相手には癒しを求める!医者の恋愛事情とモテる理由

難しい勉強をして試験に合格し、そして人の命を預かる医者という職業は、今も昔も尊敬を集めるだけでなく、結婚相手としても大人気です。

収入が高く安定しているというイメージがあるため、絶対に医者と付き合いたいという人もいますよね。しかし、数少ない医者と付き合うためには、まず医者の恋愛傾向を理解していないとなりません。

今回は、そんな医者の恋愛傾向を紹介します。ただ、いざ医者と恋愛しようと思ってもなかなか医者と出会えないのが現実。

マッチングサービスのPairsではプロフィール欄に職業が記載されるようになっているため、効率的に理想の相手を探すことができます。

Pairsで理想の相手を探す

男性医師の恋愛

1.職場恋愛が多い

医者の職場には、看護師や事務職などたくさんの女性がいます。彼女たちは、過酷な環境で働く医者の状況を理解してくれるので、男性医師としても付き合いやすい相手。

もともと長時間労働で、職場の外に出会いを求めにくい職業なので、職場で相手を見つけてお付き合いする人が多いようです。

2.収入よりも癒しを求める

男性医師は、自分自身が高収入なので、恋人の収入を気にしません。

それよりも、激務で疲れ果てた心を満たして、癒してくれるような存在を求めているので、家庭的な女性を好む傾向にあります。

3.真面目で誠実

男性医師は、ある意味、相手をよりどりみどりの環境にいるので、恋愛に対しては余裕があります。しかし基本的には真面目な性格の人が多いので、付き合う以上は、将来的なところもきちんと考えてくれる人がほとんど。

自分が忙しいこともあり、家庭を守ってくれそうな女性であれば、すぐに結婚を意識することもあります。

医者の恋愛事情

医者と言えばエリートの職業のひとつですよね。女性が結婚したい男性の職業ではいつでも上位にランキングしており、女性の多くは医者との恋愛ってどんな感じなのだろうかと興味を持っています。

医者の実際の恋愛事情・モテる理由についてご紹介します。

医学部時代

医学部の学生と言うだけで合コン相手としてひっぱりだこです。はっきり言ってこの頃からモテます。しかし交際相手で多いのは同じ医学部の同級生、先輩、後輩、あとは同じ大学の他学部の女子学生。身近な異性と付き合うケースがほとんどです。

しかし、出会いの法則からすれば至極当然の結果。つまり医学生であろうと一般の男子学生とさほど変わりはありません。

けれど、医学部の偏差値、大学のレベルの差が微妙に関係しています。他の大学、特に自分の大学よりランクの低い大学の女子大生に、何かにつけて物足りなさを感じることは否定できません。

研修医時代

医学生の頃からモテはしますが、厳密に言えばまだ医者ではなく、あくまでも医者を目指しているひとりの学生に過ぎません。国家試験に受かり医師免許を取得して、初めて胸を張って医者だと名乗れます。医学部を卒業しても国家試験に通るとは限りません。

それを知っている女子は可能性だけにかけることはしませんから、扱いとしては通常の男子学生並みです。つまり本格的にモテるのは研修医になってから。しかし研修医は非常に多忙で恋愛どころではないのが現状です。

デートの時間もあまりなく、たとえ会う約束をしても病院で突発的な出来事が起こり結局行けなくなる、そんな場合も多くあって、振られてしまうことも少なくありません。

医者がモテる理由

看護士との恋

研修医として病院勤務が始まると、ほとんどの時間を病院で過ごすようになります。女性と知り合うチャンスは激減して、異性としての対象となるのは病院勤務の女性にほぼ限定。そうです、数から言っても圧倒的に多いのが同じ職場の看護士さんですよね。

総合病院の場合、だいたいひとつの部署に40人ほどの看護士がいて、その中でつりあう年齢の女性が6割ぐらいいると考えられます。それに対しての医師は3人ほどですから、ハーレム状態です。

医者狙いで看護士になったつわものもいて、看護士からのアプローチは相当なもの。この状態は病院勤務している限りは続きますから、不倫の発生率が自然と高くなるのも納得できます。

外見に関係なくモテる

普通ではまずモテるはずの無いルックスでも、医者と言うだけで女性から一目置かれる存在。女性がほしいのはステータスと収入の高さですから、ルックスと引き換えにしてもお釣りがきます。

病院内では皆が忙しいにも関わらず、懇親会や歓迎会などが頻繁にあり、看護士からの誘いがよくかかることも。それは勤務医に留まらず研修医も同様です。

研修医は勤務医に比べて女性経験が少ない分、落としやすいと判断されています。将来の名ドクターに化ける可能性も秘めていますから、恰好のターゲットですよね。

勿論独身の勤務医は皆が狙っていますから、酒に酔った振りをしてスキンシップしてくる看護士もいて、そのまま街の雑踏に消えていくなんてこともあるようです。

恋愛と結婚は別

もともと家が開業医で、家業を継ぐべくして医学部に入学してきた人もいれば、頭脳明晰であるため、医療の環境が無かったけれど、医者を志した人もいます。

どちらも子供の頃から勉強に励み、高校時代も医学部を目指すため、日夜勉学のみに時間を割いてきましたから、当然女性との付き合いが皆無に近い状態です。そんな男性が医者になった途端、いきなりモテ出すのですから、恋愛にのめり込む人が出てくるのも当然。

しかし結婚となると親の意向が大きく関わってきます。医療と関係のない家の出身であれば、親も世間一般の結婚観ですから、自分の好きな女性と結婚できるでしょう。しかし開業医を実家に持つ人は、親の口出しに悩まされます。

本人よりも家柄重視で花嫁候補を選んだりしますから、親が相手を捜してくるケースが多いことも。恋愛と結婚は必ずしも一致しないのが常で、女性は医者と交際しているからと安心せず、十分気をつける必要がありますね。

医者と恋愛するには

医者は安定した収入があるので、女性から結婚相手として人気が高い職業です。そんな医師を狙っている女性は多いでしょう。

そんな医師の恋愛傾向は他の職業の人と大きく異なることはありません。大変さを理解していて、仕事で疲れた医師を癒してくれるような存在であれば充分なようです。

ただ、医師と出会うことのできる機会はそれほど多いとは言えません。患者との恋愛を禁止している病院も多いので、医師には自分から近づく必要がありそう。

医師と出会いたいという方は、マッチングサービスで医者を探してみるのがおすすめ。
p1
pairsは職業別の検索ができるため、医者に絞って相手を探すこともできます。

また、Facebookから簡単に登録できるので、初めてマッチングサービスを利用する方も安心。

Pairsに登録して、素敵な出会いを見つけてみませんか。

Pairsに登録してみる

Tags

ライター