好きだけじゃダメ?彼女と同棲するときの注意点まとめ

お互いに大好きだから一緒にいたいと思う男女の気持ちは、ごく自然なものです。同棲生活は結婚を前提に付き合う上で、しておいても良い経験でしょう。

しかし、同棲してから2人の仲が壊れてしまうことになっては、たまったものではありません。

今回は、彼女と同棲する上で注意すべき点をいくつか紹介します。これを読んで同棲生活を幸せなものにしましょう。

彼女と同棲するときの注意点

素を相手に見せる

同棲するということは、プライベートをパートナーと共有するということです。そこで、素の自分を相手に見せるということが、同棲生活の上でとても重要になってきます。

例えば、相手の前でおならをしてしまっても、相手におならをされてしまっても、笑って流すことができれば、同棲生活は大かたうまくいくでしょう。

一緒にいる時間が増える分、お互いに悪いところが少しずつ見えてくるかもしれませんが、それを受け入れて乗り越えていくことが大切です。

お金を分担する

デートで会っていた時は、彼氏の方が食事代をおごることもよくあったでしょう。しかし、同棲を始めてからも彼氏が全額持つというのは、相当な負担になります。

同棲を始める前に、お金をどのように分担してやりくりしていくかを考え、お金でのトラブルを起こさないようにしましょう。

家事を分担する

仕事をしている男女が同棲する場合、片方だけが家事を請け負うようにすると、いずれ破綻します。

お互いの帰宅時間や休日なども考慮して、家事の分担を決めましょう。休みの日が重なる場合は、一緒に家事をするのも楽しいと思います。

家事をしてくれた彼女には、感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

一人の時間を設ける

同棲すると、2人が同じ場所にいる時間が増えます。同棲し始めの頃は、2人の時間がとても幸せで楽しいものだと思いますが、そのうち一人の時間も欲しいと感じることも増えてくるでしょう。

そういう時は、お互いに一人になる時間を作るようにします。そうすることで、より2人の時間を大切にできるでしょう。

別れた時のことも考える

同棲する前に別れた時のことを考えるのはナンセンスかと思われますが、万が一、別れてしまった時に、その後のことを一から考えるのは精神的にも辛いですし、住む場所やお金の面でも大変です。

同棲が落ち着いてきたら、お互いに「万が一、別れることになった時」の約束事を決めておくことが大事です。

喧嘩してもすぐに仲直りする

同棲中は、気をつけていてもなんだかんだ喧嘩してしまうことも多くなるものです。家事のやり方、生活スタイルなどで衝突してしまうことは、特に最初のうちは避けて通れないことでしょう。

ですが、喧嘩しても同棲中はなるべく後に引きずらないように心がけましょう。住んでいるところが一緒ですから、気まずいまま過ごすのもお互い嫌なはずです。

喧嘩してもすぐに頭を冷やし、すぐに仲直りする姿勢をお互いに持つことができれば、きっと彼女との共同生活もうまくいくはずです。

外出デートも大切に

同棲を始めると、一緒にいることが当たり前になってしまうせいで、外出してデートをする習慣がなくなってしまうことがあります。

休みが来ても一緒に家でゴロゴロしているだけ…それではつまらないものです。付き合うことにメリハリを感じなくなってしまうことは、別れの原因にもなってしまいます。

同棲してより彼女と仲良くなりたいのなら、家で一緒に過ごす時間も大切にしつつ、外出デートの時間もしっかりと大事にしていきましょう。

意識的に外に出るようにしなければ、いつの間にか大事なバレンタインやクリスマス、誕生日なども、家で過ごすことが当たり前になってしまいます。

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る