LINEでモテる小悪魔テクニック集:駆け引き上手になりたい女性必見!

今や私たちの生活に欠かせないLINE。好きな人との連絡もLINEで行っているという方が大多数かもしれません。

そんなLINEでのメッセージのやり取りは、恋愛ではとても大切なステップのひとつです。彼に好印象を与えることができるかどうか、関係初期のLINEにかかっていると言っても過言ではありません。

スタンプの使い方は?モテるトーク内容は?気をつけなくてはいけないポイントがLINEにはたくさん。

そこで今回は、モテる女性がやっているLINEのモテテクニックをご紹介していきます。もっと彼にアピールしたい方や、男性からもっともてたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

内容編:彼と一歩近づくLINEのやりとり

LINEで終わらせない

モテる女の子はLINEだけでは終わらせません。会う約束を定期的にします。

テレビでみた話題のスポットや気になるごはん屋さんなど、さりげない話題から彼から誘わせてデートを重ねます。これはモテる女の子とそうでない子の1番の大きな差です。

名前を入れる

モテる女の子は文章に彼の名前を入れてきます。それも、不自然にならない範囲内ではありますが、できるだけ多く彼の名前を呼んでいるというのが特徴です。

「〇〇くん、おつかれさま」「〇〇くんはどう思う?」このようにして彼の名前を入れることで、彼は女性を意識してしまうのだとか。

仲良くなるにつれて、呼び捨てにしてみたり、あだ名をつけてみたり。バリエーションもきく名前テクは、男性にあなたの存在を意識させる上でこの上ない効果を発揮するはず。

たまに画像を送る

いくらモテる女の子であっても、毎日やりとりをしていると彼からの返信が遅くなってきたり、なかなか既読がつかなくなってしまったということも。

そこでモテる女性が使っている方法が画像を送信することです。画像は「〇〇が画像を送信しました」という通知しか表示されず、LINEを開かないと確認できないので、気になってLINEを開いてしまう男性は多いそう。

気になる場所の写真を送り、次のデートの約束につなげるのもおすすめ。きっとスムーズにデートの約束を取り付けられるはずです。

LINEでもほめまくる

男性は褒められることが大好き。特に女性に褒められようものなら、テンションが上向きになってしまうものです。

そのため、良い印象をLINEで残すには、ささいなことでも彼を褒める癖をつけることが大事。

特に効果的なのは、他の人が褒めない、彼自身も気づいていないような彼の長所を褒めることです。彼が気になっているあなたであれば、彼の素敵なところはいくらでも知っているはずです。その一部を彼に伝える、それだけでも印象はがらりと変わるはずですよ。

テクニック編:押したり引いたり、駆け引きしてみよう

返信は焦らして

モテる女の子は異性からLINEがきてもすぐに返信はしません。これはメールの時代からずっと言われ続けている、駆け引きテクのひとつです。

すぐに返信してしまうと軽い女に思われたり、簡単に手が届きそうな存在になってしまいます。また、「何もすることがない暇な女」という不名誉なレッテルを貼られてしまうことも。

男性には狩猟本能が備わっているため、自分から逃げていくものに対して価値を感じます。すぐにLINEを返信してしまうと、男性はもうあなたを手に入れたような気がして興味がわかなくなってしまうのです。

毎日決まった時間に返信することを繰り返し、そして突然はずす

返信焦らしの発展技としておすすめなのがこの方法。ある程度仲が深まり、お互いの好意をなんとなく察している状態で行うと効果的なテクです。

例えば、就寝前である23:30頃があなたの通常の返信タイムだとしましょう。彼はこの時間になると必ずあなたから返信が来ると思っているため、この時間帯の前後はそわそわして携帯電話を見ています。

ですがある日突然、その時間に返信することはやめてしまうのです。すると、彼はあなたに何かあったのか、それとも何か嫌われるようなことを言ったのかと不安になり、あなたのことばかり考えるように。

そして次の日は何事もなかったかのように通常の時間に返信します。それまでの間不安でいっぱいだった彼は安堵し、すぐに返信をくれるはず。

仲良くなってきたらあえて短文に


好きな相手からの連絡だと、色々と書きたくなって長文になってしまいがち。ですがそればかりだとこちらの好意が相手に伝わってしまい、駆け引きをすることはできません。

そこで、仲が深まってきたタイミングを狙ってあえて短文に切り替え、相手の反応を見てましょう。

ここでポイントなのが、「仲が深まってきたら」というところ。仲良くなり、ある程度あなたの好意が彼に伝わったタイミングで突然あなたが短文を送り始めると、彼は「彼女は俺に興味があったはずなのに、突然どうしたんだろう」とぐるぐる悩み始めます。

一方相手も短文で返してきたり、会話がストップしてしまったら、まだまだ2人の距離は離れていると考えられます。

深夜の電話ワンコール

会話が途切れてしまったときに使えるのがこの一手。「相談したいことがあるの」などの口実をひとつ考えてからLINE電話を一瞬だけかけ、そのまま寝てしまうというテクです。

朝あなたからLINE電話が来ていたことを知った彼は、どうしたのだろうと思ってあなたに連絡を取るはず。

そこで何かあった?と言われたらしめたものです。あらかじめ考えてあった口実を彼に伝えるのもよし、寝ぼけていたと素直に謝るのもよし。前者であれば新たな話の種として会話を再開できますし、後者であっても天然な印象を残すことができますよ。

NG行動編

絵文字の多用はNG

モテる女のこは絵文字を沢山使ってキラキラした文章は送りません。絵文字を使いすぎてしまうと、どうしても子供っぽい印象やギャルっぽい印象を与えてしまうからです。

1つの返信に絵文字は基本1つまで。長めの文章でも2つまでです。絵文字の個数はなるべく抑え、知的で清楚な文章を送るよう心がけましょう。

ですが、ここぞというときに絵文字を使うのは非常に効果的。特におすすめは彼に対してかける言葉に絵文字を添えるということです。「がんばってね」や「お疲れさま」とともに絵文字を使うと可愛さUP間違いなしですよ。

長文LINEは避けて

たまに出会いますが、画面いっぱいに文字のある長文LINEを送ってしまう人も存在します。

そんな長文LINEは、通知の時点で敬遠されてしまう傾向が。通知で長文の予感がすると、返信の内容を考えるのが面倒になってしまい、メッセージを開くことさえしてくれなくなってしまいます。

そのため、文章はどんなに長くとも2-3行に収まるように注意しましょう。完結に、言いたいことを正直に伝えるのがモテLINEへの近道です。

ネガティブLINEは今すぐストップ

上司の愚痴や友達への不満、自己嫌悪にとらわれた病みLINEなど、好きな人の気を引きたくて少しネガティブなLINEを送ってしまう女性も中には存在します。

ですがこれはまったくの逆効果。彼の中では「あなた=ネガティブ」という等式が成立してしまい、あなたとLINEをすることさえ億劫になってしまいます。

そのため、好きな人とするLINEはポジティブな内容がカギ。あなたと話していると安心する、安らげるという印象を彼に残せるLINEを心がけましょう。

まず恋愛したい方はマッチングアプリがおすすめ

LINEでのモテる方法を紹介してきましたが、そもそも良い出会いがないと悩んでいる方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのがマッチングアプリでの恋活です。会員数570万人を擁する国内最大級のマッチングサービスpairs(ペアーズ)は、毎日3,000人が新規登録するアクティブな環境が魅力。

Facebook認証で登録できるため、忙しい方でも気軽に恋活を始められるのが嬉しいポイントです。24時間いつでも不正アカウントを監視しているため、サクラに怯えず安心して利用できると評判ですよ。

pairsに登録する

Tags

ライター