imasia_13900415_M

本当に”運命の人”?女性が結婚を不安に思う7つの瞬間

恋人と良好な関係でも、結婚を意識し始めると不安になるという意見は実に多いのが現状。結婚を控えた方々が不安になる理由とはいったい何なのか?幸せな結婚をするにはどうしたら良いのか?

今回は多くの方が抱く、結婚が不安になる理由として挙げられる7つの事柄に着目したいと思います。

気になる人はこちらもどうぞ!:直感で分かる!運命の人の特徴と見分け方:匂いが重要!

相手の浪費が激しい

相手がお給料を全て自分のためだけに使ってしまうような一面が見えると、結婚しても生活していけるのか、本当に結婚して大丈夫なのか不安に感じてしまうのは当たり前の感情です。

結婚には実に多額のお金がかかります。そんな時に、相手の浪費が激しい為に生活苦に陥ってしまったら?生活にはお金がつきものですから、お金が無いというのは不安になります。

浮気をするかもしれない

近年では浮気や不倫の話題が後を立ちません。

もしも自分のパートナーが浮気をしたら、たとえそれが一夜の過ちでも一生苦しむことになります。

もしかしたらまたやるかもしれないと疑うようになり、常に相手を監視するようなことになってしまっては幸せな結婚とは言えません。

相手が親にべったり

男性に多いと言われるのがマザコンですが、これは女性にとっては本当に嫌なものです。

今までの生活は母親を中心に築かれてきたものですから、何かが違うと「お母さんはこうやっていたのに」などと発言するかもしれません。

また、女性に多いのはマザコン・ファザコン両方かもしれませんが、やはりマザコンの割合が多いようです。あまりにも母親に依存しているような女性だと、男性は「自分の親は大事にしてくれないかもしれない」と不安になります。

相手の親族との関係

パートナーを好きだから結婚したいと思うわけですが、結婚となると自分達だけの問題ではなく、相手の家族や親族とも付き合っていかなくてはなりません。

相手がしっかりとした人でも、相手の親や兄弟、親戚などが全員同じかと言うと、そうではない可能性の方が高いのです。

できるだけ関わらないように…と思っていても、行事の度に何かと顔を合せる機会は多いですし、何か問題が起きた場合にスムーズに解決するケースは少ないのです。

その問題がこじれた時には最悪の場合、離婚の原因にもなりえます。

安定した生活を失うことへの不安

「今は2人なので生活は苦しくない」と言っても、いつかは子供が欲しいと思うかもしれませんし、思わぬ授かりを受けることになるかもしれません。女性は出産の際に産休を必要とします。

その間、相手の経済力だけで過ごしていくことは可能なのかという不安は、女性なら誰しも感じることだと思います。

生涯の伴侶としての覚悟

恋人同士から婚約期間、そして結婚して新婚生活と2人の関係は変化していきます。恋人~新婚までは、ある程度ラブラブな関係を築けると思います。

しかし結婚するということは衣食住全てを共有して生活していくということです。まして元々は他人同士なのですから、長い人生の中で喧嘩もあるでしょうし気持ちの変化もあると思います。

「ずっと相手のことを好きでいられるのか、好きでいてもらえるのか」主に女性が抱える不安です。

親になった時

特に初めての子供を授かった時に抱える不安が「親になる自信がない」ということです。子供を愛することができるのか、ちゃんと育てられるのかを不安に感じる人が多いようです。

「子供が産まれてもラブラブでいられるか」という不安もあります。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です