彼女と結婚したくないと言う男性の心理と対処法:「まだ待ってほしい」は本当?

長年付き合っていると女性は「結婚」を視野にいれますよね。早く結婚したいと思うのは当たり前です。

そんな彼女の思いとは裏腹に「まだ結婚しなくていい」と考えている男性もいます。女性からすれば「なぜ??」と思ってしまうもの。

今回はそんな「まだ結婚したくない」と言う男性の心理とその対処法について紹介していきます。

彼女と結婚したくないという男性の心理

1.「彼女」としては良くても「妻」としては無理

いつか別れるだろうと思っている相手には「今は無理」というでしょう。元々結婚する気はさらさらなかったということです。

妻となるとこれからずーっと一緒に過ごしていく相手。それが今の彼女では不満なのでしょう。「彼女」と「妻」では大きく違います。

2.収入が不安

そこそこ稼いでる男性でも、いざ結婚となると「今の自分の収入でやっていけるのか」と不安に感じる男性は多いようです。

彼女との結婚を考えていないわけではないのですが、すぐに踏み出せません。貯金や収入が安定するまでは、結婚は「まだ無理だ」と答えを返します。

3.縛られるのが嫌

結婚=自分の自由な時間がなくなると考える男性は多くいて、今の状況からの変化を嫌がり「まだ結婚したくない」と言います。

結婚して、自分の趣味に時間とお金を使えなくなるから無理!と判断するようです。

4.急かされているようで困惑

女性からいきなり切り出される「結婚」の話は、男性からするとかなり急かされている感じがして、戸惑ってしまうことも。

ましてや「早く子供がほしい」と言われるとなおさらです。あまりにしつこく言うと、彼からしたら逃げたい話題になってしまいます。

5.二人で過ごす時間を大事にしたい

「まだ結婚は」と言う男性の多くに、二人で過ごす時間を今は大切にしたいという人がいます。

やはり結婚すれば、当然子供もできて、二人の時間が制約されると考えているので、結婚はもう少し先にして、旅行などの二人で過ごす時間を今は大事にしようとします。

ですがあなたとの結婚は視野には入れていますから、この場合は二人での時間を存分に楽しで大丈夫。焦らなくとも彼はいつか結婚を切り出してくれるはずですよ。

結婚したくないという彼氏との向き合い方

まず、彼氏と結婚しても良いのか考えてみる

一緒にいてもなかなかプロポーズなどのアクションがない。そういう時は彼氏と結婚しても良いのか今一度考えてみましょう。

2人で付き合ってきた思い出を振り返ってみることも大事です。楽しかったですか?それとも彼と会っていてもつまらなかった思い出ばかりでしたか?

もし答えが「楽しくなかった」なのであれば、彼は結婚すべき相手ではないのかもしれません。「楽しかった」のなら、彼と結婚に関してのコミュニケーションが上手くいっていないだけかもしれません。まずは彼に、あなたの思いを伝えてみてはいかがでしょう。

そばで支えてあげる

二人で暮らすとなると、足りない部分の補い合いが必要になってきます。

隣にいつも寄り添い、彼氏の相談に乗ってあげるなど、彼を支えて安心させてあげましょう。

前述したように一緒にいて楽しいと思えるような環境を二人で整えることができれば、自然と結婚も射程圏内に入ってくるはず。

このままが良い理由があるのかを疑ってみる

例えばもう一人彼女がいるのか。

場合によっては、彼氏があなたとの関係は便利な友達として考えていただけなのかもしれません。

また、それとは別に彼氏の両親が結婚を許してくれないケースもありえるので、その場合は2人で一緒にいて幸せなことを伝えてあげましょう。

あなたとの結婚に自信がなさそうなら自信を持たせる

彼女であるあなたが正社員で給料がそれなりにあるのなら、彼氏はなんだか彼女に食べさせてもらっている感覚を持って、とても申し訳ないと感じます。

そんな時、次のステップである正社員になることに彼氏はためらいがそんなにないのなら、一度就職の支援を第三者にしてもらうことも、これからの結婚人生から自信を持たせられるはずです。

結局は2人のお互いのライフスタイルが合えばOK

こだわりがあるなら別ですが、話の合う人同士でカップルなら自然と結婚につなぐことができるのではないでしょうか?

また、たまには涙をこぼしてしまうトラブルもあるでしょうし、そんな悲しみさえもまとめて愛せるような2人になることができるのなら結婚とういう関係を無理に押し通さなくても良い可能性だってあるはずです。

逆に結婚してから関係が悪くなってしまったなんてことも世間ではざらにあるので、必ずしも結婚にこだわって焦ることは無いと思います。

Tags

ライター