どこの方言が1番胸キュン?普段とのギャップで男性ウケ抜群!

ふとした時の女性の方言は、男性を胸キュンさせてしまう魔法の言葉でもあります。

普段は標準語で話す女性が、気を抜いた時に地元の方言を使っているのを聞くと、何故か可愛らしく感じるものです。

また方言は、普段とのギャップやその人の素を見れたような気がするので、男性の心を掴んでしまうそう。

それでは、どこの方言が男性に人気なのでしょうか?今回はいろんな地方の方言をみていきます。

もしもあなたの地元の方言があれば、男性ウケすること間違いなしです!

男性に人気な胸キュン方言5選

世の中の男性は、女性の方言にギャップを感じて胸キュンしてしまうそう。

ここでは、男性に人気の方言を5つ紹介します。どこの方言も女性の可愛さを引き立たせています。

博多弁

男性人気がダントツで1番なのが、博多弁。

「なんしよっと~?」「なんしようと?」は、何しているの?という意味。語尾の「〜と?」は子供のような可愛らしさを持っていますね。

博多弁は、女性の口から聞くとおっとりとして優しく聞こえ、可愛さ倍増なのだそう。

大阪弁

「~やで」「~やろ?」など、憧れから一度は関西弁を真似してみた人も多いかもしれません。

テレビや漫画などのメディアでも頻繁に見聞きすることが多いのが大阪弁で、明るくて親しみを感じさせる特徴があります。

関西圏以外の人からすると、関西弁を話すというだけでその人が素敵にみえてしまう現象もあるようです。

広島弁

「~じゃ」「~じゃけえ」と、少し男性的な印象を感じる広島弁です。

広島弁というとパフュームの三人が思い浮かびます。テレビで話している様子など可愛らしいですよね。

女性が話すと柔らかい印象になり、男性が話すと男らしい感じがしてときめく人が多いようです。

北海道弁

カーリング女子の「そだね〜」で有名になった北海道弁。

語尾が「〜さ」「〜かい?」という柔らかいものが多く、女性が北海道弁を話していると、優しい印象を受けるそう。

「なまら好きなのさ」と北海道の子に言われたら、男性は胸キュンすること間違いないでしょう。

山形弁

「~だず」「~けろ」「~にゃ」など、可愛らしい語尾の多い山形弁。東北の訛りはのんびりとして優しい印象を与えます。

また、少し垢抜けない感じがするところも胸キュンなポイントです。しかし、田舎というイメージが恥ずかしいからか方言をもっていても隠している人も多いようです。

男性が胸キュンする人気の方言まとめ

今回紹介した以外にも、魅力的な方言は沢山あります。

方言を話す人の中には、田舎者だと思われたくなくて方言を隠しているという人も少なくないかもしれません。

しかし、男性は女性の方言に可愛さを感じるのです。方言を話すだけで魅力がUPするなら使わない手はありませんね。

普段方言を使っていないという人は、ふとした時に使ってみて、男性を胸キュンさせてみては。

Tags

ライター