どうやってかわす?告白メールの断り方5選

人から好かれるって良いことですし悪い気はしないですが、異性としての好意がない場合は断りますよね。

でも相手の好意なのでどうも断りにくい、何て言おう、そのままにもできません。今回は告白メールの断り方についてご紹介します。

1.はっきりと「ごめんなさい」と言う

一番いいのはやっぱりはっきりと言うことです。曖昧にすると相手もまだいけるんじゃないかと期待します。

あなた自身が「無理だ」という意思を見せないで中途半端にしてしまうと、相手を傷つけた結果、人間関係の破綻です。

はっきりと伝える優しさというのもあります。自分のためにも相手のためにも曖昧にするのはやめましょう。

2.理由があるのならばちゃんと言う

例えば「好きな人がいる」「恋人がいる」などといった正当な理由があればはっきり言いましょう。いずれ相手は誰かから聞いて知ることになるかもしれません。

きちんとした理由があるのであれば、相手も納得してくれます。

3.揺さぶるようなことは言わない

断る前に「私もあなたがいいと思ってた時期もあった」や「あなたは本当に優しくて」など、事を面倒にさせるようなことは言ってはダメです。

後になって後悔するのは自分です。思わせぶりな態度をとれば、それこそあなたの評価はだだ下がり。

くれぐれも相手を揺さぶるような発言はやめましょう。

4.「今は彼氏を作る気がない」と言う

「今はやりたいことをとことんやりたいから、彼氏を作る気はない」という意思をしっかりと伝えましょう。

時に「付き合ったら変わるかもしれないじゃん」と押して来る人もいるので、きちんと伝えることが大切です。

「今は誰とも付き合う気はないよ」と多少きつめでもいいので自分を貫き通してください。

5.何度も謝らない

相手の好意を断ってしまうのは心が傷むかもしれませんが、むやみに謝るのは逆に傷つけ、惨めな気持ちにさせるので控えましょう。

自分が告白したときに何度も謝られたらどんな気持ちになるか考えてみてください。告白自体に後悔の気持ちさえ持ってしまうかもしれません。

相手に「言ってすっきりした」と思われるように、断る時の「ごめんなさい」の一回だけにしておきましょう。

まとめ

とにかく曖昧にしないこと。中途半端にすると相手もチャンスがあると思ってしまい、結果あなたが困ることになります。

自分がこんな言われ方されたら嫌だなと思うことは言わない、そこが大事です。

お互いが嫌な思いをしないで今まで通りの関係を持てるように間違った断り方をしないように気をつけましょう。

Tags

ライター