女同士

嫁や息子に嫌われる!出産前後の姑のうざい言動や行動まとめ

出産というのは女性にとって人生の一大イベントのひとつです。つわりや陣痛などとても大変な10ヶ月間。

忙しくてストレスも疲労も溜まっている時期、疲れる一言を言われた記憶がある方もいると思います。 今回は姑のウザいと思われる行動や言動をご紹介します!

1.つわりをわかってくれない

つわりでしんどいのにも関わらず、嫁だからという理由で家のことをあれこれと手伝わされて大変な思いをしている人もいるそうです。

嫁いだからには嫁ぎ先のお手伝いをするのは当たり前なのですが、つわりのときくらい休ませてあげてはどうでしょう。

同じ女なのですから同じ経験をしているはずです。 昔の自分も大変だった時期を思い出して労ってあげてください。

2.必要以上に可愛がる

孫が産まれて可愛くて仕方がないという気持ちはわかりますが、必要以上に可愛がっていませんか?

その行動が嫁からすれば不愉快になってしまう原因かもしれません。

人間は出産すると母性本能が生まれます。義母ばかりが孫を抱っこして可愛がっていては本能的にストレスがたまってしまうのです。

可愛いのはわかりますが、その気持ちは少し押さえましょう。

3.孫を我が子のように育てようとする

孫のことが可愛すぎるが故の行動ののでしょうが、 孫を我が子かのように育児に口出しをしてくる義母もいるようです。

授乳は完全母乳でないといけない、衣類は絶対に綿100%でないといけない、抱きすぎると抱き癖がつくからだめなどと、必要以上に口出しをしていませんか?

孫は我が子ではありません。気持ちはわかりますが口を出すのは少し控えましょう。

4.教育方針に口を出してくる

産まれたばかりの孫でも将来のことはすごく心配になります。しかし、孫は孫です。

自分の子どもではないのであれこれと口出ししすぎるのも問題です。

塾や習い事や自分の息子にさせてあげられなかったことをしてあげたい気持ちもわかりますが、孫の教育方針にまで口出しをしすぎてしまうと嫌われてしまいます。 ほどほどにしておきましょう

5.昔の考えを押し付けてくる

昔は大人が食べ物を噛んで柔らかくしてから与えていた、授乳は絶対に母乳のほうがいいなど、昔の考えを押し付けていませんか?

大人の唾液によって、赤ちゃんに虫歯菌が移ることが研究結果から分かっています。ミルクでも充分な栄養が取れるように改良されているなど、今と昔では育児もだいぶ変わってきました。 昔の考えを押し付けるのではなく柔軟に対応することを心がけましょう。

記事の著者

嫁姑の悩みをもっと見る