直感でわかる?運命の人の特徴と見分け方:結婚相手は意外と身近にいるかも!

一生のうち3人はいるとされている運命の人。この人は運命の相手だと思える人に、出会ったことはありますか?そして運命の人に出会ったらどうなるのでしょうか。

運命の人に出会うと直感で気づき、その人との恋愛を経てすぐ結婚ということもあります。男性に対して「この人と結婚するんだ」と強く直感を感じる場合もあるんだとか。

今回は、運命の人の特徴と運命の人の見分け方、運命を感じる瞬間、出会い方を紹介していきます。直感力がなくても運命の相手を見極めることができるでしょう。

また、気になる人が運命の人なのか知りたい、という方は占い師に相談してみることをオススメします。

スマートフォンひとつで気軽に占ってもらえる電話占い「ココナラ」なら、対人では恥ずかしくて話しづらいという人でも安心して相談できるのではないでしょうか。

【30分無料キャンペーン中】電話占いココナラに登録する

運命の人の特徴や運命の相手だと分かる瞬間

そもそも運命の人はいるのでしょうか?いるとしたらどんな人が運命の相手なのでしょうか?そこで、運命の人を見分けるために、その特徴について紹介していきます。

行動や考え方が一致

なんとなく安心感を覚えたり、この人とは何かあるな、と感じることはありませんか?運命の相手とは考え方が一致することが多いため、自然とそう感じてしまうようです。

何をするのにしても同じような行動をとったり、偶然同じ場所に同じ時間に居合わせたりと、「もしかして運命!?」と思うことも多いと思います。

考え方や行動パターンが同じだった時や、生まれ育った場所や学校・趣味が似ている時などに、相手のことを運命の人だと感じることも少なくありません。

共通点が多い

この人が運命の人と感じる時のパターンとして、相手との共通点が多い事が挙げられます。

趣味が一緒だったり、映画や音楽の好みが似ていたり、好きな食べ物が一緒などというように、共通する部分が多いと相手との運命を感じます。

沈黙に耐えられる

二人でいる時に会話が途切れ沈黙が続いたとしても、何の問題もないような人は運命の相手です。

沈黙が続いたときに無理に何か話題を作ろうとしたり、焦りや気まずさを感じてしまうような関係ではお互いに気疲れしてしまいますし、長続きはしないでしょう。

お互いが沈黙に耐えられる相手は、きっと運命の人です。

沈黙した時に、「この人は運命の人だな」と直感で分かるはずなので、良い関係を築くようにしましょう。

初めて会った気がしない

初対面でもリラックスして接することができたり、前から知っているような接し方ができる人に出会った瞬間、内心「前にも会ったっけ??」なんて錯覚するほどです。

ひと目見て、ずっと昔から知っている人の様に感じたら、その人はもしかしたら運命の相手かもしれません。

ここまで、運命の相手の特徴を紹介しました。今は周りにそのように感じられる人がいないけれど、これから積極的に探したい人もいるでしょう。

そのような方はマッチングアプリのペアーズを利用してみてください。

ペアーズは職業や年齢などの基本情報の検索機能だけでなく、趣味や好きなもの別のコミュニティ機能が利用できます。そのため、自分とピッタリの価値観を持つ相手かどうかがひと目でわかるのでおすすめです。

ペアーズで運命の相手を探す

運命の人の見分け方

では実際に運命の人と出会うとどうなるのでしょうか。運命の人と出会っているとしたら、一体どうやって見分ければ良いのでしょうか。ここでは運命の人の見分け方をご紹介します。

直感で一目惚れ

第一印象や容姿で一目惚れをしてしまうことは誰にでもあると思います。しかし、実は容姿による一目惚れは運命の人でない可能性が高いでしょう。

その反面、容姿ではなく「直感でビビッときた」なんて言葉をよく聞きます。運命の相手は必ずしも自分の好みの容姿をしているとは限りません。

その直感が相手の容姿だとしたら、まだ運命の人かどうかは分からないのです。つまり、すれ違いで運命の人だと思っても、それは容姿が好みであるパターンがほとんどです。

しかし、容姿ではなく中身である場合、その人は確実に運命の相手だといえます。まずは直感を大切にしましょう。

運命の相手ならばビビッとこなくても、直感で何かを感じることがあるはずです。

安心感がある

初めて会った時から不思議と安心できる人や、一緒にいて落ち着くと思ったことはありませんか?

運命の相手と一緒にいるとき、あなたはとてもリラックスして安心感に包まれているはずです。そんな心から信頼できる人が本当の運命の相手です。

もしそうでない場合は、信じていたけど裏切られてしまうこともあります。一度裏切られると信用を取り戻すのはかなり難しく、一緒にいると居心地の悪い存在になるのです。安心感もなくなり、その人が運命の相手ではないことに気づくでしょう。

相手にとって自分が運命の相手ではないということは、最初からその人は運命の相手ではないと思った方がいいのです。

初対面なのに懐かしい

初めて会ったのに初めての気がせず、どこかで会ったような不思議な気持ちになることがあります。

一緒に過ごしていると、どこか懐かしさを感じる相手はもしかすると、ソウルメイトと呼ばれる運命の人である可能性があります。

それは前世で何らかの繋がりを持ってるのかもしれないですし、言葉で説明できない心の通じ合ったものを感じることができるはずです。運命の人と出会った時にはそのような直感も大切にしたいものです。

笑いのツボが合う

この人だと思う瞬間に、意外に重要なのが笑いのツボが似ているという所です。

もしデートで映画を見に行ったりして、映画が終わった後にお互いに感想を言い合って面白いと感じる部分が一緒だったりすると、もれなく相手に良い印象を持つ事ができます。

匂いが好み

女性は運命の男性を匂いで見分けている、というデータがあります。

女性はより強い免疫力、強い生命力を持つ子供を残すために、自分とは異なる遺伝子を持っている男性を求める生き物。

この自分とは異なる遺伝子を持つ男性の体臭を嗅ぐと、女性は「セクシーな匂いだな」「いい匂いだな」と感じます。

気になる人ができたら、さりげなく匂いを嗅いでみましょう。

心地いいなあと思ったら、それは運命の相手かも。

街で偶然出会うことが多い

約束してもいないのに不思議と何回も同じ人と会うことってありませんか?

そんな偶然が何度も重なれば、普段意識していない相手でも、少しずつ意識するようになるでしょう。予期しない場所や時間に出会ってしまうのはお互いの行動パターンが似ているから、運命の相手とはそういう人なのかもしれません。

今まで育ってきた環境や、現在の境遇が似ていることも理由一つでしょう。

運命を感じる瞬間(男女別)

ここからは、男女別で運命の人だと感じる瞬間をお伝えしていきます。自分には運命の人を見分けられる直感力がないと思っていても、もしかしたらこの条件に当てはまっている相手がすでにいるかもしれません。

女性の場合

一緒にいてリラックスできる相手かどうかが決め手です。運命の人とは最初からリラックスしてお話できるものです。一緒にいて、ありのままの自分でいられて、落ち着く人が現れたら、その人が運命の相手なのかもしれません。

また、不倫や浮気などで生まれる恋愛は刺激的で、運命的に感じるかもしれませんが、残念ながら運命とは言えません。

一緒にいると自然とワクワクしたり、希望であふれるような未来が想像できる相手こそ運命の相手なのです。

男性の場合

相手のことを幸せにしたいと思うか、そう思えるのであれば運命の人でしょう。

運命の相手とは、幸せにしてくれる人ではありません。人生は楽しいことばかりではなく、時に苦難が訪れます。自然と心から幸せにしたいと思える相手に出会った時、その人がきっと運命の相手です。

また、運命の人だと感じる瞬間に、相手の事をリスペクトできるという点があります。

尊敬できる相手であれば一緒にいて学べる事も多いので、自分も一緒に成長でき、お互いに刺激しあう事ができるために運命を感じやすくなります。

運命の人とこれから出会いたい方はマッチングアプリのペアーズをチェックしてみてください。ペアーズは延べ10万人以上が恋人探しに成功した人気マッチングアプリです。

自分の趣味や好きなものをアピールするためのコミュニティ機能を利用すれば、共通の趣味や興味で繋がることができます。その中に運命の相手がいるかもしれません。

ペアーズで運命の相手を探す

運命の人と出会う前兆

あなたにもし運命の人がいるのなら、すでにその前兆を感じているかもしれません。ここでは運命の人に出会う前兆をいくつか紹介していきます。

別れを経験した直後

大切な人やモノとの別れは、次の新しい出会いへと繋がりやすいようです。

今まで大切にしていたものが突然失われることで、環境や気持ちも大きく変化します。その中で、自分自身の考えや振る舞い方がリセットされていくのです。

新しい自分や気持ちでいることでまた違った視点から相手を見ることができるため、予想していなかった出会いに繋がります。

夢を見る

「なぜか同じ人ばかり夢に見る」「全く気になっていなかった人が突然夢に出てくるようになった」といった経験はありませんか?

夢は潜在意識の表れです。たとえあなた自身はその人のことを気にならないと思っていても、無意識で考えてしまっているということになります。

この夢に出てきた相手にあなたがアクションを起こすことができれば、それは運命の人と結ばれたということになるでしょう。

運命の人と出会う方法

知人の紹介でグループデートに参加する

信頼のおける友人や知人たちと一緒に、グループデートに参加するのも楽しい探し方だと思います。

またその方たちから紹介の輪が広がれば、新たな出会いにつながっていくことも考えられますね。

お見合いパーティに参加する

自分磨きを兼ねて会費の必要な大人のパーティへ参加されるのも、相手探しに真剣さが増して自分磨きに拍車がかかるかも。

相手を見る目を養えるチャンスを得て、花盛りの適齢期を乗り越えていきましょう。

コンサート会場などで声をかけてみる

にぎやかなライブやクラブへ行って、気が合いそうな人に声をかけてみるのもいいでしょう。

もしかしたら運命な出会いになるかもしれませんから。そうなったら、その場所が記念のデートコースになること間違いなし!

身近な存在が運命の結婚相手だと気づく

ここまで、運命の人と特徴を紹介してきましたが、すでに付き合っている彼・彼女、身近にいる友人が運命の人であるなんてこともあります。

あなたの見方が変わるだけで、彼や彼女の魅力を再認識し、結婚相手に考えられるほど「この人しかいない」と思えるような運命の人になり得るかもしれません。

運命は自分で掴む意識を持つ

待っているだけでも出会えた人が運命の人であると思うかもしれませんが、そうとはいえません。

あなたがからアプローチしないと付き合えない相手、まで出会っていない人の中に運命の人は大勢います。むしろ、あなたが好きになった相手なら、頑張ってでも、運命の糸を掴みにいくべきでしょう。

占い師に自分の運命の人の特徴を占ってもらう

ここまでで挙げてきた運命の人の特徴に当てはまることがなくて焦っている人も大丈夫。個人個人によって運命の人の特徴や顔、運命の人に出会ったと感じる瞬間は異なるものです。

そこで、あなたならではの運命の人の特徴を知るために、占い師に相談することをオススメします。直接占い師と話す勇気がないという方にオススメなのが、気軽に相談できる電話占いです。

電話占いのココナラは、心理学を学んだ占い師があなたの性格や相性の良い人の特徴、さらに相性診断まで行ってくれるので、運命の人の特徴が知りたい!という方や、気になるあの人は運命の人なのかな?といった疑問を相談するのにぴったりです。

生年月日やお互いの名前から相性を占うことも可能です。

【3000円分無料キャンペーン中】電話占いココナラに登録する

新しい出会いの数を増やす

すでに自分が出会ったことがある人の中に、この人しかいないと思える運命の人がいないなら、新しい出会いの数を増やすのが、一番の近道です。

最近ではマッチングサイトを使って、運命の人を探す人が増えてきました。出会いの場は、会社、学校、合コンだけではないのです。

これまでは、「ネットで出会いなんて…」という人も少なくありませんでしたが、マッチングサイトでは趣味や好みのタイプなどから相手を探すことができます。

また業界大手の「ペアーズ」のように、カップルが4000万組以上成立しているマッチングサービスもあるほどです。

ペアーズで運命の相手を探す

女性が「この人は運命の人じゃないかも」と感じるときはいつ?

恋人とどんなに良好な関係で、「きっとこの人が運命の人だ」と思えていても、いざ結婚を意識し始めると不安になるという意見は実に多いです。

今回は多くの方が抱く、結婚が不安になる理由として挙げられる相手の特徴や自分の気持ちについてちょこっとだけ触れておきます。

結婚相手の浪費が激しい

相手がお給料を全て自分のためだけに使ってしまうような一面が見えると、結婚しても生活していけるのか、本当に結婚して大丈夫なのか不安に感じてしまうのは当たり前の感情です。

結婚には実に多額のお金がかかります。そんなときに、相手の浪費が激しい為に生活苦に陥ってしまったら?生活にはお金がつきものですから、お金が無いというのは不安になります。

結婚相手に浮気ぐせがある

近年では浮気や不倫の話題が跡を絶ちません。

もしも自分のパートナーが浮気をしたら、たとえそれが一夜の過ちでも一生苦しむことになります。

もしかしたらまたやるかもしれないと疑うようになり、常に相手を監視するようなことになってしまっては幸せな結婚とは言えません。

結婚相手の親族との関係

パートナーを好きだから結婚したいと思うわけですが、結婚となると自分達だけの問題ではなく、相手の家族や親族とも付き合っていかなくてはなりません。

相手がしっかりとした人でも、相手の親や兄弟、親戚などが全員同じかと言うと、そうではない可能性の方が高いのです。

できるだけ関わらないように…と思っていても、行事の度に何かと顔を合せる機会は多いですし、何か問題が起きた場合にスムーズに解決するケースは少ないのです。

その問題がこじれた時には最悪の場合、離婚の原因にもなります。

経済面での不安

「今は2人なので生活は苦しくない」と言っても、いつかは子供が欲しいと思うかもしれませんし、思わぬ授かりを受けることになるかもしれません。女性は出産の際に産休を必要とします。

その間、相手の経済力だけで過ごしていくことは可能なのかという不安は、女性なら誰しも感じることだと思います。

生涯の伴侶としての覚悟ができない

恋人同士から婚約期間、そして結婚して新婚生活と2人の関係は変化していきます。恋人~新婚までは、ある程度ラブラブな関係を築けると思います。

しかし結婚するということは衣食住全てを共有して生活していくということです。まして元々は他人同士なのですから、長い人生の中で喧嘩もあるでしょうし気持ちの変化もあると思います。

「ずっと相手のことを好きでいられるのか、好きでいてもらえるのか」が主に女性の抱える不安です。

Tags

ライター