口に問い合わせましょう。

自立支援金給付金制度

母子家庭として金銭面の安定を図る為、資格など仕事に就く為に資格を得る代金を60%国から援助して頂ける制度です。

しっかり働きたいが資格を取る為の代金が支払えない方が対象となります。つまり、親として自立を促す手当なので就労意欲がない場合は非対象ですので注意が必要です。

また、代金全額を国が援助する資格ではないという事を頭に入れておきましょう。地域によってはその制度を受け入れている地域もあれば受けられない地域もあります。

この制度は母子家庭(シングルマザー)や父子家庭(シングルファーザー)両方に対応しています。

この制度は厚労省が作った制度で、個々の家庭の事情に対応できる制度のひとつです。

母子(父子)家庭の医療費助成制度

ひとり親家庭に対して、世帯の子どもや保護者が病院等で診察を受けたとき、健康保険の自己負担分を市町村が助成する手当てです。

助成内容は、各市町村によって異なるため、詳細は市町村窓口に問い合わせましょう。

遺族年金

パートナーと死別した場合に、受け取ることができる年金です。

加入している年金の種類によって、受け取ることができる金額が変わります。

こども医療費助成

所得による制限などで、母子(父子)家庭の医療費助成が受けられないケースでも、子どもの医療費に関しては、こちらの助成を受けられる場合があります。

母子(父子)家庭の医療費助成と異なる点として、この助成制度では「子どものみ」が対象になります。

また、助成を受けられる子どもの年齢は、各自治体によって異なります。

生活保護

生活保護費として、健康で文化的な最低限度の生活を保障するために支給されるのが、生活保護です。

この制度は、子どもに対して支給されるのではなく、家庭単位で支給されます。

支給の種類として、生活扶助、住宅扶助、教育扶助、医療扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助の7種類があります。

これらは世帯の生活状況を考慮したうえで、保護基準にしたがって支給されます。

記事の著者

妊娠・子育ての悩みをもっと見る