留学いらず!英語を効率よく勉強する方法

私たち日本人は、英語が話せるようになるまでにどのくらいの時間を費やしているのでしょうか。留学をすればぐっと英語が身近なものになりますが、そういうわけにもいきません。

英語を勉強するにあたって効率の良い方法を身に付ければ英語をマスターできる日も近くなることでしょう。

今回は英語を効率良く勉強するための、とっておきの方法をお教えします。

1.基本的な英単語と文法をしっかりと身に着ける

これは英語を学ぶものなら誰しも通る道ですが、基本的な土台をしっかりしていないと効率の良い方法を実践することもできません。

まずはしっかりと基礎の英単語と文法を学ぶことで、学習の効率をあげましょう。

2.どんどん英語を話す

ただ英語を学ぶだけでは充分に身に着けることはできません。実際に学んだ英語を会話の中で使っていくことで、その英語は自分のものになりますし、外国人の友人と話すことで、正しい発音を知ることができます。

最近ではオンライン英会話もありますので、海外留学ができない場合でも自宅で英会話をすることができるでしょう。

3.英会話で使える短いフレーズを頭の中に叩き込む

英単語や文法を覚えても、試験の時や英会話の時になかなかぱっと出てこないものです。

これでは基礎を十分に培っても意味がなくなってしまいます。そこで英会話で使える短いフレーズを丸暗記することで、単語や文法とぱっと結びつけることができます。

英語を聞いて口に出して発音することによって自然と英語のフレーズが身に着きますので、通学時間の短い間でも聞き流して覚えるようにしましょう。

4.海外ドラマや映画を見て英語を習得する

英語を効率よく学ぶためには海外ドラマや映画を見ることも1つの手。自分の好きなハリウッドスターが出ているドラマや映画なら英語を学ぶことも苦にならないはずです。

ドラマで話されている英語は日常で使えるものばかりなので、楽しみながら英語を勉強することができます。

5.ひたすら英語を読む

英語を効率的に学ぶにはひたすら英語を読むことが大切です。読むことで自然と文法や単語、ネイティブの表現方法が身に付きます。

会話文の多い本を声に出しながら読むことで、より効果はUPします。

6.知っている作品を英語で

英語の本を読んだり、英語で映画を見たりする時には、まずは自分の知っている作品を選ぶようにしましょう。

自分の知っている作品であれば、その内容は分かっているので分からないフレーズや単語があった時でも「あれ?これはどういう意味だっけ。」と止まらずに、効率的に学んでいくことができます。

好きな作品や思い入れのある作品にすると、学び取ろうという意欲も増しますのでより効果的になります。

7.ラジオ英会話

現代では英会話はテレビやネットなどさまざまなメディアで学ぶことができます。効率的に学ぶのにオススメなのがラジオ英会話です。

ラジオは音だけですから、自然と聞くことに集中することができ、効率的に内容が入ってくるのです。

8.毎日英語に触れる

英語を勉強しようという人にとって英語は母国語ではなく、勉強して習得しなければならないものです。そのため毎日触れるということが大切です。

母国語である日本語に触れないという日はありません。全く喋れない赤ちゃんも毎日、日本語に触れて一年ほど経つとしゃべり始めるのです。

言葉の習得にとって一番大切なのは、どれだけ触れたかということです。英語を効率よく勉強しようと思ったら、毎日英語を少しでも勉強することです。

時間のある時だけたくさん勉強して、忙しい時には全く勉強しないというのは、あまり効率的ではありません。忙しい中でも時間を見つけて、なるべく毎日英語に触れるようにしましょう。

記事の著者

暮らしの悩みをもっと見る