男子校でも大丈夫!高校生が彼女をつくる方法9選

Af0sF2OS5S5gatqrKzVP_Silhoutte

男子校でも大丈夫!高校生が彼女をつくる方法9選

高校生になると、周りの同級生にカップルが増えていったりしませんか?

高校生になって彼女がいない人は「彼女欲しい!」「彼女ができるって、どんな感じだろう?」と思ったり、そもそもどうやったら彼女が出来るのか分からないのかもしれません。

そこで今回は、そんな彼女が欲しい高校生の為に、彼女を作る方法や恋愛をする方法を紹介します。

また、男子校に通っていても恋愛はできますし、彼女を作ることもできます!男子校に通っている高校生も要チェックです。

他にも気になる方はこちら:彼女の作り方を徹底解説!今日から実践できる彼女を作るためのポイント

高校時代に彼女を作るべきか

中学を卒業し、少し大人になったあなた。そろそろ彼女が欲しくなってくる頃かもしれません。

今あなたは大人の階段を登ってる途中。異性に関心を持つことは決して珍しいことではありません。

だけどあなたが「高校生は勉強に励みたい」「高校時代は部活を頑張りたい」と思うのであれば、無理に彼女を作る必要はありません。

もちろん素敵な女性に出会い、お互いが恋に落ちれば自然と彼女は出来るものです。周りの男友達に彼女がいても、自分に彼女は必要ないと思うのであれば、無理に彼女を作る必要はないでしょう。自分の感覚を強く信じることが大切です。

彼女を作るステップ1.出会いを増やす

付き合う人を変えていく必要性

高校生になって彼女が欲しいと思うのであれば、まず付き合う友達を変えましょう。

自分の友人に彼女がいない人が多ければ、あなたに彼女が出来る確率は低くなります。

なぜなら女子は男子をモテる男(=付き合うに値する男)かどうかで判断するからです。

あなたがモテない友人とばかり付き合っていると、女子はあなたのことをモテない男子の一部と見なします。あなたがいくら魅力的な男子だとしても、女子は男子が付き合っているグループで判断します。なぜなら女子は人間的に優れているかどうかを主観で判断することは難しいからです。

他者からの評価、つまり男子が付き合ってる友達にモテる人が多いと、この人はモテる人なんだと、ここで初めて女子は「この男子と付き合ってもいいかも」と考えます。

出会いの場所では積極的になろう

高校生になると、教室にいる顔ぶれも、ガラッと変わります。つまり、その分出会いの数は増えているはずです。

しかし、彼女が欲しいからといって、すぐに好きな人を探すことは難しいです。

クラスだけでなく、部活に入ったり、委員会活動をしたり、塾も一つの出会いの場所です。

年上の先輩や、かわいい後輩など同級生以外とも知り合えます!

少し考えるだけで、数多くの出会いの場所と機会はあるのです。

女子だけでなく、男子も待っているだけでは出会いは訪れません。

自分から積極的に話しかけたり、女子から話しかけてもらったら、些細なことでも話を膨らませられるように、TVなどで芸人の話芸などを見て学びましょう。

部活に入ると出会いが倍増する

部活に入ると出会いが増えます。

なぜなら同じ学校の人とは勿論、他校の女子との出会いがあるからです。しかも同じ部活なので、やっていることは同じです。話題が作りやすく、自ら話す機会が自然と増えます。

日常の部活動以外にも、夏休みや冬休みには合宿があります。

数日間、同じ屋根の下で共同生活を送ります。一気に仲良くなるチャンスです。逃さないように注意しましょう。

彼女を作るステップ2.女子と会話をする

女子と日常会話ができる関係になる

彼女を作る前に、女子と日常会話が出来る程度に関係を構築する必要があります。

なぜなら、彼女があなたと話してみてどんな人か知ったり、彼女自身のことをあなたに知ってもらう必要があるからです。

一目惚れで付き合うことは稀です。

これで彼女が男子高校生はイケメンに限られるでしょう。

話しかけるのは緊張して難しいという高校生は、まずは挨拶だけでもよいので、会話を交わしましょう。

相手の女子が、「この人気軽に話せる人だな」と認識したらまずは第一ステップがクリアです。

特定の人に固執し過ぎない

好きな人が出来たけど、相手の女子には彼氏がいる。それでも諦められないくらい好きだ、ということもあるでしょう。

人は理屈で好きになりません。好きになったことは仕方がありません。

しかし、この人じゃないとダメ!となぜ言えるのでしょうか?あなたはその女子のことをどこまで知っていますか。

付き合ってみれば、想像していた性格と違っていた。告白してとりあえず付き合えたとしても、相手が好きになってくれないパターンもあります。

まず1人の人に固執せず、他の女子や、周囲の環境に目を向けてみましょう。

もしかしたら、あなたに好意を寄せてくれている人や、あなたにふさわしい人がいるかもしれません。

しつこすぎるのは禁物

「彼女欲しい!」「誰か紹介して!」と言っている男子を、見かけたりしたことはありませんか?

彼女が欲しくても、男子が恋愛に必死すぎると女子は引いてしまいます。

返信がないのに、何度もメールやLINEをしたり、特に用もないのにやたらと喋りかけると女子に嫌われます。

女子のことばかり考えず、友人との遊びや、部活などに必死になったりしている男子の方が、気持ちにも余裕が出来てモテます。

積極的なことと、しつこすぎることは別物だと理解してください。

話し上手、聞き上手になる

会話というのは、一方が話すだけでは成立しません。

自分の話ばかりしたり、自慢っぽい話が続くと、相手の女子は聞く気を失い、もう話したくないと思われるかもしれません。

逆に、女子が話しているのに適当な返事をしてみたり、ノーリアクションだとしても同様に、女子から嫌われる原因になります。

話を広げられるように共通の話をしてみたり、聞き手に回る時は、少しオーバーリアクションで聞くくらいがよいでしょう。

ただし、オーバーすぎると引かれてしまうので、注意しましょう。

彼女を作るステップ3.女子とより親密に、仲良くなる

02「高校生が彼女を作る」塗り

距離を縮める努力をする

日常会話を話せる女子が増えて、気になる子ができた。ただし、そのままでは恋愛に発展しません。

体育祭、文化祭などのイベントでお互いの距離を縮めたり、学校の外で会う約束をしたりと、仲良くなる方法はたくさんあります。

同じ目標に向かったり、一緒に楽しんだりすることで、お互いの距離は縮まるはずです。

機会を待つのではなく、自分から機会を作りましょう。

ただし、急ぎ過ぎてもいけません。女子が安心するよう、徐々に関係を築きましょう。

女子には優しく紳士的に対応

彼女が欲しいなら、どんな女性にも対等に優しく、レディーファーストで扱うことです。他の女子に対する態度は、女子から見られています。

女子を丁寧に扱い、女の子の間で流行っているものを日頃からチェックしましょう。

流行のスイーツやスポットを知ってると、この人と一緒にいると楽しいかも♡と思わるチャンスです。女心をわかっている男子は、自然とモテます。

高校にいるタイプ別女子への接し方

クラスにはいろいろなタイプの女子がいます。気になった女子一人だけにぞっこんになりすぎると、必要以上に警戒されてしまうことも。

普段から全員に分け隔てなく接することで、いい人だという印象を与えることもできます。

しかし、いろんな女子に話しかけているチャラい男子、という印象を与えないように注意が必要です。あくまでも自然に、がポイント!

クラスの中心的存在の女子への接し方

高校のクラスには、女子のトップ、いわゆる中心的存在の女子が必ず何人かいます。彼女たちは、恋にオシャレにサボリに忙しく、傍から見ると#リア充の塊のような存在。

そんな女子たちと仲良く話すのは比較的簡単です。彼女たちは男慣れしている子がほとんどなので、いきなり初めて話しかけても普通に対応してくれるでしょう。

ただし、男を見る目があるのは確かで、こちらが見栄を張ってカッコつけたり嘘をついたりしても、すぐにバレてしまいます。

「購買の○○パンまだ余ってた?」など、気軽に話しかけてみましょう。

真面目でおとなしい女子への接し方

あまり目立たない存在で真面目なタイプの女子、クラスに一人はいますよね。

こういったタイプの女子に、いきなりいつものテンションで話しかけるとビックリさせてしまいます。彼女たちはとてもシャイなのです。

しかし、自分の好きなことに関してはとても情熱的。彼女が読んでいる本や持ち物を参考にして、その好きなことに関する質問をしてみましょう。

「そのマンガ俺の妹も好きだって言ってた、面白いー?」など、さりげなく話しかけるのがオススメです。

自分の好きなことを語るときは誰しもキラキラと輝くので、普段見られない笑顔が見られるかもしれません。

クラスのマドンナ的女子への接し方

性格も顔も良く、おまけに頭も良い高嶺の花のような女子にも、勇気をもって話しかけてみましょう。

悪いところが見当たらないようなタイプの女子は、実は腹黒いという場合もありますが愛想はいいので、無視されたり気まずい雰囲気になったりすることはないと思います。

王道ですが、「さっきの授業でここ分からなかったんだけど、分かる?」などと話しかけると、自然に会話することができます。

また、高嶺の花すぎて実はモテない、という女子がいたらガンガン話しかけましょう。男子に特別扱いされることなく話しかけられたら、きっと嬉しいはずです。

男子校の生徒が女子と出会う方法

では、そもそも出会いのない男子校生の場合はどうしたらよいのでしょうか?実は男子校であっても彼女を作る方法はあります。

以下からは、男子校に通う高校生が彼女をつくるために女性と出会う方法を解説します。

まずは中学校・小学校の同級生から

まず出会いのない男子校の高校生が、女性と知り合うためには様々なつながりを駆使する必要があります。その一番、手短な方法は小学校や中学校の友達から女子とつながる方法です。

高校から男子校に入った人でも、小中学校では共学に通っていたことは多いかと思います。ですから、女性の知り合いからつながりをつくって、新たな女性とつながることが一番簡単な方法なのです。

最初はなりふり構わず

ここで大事なのは、仲の良くない子や、タイプではない子であっても、最初はなりふり構わずアタックしてみるべきだということです。小学校・中学校の友達と会うことは、今後それほど増えるわけでもありません。タイプではない子でも、その女子の友が可愛い可能性は十分にあります。

旅の恥はかき捨てと言いますが、つながりを求めることは悪いことではありません。

女子校が狙い目!

女子校に通う女子は狙い目です。なぜなら女子校の生徒であれば、相手も出会いを求めていることが多いからです。

相手の女性も「誰か良い人紹介して」と周りから言われているので、ここがお互いのフィーリングが合えば恋愛に発展する可能性があります。

女子の友達がいない場合

小中学校時代の女子の友達とは疎遠になってしまった場合は、どうしたら良いでしょうか?

高校生になってから、いきなり女子の友達を作ることはもちろん可能です。もっとも簡単な方法は、インターネットや出会いアプリでの出会いです。

アプリで出会える

一昔前なら、mixiやgreeなどで出会っていた男子も多くいたのではないでしょうか。コミュニティーに書き込みをして、メル友になって、実際に会うという王道のパターンです。

しかし最近では、SNSもコミュニティー内の出会いに対して厳しく規制を設けており、昔よりも出会うことが難しくなっています。ではどうすればよいのでしょうか。

TwitterやFacebook

もっとも簡単なのはTwitterやFacebookです。とくにTwitterは、知らない人でも趣味や興味が同じ人と、自由につながることができるため、新たな知り合いをつくることは難しくありません。

たまたまフォローした相手が、自分の興味ある話題をつぶやいていて、リプを送ったら、そこからやりとりが増えるパターンもあります。

オフ会に参加!

もちろん見ず知らずの人といきなり2人で会うのは怖いという人もいるでしょう。そんな時は、Twitterから派生するオフ会などもあります。

中には、オフパコといってオフ会で体を求めてくるような男性もいるので注意が必要ですが、新しい出会いの場としては、おすすめのイベントです。

ニコ生やツイキャスも!

TwitterやFacebookだけではなく、最近の高校生はツイキャスといった動画配信サービスや、ニコニコ生放送(ニコ生)で新しいつながりをつくる人もいます。

他にも数多くの出会いアプリやマッチングサービスがあるので、新しい出会いをお探しの方はチェックしてみてください。

LINEのグループも

上記以外にも、LINEグループから新しい友人と仲良くなることもできます。

友達が、それぞれの友達を誘い合ってLINEグループをつくれば、新しい友達とつながることができますね。

数多くの女性と知り合う!

もし男子校の高校生が、女子と知り合うことができれば、あとは友人を含めてご飯を食べに行き、仲良くなれる人を見つけていくだけです。

もちろん出会った後は、真面目に彼女のことを思いやって、デートを重ねていく必要があります。しかし女性と接する機会が少ない男子校の生徒は、出会いの数を増やす必要があるのです。サイトなども出会いの場として活用しましょう。

男子高校生が女子に告白する場所・方法

昔は女子に直接告白することが、男気があってカッコいいというイメージがありましたが、最近ではそうでもないようです。

むしろ直接言われると照れくさかったり恥ずかしかったりする女子が増えているので、あえてLINEで告白してくれる方が助かるという女子もいます。

とは言え、やはり直接目を見て告白された方が嬉しいという女子もいるので、相手によって告白方法を変えましょう。

友だちといる時にそれとなく「どう告白されたら嬉しいのか」を聞いておきましょう。

告白の仕方

告白するときは、何を、どうしたいのかをはっきり言いましょう。曖昧な言葉を言うだけでは、彼女もどう反応していいか困ってしまいます。

LINEで告白する際も、「あなたと付き合いたい」「あなたとデートに行きたい」など、彼女にLINEにした理由を明確にしましょう。

たとえ振られたとしても、はっきり堂々と「好きだ」と伝えるだけで、彼女は嬉しいはずです。

挨拶はしっかりと!高校生が先輩を好きになった時のアピールの仕方5つ

高校時代に彼女ができなかったら

彼女がいない男子高校生は大勢います。あなたに魅力がないわけではなく、ただ単に出会いの機会に恵まれなかっただけなので、あまり落ち込む必要はありません。

大学に進学、就職することで、高校時代よりも、非常に多くの人と出会う機会が増えます。人口の半分は女性なので、出会いなどいくらでも作れるのです。

前向きな姿勢を忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

彼女を作るために女子と仲良くするのではなく、まずは女友達を作るという目標に設定すると、気軽に出会いの数が増やせるかもしれません。

彼女がいない男子高校生も、この記事を参考に女子との出会いを増やし、是非彼女を作ってください!大人の男性に近づく第一歩ですよ!

気になるかたはこちらもどうぞ:誰でもできる!彼女の作り方

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です