直感でわかる?運命の人の特徴と見分け方:意外と身近にいるかも!

一生のうち3人はいるとされている運命の人。この人は運命の人だと思える人に、出会ったことはありますか?

まだ3人見つかってないという方は、まだまだチャンスがあります。運命の人に出会うと直感で気づき、その人と恋愛を経てすぐ結婚ということもあります。

今回は、運命の人の特徴と運命の人の見分け方、運命だと感じる瞬間、出会い方と紹介していきます。

身近に運命の人がいない方は、マッチングサービス「ペアーズ」を使って、出会いの回数を増やしてみてください。ペアーズは、4000万組以上のカップル成立実績があり、他マッチングサービスと比較しても、相性の良い相手とマッチングできる確率がかなり高いのが特徴です。

ペアーズで運命の相手を探す

運命の人の特徴

まずは、運命の人の特徴についてご紹介していきます。

行動や考え方が一致

運命の相手とは、考え方が一致することが多いです。

何をするのにしても同じような行動をとったり、偶然同じ場所に同じ時間に居合わせたりと、「もしかして運命!?」と思うことも多いと思います。

考え方や行動パターンが同じだった時や、生まれ育った場所や学校・趣味が似ている時などに、相手のことを運命の人だと感じることも少なくありません。

共通点が多い

この人を運命の人と感じる時のパターンとして、相手との共通点が多い事が挙げられます。

趣味が一緒だったり、映画や音楽の好みが似ていたり、好きな食べ物が一緒などというように共通する部分が多いと相手との運命を感じます。

沈黙に耐えられる

二人でいる時に会話が途切れ沈黙が続いたとしても、何の問題もないような人は運命の相手です。

沈黙が続いたときに無理に何か話題を作ろうとしたり、焦りや気まずさを感じてしまうような関係ではお互いに気疲れしてしまいますし、長続きはしないでしょう。

お互いが沈黙に耐えられるという相手は、きっと運命の相手です。

沈黙した時に、「この人は運命の人だな」とすぐ分かるはずなので、良い関係を築くようにしましょう。

初めて会った気がしない

初対面でもリラックスして接することができたり、前から知っているような接し方ができる人に出会ったとき、内心「前にも会ったっけ??」なんて錯覚するほどです。

ひと目見て、ずっと昔から知っている人の様に感じたら、そんな人はもしかしたら運命の相手かもしれません。

ペアーズで運命の相手を探す

運命の人の見分け方

ビビッとくる

「直感でビビッときました」なんて言葉をよく聞きます。運命の相手は必ずしも自分の好みの容姿をしているとは限りません。

その直感が相手の容姿だとしたらまだ、運命の相手かどうかは分からないのです。

でも容姿ではなく、中身であるのならその人は確実に運命の相手だといえます。まずは直感を大切にしましょう。

運命の相手ならばビビッじゃなくても、直感で何かを感じることがあるはずです。

安心感がある

一緒にいて不安を感じたり戸惑ったりしませんか?

運命の相手と一緒にいるとき、あなたはとてもリラックスして安心感に包まれているはずです。そんな心から信頼できる人が本当の運命の相手です。

信じていたけど、裏切られてしまうこともあります。一度裏切られると信用を取り戻すのはかなり難しく、一緒にいると居心地の悪い存在になるのです。安心感もなくなり、その人が運命の相手ではないことに気づくでしょう。

相手にとって自分が運命の相手ではないということは、最初からその人は運命の相手ではないと思った方がいいのです。

初対面なのに懐かしい

初めて会ったのに初めての気がせず、どこかで会ったような不思議な気持ちになることがあります。

一緒に過ごしていると、どこか懐かしさを感じる相手はもしかすると、ソウルメイトと呼ばれる運命の人である可能性があります。

それは前世で何らかの繋がりを持ってるのかもしれないですし、言葉で説明できない心の通じ合ったものを感じることができるはずです。運命の人と出会った時にはそのような直感も大切にしたいものです。

笑いのツボが合う

運命の人だと感じる瞬間に、意外に重要なのが笑いのツボが似ているという所です。

もしデートで映画を見に行ったりして、映画が終わった後にお互いに感想を言い合って面白いと感じる部分が一緒だったりすると、もれなく相手に良い印象を持つ事ができます。

匂いが好み

女性は運命の男性を匂いで見分けている、というデータがあります。

女性はより強い免疫力、強い生命力を持つ子供を残すために、自分とは異なる遺伝子を持っている男性を求める生き物。

この自分とは言葉る遺伝子を持つ男性の体臭を嗅ぐと、女性は「セクシーな匂いだな」「いい匂いだな」と感じます。

気になる人ができたら、さりげなく匂いを嗅いでみましょう。

心地いいなあと思ったら、それは運命の相手かも。

頻繁に顔を合わせる機会がある

約束してもいないのに不思議と何回も同じ人と会うことってありませんか?

そんな偶然が何度も重なれば、普段意識していない相手でも、少しずつ意識するようになるでしょう。予期しない場所や時間に出会ってしまうのはお互いの行動パターンが似ているから、運命の相手とはそういう人なのかもしれません。

運命の人だと感じる瞬間(男女別)

ここからは、男女別で運命の人だと感じる瞬間をお伝えしていきます。

女性の場合

一緒にいてリラックスできる相手かどうかが決め手です。運命の人とは最初からリラックスしてお話できるものです。一緒にいて、ありのままの自分でいられて、落ち着く人が現れたら、その人が運命の相手なのかもしれません。

また、不倫や浮気などで生まれる恋愛は刺激的で、運命的に感じるかもしれませんが、残念ながら運命とは言えません。

一緒にいると自然とワクワクしたり、希望であふれるような未来が想像できる相手こそ運命の相手なのです。

男性の場合

相手のことを幸せにしたいと思うか、そう思えるのであれば運命の人でしょう。

運命の相手とは、幸せにしてくれる人ではありません。人生は楽しいことばかりではなく、時に苦難が訪れます。自然と心から幸せにしたいと思える相手に出会った時、その人がきっと運命の相手です。

また、運命の人だと感じる瞬間に、相手の事をリスペクトできるという点があります。

尊敬できる相手であると、一緒にいれば学べる事も多いので、自分も一緒に成長できて、お互いに刺激しあう事ができるために運命を感じやすくなります。

ペアーズで運命の相手を探す

運命の人と出会う方法

身近な存在が運命の人だと気づく

ここまで、運命の人と特徴を紹介してきましたが、すでに付き合っている彼・彼女、身近にいる友人が運命の人であるなんてこともあります。

あなたの見方が変わるだけで、彼や彼女の魅力を再認識し、この人しかいないと思えるような運命の人になりゆるかもしれません。

運命は自分で掴む意識を持つ

待っているだけでも出会えた人が運命の人であると思うかもしれませんが、そうとはいえません。

あなたがからアプローチしないと付き合えない相手、まで出会っていない人の中に運命の人は大勢います。むしろ、あなたが好きになった相手なら、頑張ってでも、運命の糸を掴みにいくべきでしょう。

新しい出会いの数を増やす

すでに自分が出会ったことがある人の中に、この人しかいないと思える運命の人がいないなら、新しい出会いの数を増やすのが、一番の近道です。

最近ではマッチングサイトを使って、運命の人を探す人が増えてきました。出会いの場は、会社、学校、合コンだけではないのです。

これまでは、「ネットで出会いなんて、、」という人も少なくありませんでしたが、マッチングサイトでは趣味や好みのタイプなどから相手を探すことができます。

また業界大手の「ペアーズ」のように、カップルが4000万組以上成立しているマッチングサービスもあるほどです。

ペアーズで運命の相手を探す

Tags

ライター