やり直したい!同棲していた彼と復縁する方法5選

同棲を解消した彼と復縁した場合、実はかなりの確率で未来につながります。

他の復縁の場合は、すぐに別れてしまうことが多いのですが、同棲していたということは、結婚が近かったということ。復縁できれば、先に進む可能性も高いということです。

だから、同棲していた元彼と復縁したいと思った時は、いっときの感情に任せるだけではなく、心底から彼との縁をつなぎ直してほしいのです。そのためのポイントをまとめました。

原因の把握と改善

あなたは、なぜ彼と別れてしまったのでしょうか。その原因をしっかりと把握しましょう。それが理解できれば、実際の行動に移っていきます。

その行動とは「自分磨き」。あなた自身の性格、習慣、言動などといった色々な面を改善をしていきます。どのように自分磨きをすればいいのかの方向付けのために、彼と別れた原因を把握することがとても重要です。

別れの原因となった自分の悪いところを直すことができれば、復縁後もうまくいくでしょう。

冷却期間を置く

ここで言う冷却期間とは、「あなたと彼がお互いに頭を冷やす期間」のことで、復縁するにはとても一般的な方法です。だいたい、2、3か月程度取るのが良いでしょう。

同棲関係を解消した直後の彼は、「これでやっと解放された」と思っている場合が多いもの。実は、これまであなたに対して様々な我慢をしてきたと思っているのです。

彼が解放感を味わっているこんな状態の時に、あなたが猛烈に反省して連絡を取ったとしても、「もうお前とは終わったから」なんて、冷たいセリフを言われるのがオチ!復縁を成功させることはできないでしょう。

ですので、冷却期間を置き、少し気持ちが和らぐ頃を見計らって、彼に連絡を取ってみてください。

彼へのアプローチ法

同棲をやめてから復縁する場合でも、彼へのアプローチ方法は、それ以外の復縁とそんなに変わりません。次のことを念頭に置いて、連絡を取りましょう。

あなたが以前とは変わったのだということを見せましょう。露骨に復縁を求めている感覚を彼に与えないこと。まずはデートからという感じで誘います。

もともとは同棲していたわけですから、あなたがすぐに復縁を求める気持ちも十分理解できますが、どれほど、あなたが再び同棲したいと思っていても、彼がそれに躊躇していては、復縁は叶いません。焦らず、段階を踏んで、少しずつ前進することが重要です。

別れたら、すぐに同居状態を解消しよう

二人が別れてからも同居を続けるのは、あなたが復縁を目指すためにはよくないことです。

同居を続けると、あなたは別れている事実を受け入れがたく、彼はいつまでも自由になれないことで、二人ともストレスを感じてしまいます。こうなると、二人の気持ちのズレは大きくなり、一緒にいる時間が長くなるほど、関係性が悪くなることも。

また、男女ですし、何も意識しないなんて無理でしょうから、別れていることは分かっていても、ある瞬間に一線を越えてしまい、都合のいい関係になってしまう危険をはらんでいます。

これらのようなことを防ぐためには、彼と別れたら、すぐに同居状態を解消するべきです!

別れの日に彼の寂しさを最大限に

二人が同棲を解消する日、「それじゃあ、今日までありがとう。元気でいてね。」と彼への感謝を告げる時に、彼が感じる寂しさが最大となるように意識しましょう。今までにかけた迷惑等への謝罪や、彼にしてもらったことへの感謝を、しっかりと話し方や態度で示すことです。

「もうこれで、君に会えなくなるのか。寂しいな。」と彼に思ってもらい、同棲解消の日を二人の復縁に有効活用するんだ、と考えて接すると良いでしょう。

あなたが一番寂しいのは分かりますが、あなたがあまりに寂しがってしまうと、彼は冷静になってしまい、寂しさを忘れてしまうので、注意が必要です。

Tags

ライター