医者と合コンするメリットとは:医者との合コンの特徴と攻略法8つ

今も昔も合コンに引っ張りだこの職業が、医者ですよね。医者との合コンが決まったら、高収入男性ゲットのチャンス!とわくわくしている方も多いのではないでしょうか。

頭がよくて、お金持ちというイメージのお医者さんとの合コン。どうせなら成功させて、エリートな彼をゲットしたいですよね。

しかし、医師との合コンはうっかりしていると地雷を踏んで嫌われてしまう可能性も。せっかく人気職業の医者と合コンするなら、みすみすチャンスを逃すわけにはいかないですよね。

「そうはいってもどんなことに気を付ければいいのか分からない」という方のために、今回はお医者さんとの合コンのメリットやデメリット、特徴と、実際の合コンの際に使える攻略法を紹介します。

エリートな彼をゲットするなら、ペアーズがおすすめ!

医者と合コンするメリット

1.普段は見れない姿にキュン

普段は「医者」と「患者」の関係でも、合コンでは男と女。対等な立場で話すことができるでしょう。

普通に過ごしていたら出会うことのない、格上の人たちと触れ合う機会に、優越感と似た感覚になるのも無理ないかもしれません。

私服もおさえておきたいポイント。白衣姿はもちろん魅力的ですが、私服がオシャレだったらもう完璧です!

2.ワンランク上のデートが期待できる

合コンの後の話になりますが、もしめでたくお付き合いできたら、ワンランク上のデートが待っているかも!

お医者さんといえば高給取りで知られている職業です。住んでいる家や行きつけのレストランなど、きっと素敵なところをたくさん知っているでしょう。

大切な彼女のためなら、デート代をケチるなんてこともないはずです。

3.プライベートで体調を見てくれる

体の調子が悪い・・・そんな時、身近に頼れる人がいたら安心ですよね。

たとえ恋仲にならなくても、知り合ったお医者さんに相談すればきっと適切な判断をしてくれるでしょう。

インターネットで症状について調べられる時代ですが、その道のプロに話を聞けるなら絶対そちらのほうが心強い!

医者と合コンするデメリット

1.ライバルが多い

とはいえ、良いことばかりではありません。お医者さんといえばモテモテな職業のひとつ。彼を狙っている女性は多いはずです。

しかもお医者さんは意外と合コンが多いよう。もし合コン相手が看護師さんだったりなんかしたら、諦めてしまいそうです。

普段仕事で忙しい分、遊ぶときは”ハデ”になってしまうのは否めません。

2.忙しくて、なかなか会えない

せっかくお付き合いできても、急な患者の対応などでデートがキャンセルになってしまう場合は多々あります。

恋人同士のビッグイベントも一緒に過ごせないのが当たり前。さびしい思いをするかもしれません。

それをどこまで我慢できるかが、お医者さんと付き合っていく上で一番のキーポイントになりそうです。

3.結婚のハードルが高い

お付き合いは本人同士の気持ちの問題ですが、結婚となると話は別。

代々続く医者家系に、庶民的な女性が嫁ぐには大きな壁があるでしょう。

「うちの血筋にあなたのような人はふさわしくない!」ドラマのような台詞ですが、実際にある話なんです。

一族全員から反対された場合、相当な根性がないと途中でめげてしまいますよ。

医者との合コンの特徴と攻略法

1.楽しい会話を心がける

合コンではまず一番人気を集める医者ですが、医学部に入ったときから、すでにモテルートに突入しているので、女性には耐性がばっちりついています。

医師の中には、もちろん理系男子にありがちな、女性経験が乏しい人もいますが、頭がいいので対人スキルは低くありません。

医者として働き始めても、様々な女性からアプローチされているだけでなく、普段から気の強い看護師と仕事をしていることもあって、女性のあしらい方はお手の物です。

医者と楽しく会話することで、気になる相手の候補になれるでしょう。

2.やさしく接する

医者といえば激務の代表格のような職業。特に若いお医者さんほど、忙しい勤務の中で頑張っています。

そのため、合コンにきたときもどこか疲れた雰囲気をまとっていて、女性から心配されることもあります。

合コンで医師をゲットしたいなら、激務な仕事を支えるパートナーとして、癒し系な存在をアピールするといいかもしれません。

3.年収については触れない

世間で「医者=お金持ち」のイメージが強いせいか、合コンで「実はそんなに儲かってないよ」とわざわざアピールする医者がよくいます。

実際、若い勤務医では激務のわりに収入が低いことも珍しくありませんので、嘘ではないかもしれません。

しかし、いくら気になるからといって、ガツガツ年収を聞いたりすると、彼からは引かれてしまうかも。

医師との合コンの際には、実際の年収などデリケートな部分は触れないでおくのが得策です。

4.体調の相談はしない

合コンはカップル成立を狙う場所のはずなのに、医師との合コンの場合だと、何故か女性の体調の相談をされることがよくあります。

そんなところで急に言われたとしても、お医者さんとしては、「一度病院に行ってみてください」としか言えないので、困ってしまうようです。

出会いの場ということを念頭において、体調の相談以外の楽しい話をしましょう。

5.裏話を聞いてみる

医者には守秘義務がありますが、それに触れない程度に、面白い話をしてくれることがあります。

病院でありがちな怖い話など、医師は意外とたくさんネタを持っているので、聞いてみると意外に盛り上がって楽しいかもしれません。

6.グロい話をされる覚悟をしておく

日頃過酷な場面を見ている医者は、「グロい」とされる話題に対する耐性もばっちり。

「それで、解剖してみたらさ~」などとうっかり合コンにふさわしくない話題を口にしてしまい、女性をドン引きさせることもよくあります。

もし医師と付き合った場合には、そのような会話は日常茶飯事になるので、合コンで言われても動じない覚悟が必要です。

7.おしとやかな女性になる

日頃、過酷な職場で働いているせいか、癒し系の女性に弱いのも医者にありがちなこと。

医師は、何でもできて頭のいい女性よりも、ちょっと抜けているような、守りたくなるほんわかした女性に、ぐっときてしまうようです。

8.家庭的な面をアピール

医師は基本的に忙しいので、家事までこなすことは難しいです。

そのため、いざ付き合ったり結婚したりするとなると、自分を家庭的な面でサポートしてくれる女性を好みます。

そのため、医者との合コンの際には、「料理が趣味なんだ~」などと言ったり、「親の家事の手伝いをよくしている」などと言って、さりげなく家庭的な面をアピールをしてみましょう。

しかし、最初から結婚後などの話をしてがっついてしまうと引かれてしまう可能性もあります。

あくまでも控えめに家庭的な面をアピールしてみるようにしてくださいね!

9.知性がないのはNG

超難関の医学部へ通うために幼いころから勉強し続けてきた彼らは、周囲が賢い人達の中で生きてきました。

そうなれば当然、勉強するのも当たり前、賢いという基準も並より上で当たり前です。人並み程度の知性では、医師のお眼鏡にかなうことは、残念ながら0に等しいでしょう。

例え、高学歴でなくとも、今まで外見ばかり磨くことに意識を向けてきた人は、知性を磨く努力が大切です。

外見ももちろん大切です。しかし、ウエストを引き締めると同時に、新聞も読みましょう。スマホでSNSをチェックする時間を少し、ニュース記事を読むことから始めてみてください。

今は見せかけの知性で合コンに臨むしかなくても、そういう努力をしている女性はどこか違ってくるものです。

10.甘えたい、頼りたいアピールはしないようにする

優しくて尽くしてくれて、イケメン医師の彼がほしい。結婚すれば、高収入だから自分は働かなくていいし、セレブな生活を送りたい。なんて考えがあるとすれば、今すぐ捨てください。

そんな女性は絶対に選ばれません。まず、チヤホヤされ、尽くされる側として生きてきた研修医や医師は、恋人に尽したり優しくすることを学んできていません。

そして、人の命を預かる厳しい仕事をしている彼らは、あなたの小さな愚痴や不満に付き合っている暇もありません。そのため、合コンでは、彼を支えたい女性、尽くしたい女性として振舞うのが賢明でしょう。

そして、自分の仕事の愚痴や不満はあったとしても言わずに、相手の話を聞いてあげるくらいの余裕を持つと良いです。

医師の彼女や妻という激しい競争へ立ち向かうのであれば、それ相応の覚悟と努力を怠らず、いつも素敵な女性でいることが大切。合コンでその努力の成果が実るかもしれません。

医者と出会うには

医者との合コンに行く予定のある方や、医者と合コンしてみたいという方は、この記事を読んで参考になりましたか?

医者との出会いがほしいものの、身近に出会いがないという方は、マッチングアプリpairsがおすすめです。

pairsなら職業や趣味など細かな検索項目があるので、効率よく確実に誠実な人との出会いのきっかけを作れます。

pairsで出会いのきっかけを作る

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る