遅刻する夢を見たときの深層心理:現状に不満があるのかも?

朝、電車を降りてから、ハイヒールで駅をダッシュしようとする。時計を見るとあと3分。それなのに足が地面にくっついてしまって動けない。

そんな夢を見て、はっと目を覚ました経験がある方は少なくないのではないでしょうか。

遅刻する夢は後味が非常に悪いもの。今回は、そんな遅刻の夢を見る深層心理を探っていきましょう。もしかすると心理状態が追い詰められているのかもしれません。

夢の意味についてもっと詳しく知りたい方向けに、電話占いを最後に紹介しています。プロの占い師から詳しく話を聞いてみたい方は、こちらもチェックしてみてください。

電話占いココナラに相談してみる

ストレスが溜まっている


遅刻する夢を見る時の深層心理として、ストレスが溜まっている場合があります。

会社などで重要な案件を抱えていたり、大きなプロジェクトを任されていたりとプレッシャーのかかる精神状態が続いていると、睡眠中でも緊張が抜けません。そんなときにはなかなか熟睡できず、遅刻する夢を見ることも。

そんなときは思いっきりリフレッシュする時間を作ることが大切です。近年働く女性の間で大ブームのヨガで、思いっきり体を動かしてみてはいかがでしょう。

ホットヨガスタジオLAVAは、全国に店舗を展開する女性専用ヨガスタジオ。初心者のサポート体制が整っているので、初めてでも気軽に始められるのが特徴です。

人気のホットヨガスタジオLAVAを予約する

興奮している


遅刻する夢を見る時の深層心理として、興奮して気分が高ぶっているという事があります。

新入社員でやる気に満ち溢れていたり、大事なデートの約束をしていたりなど、気持ちが興奮状態にあると逆に遅刻する夢を見ることがあります。

そんなときは、寝る前にハーブティーなどのリラックスできる飲み物を飲んでみるのがおすすめ。ハーブのいい香りの効果で、きっといい夢を見られるはずです。

幸運に対する恐怖感

遅刻する夢を見る深層心理のひとつに、長く続く幸運に対して恐れを抱いているということがあります。

仕事が思った以上にうまくいっているとき、次の仕事こそ失敗してしまうのでは、ここで幸運がつきてしまうのではと不安を感じるのはよくあること。

ここで幸運をキャッチし損ねたらどうしようと不安に思う気持ちが、逆に遅刻する夢の原因になっているのです。

ですが、もう一度気を引き締め直して取り組めば大丈夫。きっと今続いている成功は幸運ではなく、今まで重ねてきた努力の証です。

重要な事から逃げ出したい

ほかにも、重要な問題や仕事から逃げ出したいと感じているときに遅刻する夢を見ることがあります。

絶対に避けては通れない仕事ややらなくてはならない仕事など、全て投げ出して逃げ出したいという深層心理がトリガーになっているケースです。

プレッシャーを感じるほどに重要な仕事を任されたのは、ひとえに信頼されているから。自信を持って、まっすぐに取り組んでみてください。あなたにならうまく解決できるはずです。

現状に満足していない


今の自分の現状に満足していない場合も、遅刻する夢を見る可能性が高まります。

仕事や学校ににおいてやりがいを感じることができなくなっていたり、プライベートが充実していなかったりと、自分を取り巻く環境に不満がある方はこのケースが当てはまります。

そんなときは、なにかひとつ夢中になれるものを探してみるのがおすすめです。料理教室に通ってみたり、プログラミングを習得してみたり。自然と毎日がキラキラしてくるはずです。

電話占いに相談してさらに詳しい話を聞く

遅刻する夢の意味をさらに詳しく知りたい方には、電話占いに相談するのもおすすめ。知り合いの誰にも知られず、リラックスして相談することができると評判です。

電話占いココナラは、NHKあさイチをはじめ、さまざまな雑誌等で紹介された話題の電話占い。若手からベテランまで、400人以上が揃う占い師の中から、自分にあった占い師を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

遅刻する夢を見た理由について、プロの占い師から詳しく話を聞いてみてはいかがでしょう。

電話占いココナラに相談してみる

Tags

ライター