ダメ上司とうまく付き合うコツ:イライラが止まらない!

あなたのまわりには、「ダメな上司」と呼ばれるような人はいますか。

ダメな上司といってもタイプは様々ありますが、その付き合い方や対処の仕方に関してはそれほど大きな違いがあるわけではありません。

今回はダメな上司との付き合い方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

また手を尽くしてもダメな場合、さらにはもうあのダメな上司のために労力をかけたくないと思ってしまうような場合には異動や転職を考えるのも1つの手です。

オススメなのは、大手転職サイトの「リクルートエージェント」。転職アドバイザーがあなたのキャリアや強みから、よい求人を提案してくれます。

上司のダメな部分をカバーできる優秀な方なら、よりよいオファーも届くはず。まずは以下のリンクからサイトをのぞいてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見てみる

ダメ上司とうまく付き合うコツ

ダメ上司と言われる人が周りにいると、あなたの仕事がはかどらなかったりします。

上司のせいであなたの仕事がはかどらないのは、困りますよね。ダメ上司との関わり方によって、仕事をしやすくすることも可能です。詳しくダメ上司とのうまい付き合い方を見てみましょう。

肯定も否定もしない

ダメ上司を肯定してしまうと、これでいいのだ!と言わんばかりに暴走し始めるものです。だからといって否定すると、とてつもなく機嫌が悪くなったり、烈火のごとく怒ったりされることも。

ダメ上司だからと言って対立してはいけません。対立してしまうと、さらに自分まで疲れたり、立場が悪くなる、会社にもいづらくなってしまったりとデメリットがいっぱいあります。

そんなときはダメ上司の話をしっかりと聞いて、相手の意向を汲むような相槌を心がけましょう。

上下関係はしっかりする

ダメ上司をダメ上司だと思っている人は、あなただけではありませんよね。おそらく、部署内ではダメな上司ということで有名になっており、色んな人がその上司の影口や悪口を言っていることが一般的なケースです。

そのような環境では上司に対してどうしても、失礼な態度をとったり、雑に扱ったりしがちです。いくらダメ上司と言えど、それはマナー違反。そのあたりの態度はきちんとするべきでしょう。

定期的なコミュニケーションをとる

いやな上司のあまりに不愉快な言動には、私のような者が申し上げるのはどうかと思いますが、私が言うのもおこがましいのですが、といった枕詞を付けてから、その旨をはっきりと指摘しましょう。

ダメ上司には日頃から積極的に話しかけコミュニケーションを円滑にして、案件については1度だけでなく2度3度繰り返し説明するなど、こちらが手間ひまをかけてあげましょう。

ダメ上司でも立てる

ダメな上司でも、なるべく波を立てずに過ごすのが一番良い付き合い方なのです。

上司のミスを何気なくフォローしたり、話はとりあえず聞く、上司の否定はしないなど、冷静になって対応していきましょう。

対立をしても体力的にも精神的にも疲弊してしまうだけです。

ダメ上司を踏み台にする

ダメ上司にイライラするのであれば、ダメ上司より上に上がることが何よりも対処法です。ダメな上司は基本的に自分のことしか考えてないので、会社から見ればいざというときにはリストラ対象になる人材です。

そのような人材を追い越すのは簡単です。会社がどのような人を求めているのかを理解して、その通りに行動しましょう。もしくは上司の上司と仲良くなることも1つの方法でしょう。これさえできれば、ダメ上司などはあっという間に追い越すことができるでしょう。

ダメ上司をうまく使う

ダメ上司をちゃんと上司として扱うことであなたの相談などにものってくれ、あなたが働きやすいように動いてくれるでしょう。

上司としてきちんと敬う態度を見せることで、あなたのことを信頼してくれてあなたのために動いてくれることもあります。

いくらダメ上司とは言えども、あなたより立場が上の人であることには変わりません。なので、いつか自分が出世するためにうまく使うことが大切です。

無能な上司はおだてたりフォローする

無能な上司の扱い方として効果的なのが、おだてて、あなたの味方だと思わせることです。

人間は自分の味方には甘くなりがちで、力になりたいと思います。その心理を利用して、まずはしっかりとフォローしてみましょう。

すぐには効果は出ないかもしれませんが、継続していくと無能な上司はあなたを信頼して、権限を与えるようになります。

優柔不断なダメ上司には逃げ道を用意してあげる

上司は責任者であり、監督者でもあります。その人間がなかなか決断できないようであれば、明らかにダメ上司と言わざるを得ないでしょう。

そんな優柔不断な上司に対しては、第2・第3のプランを用意して、たとえ失敗しても何とかなるような状態にしておくことが必要不可欠になります。

優柔不断な人は己の失敗が怖いんです。なかなかそんな性格は変えられません。でしたら、こちらが安全策を確保しておきましょう。

丸投げダメ上司には丸投げをさせない

これやっといて、なんて言われた経験ありませんか。何もわからないまま、やらされる人も決して少なくないでしょう。

しかしダメ上司は、それはお前が調べろ、と自分は部下と関わらないと決めているようなことを言います。

このような上司には、とにかく関与させることが大切です。食らいついてどんどん質問していきましょう。

無視をして発想チェンジ

無能な上司と付き合うだけでもうんざりしてしまいますよね。何かをお願いしようとしても、上司が無能だから自分でやろうとなったり。それが原因であなたの仕事量が大幅に増えてしまうこともあるかもしれません。

そのとき、どこかで上司を期待している気持ちがあるはず。

最初からまったく期待しなければ、仕事の管理もマイペースでできるので、イライラすることもありませんし、無能な上司を目の敵にすることもありません。これがもっともやりやすい無能な上司の扱い方だといえるでしょう。

その段階まで来ると、だめ上司を手のひらで転がすことだって可能です。

いざという時のための準備をしておく

ダメ上司の振る舞いがあまりにも目に余るようであれば、あなたが何かしらの行動をしなければいけなくなるかもしれません。

そんな時に、あなた一人で不平不満を伝えたとしても、そこまで強い影響力があるわけではないので、結局何も変わらずに終わってしまうことは目に見えています。

せっかくあげた声を無駄にしないためにも、仲間を集い、ダメな証拠を集めて、いざというときに備えておきましょう。

いざというときが来なくても、準備をしている、いつでも行動できるようになっていれば、心に余裕が生まれます。

無能な上司をやめさせるなら社長に報告する

無能な上司が誰もが認めちゃうほどのおバカぶりでしたら、その旨を詳しく箇条書きにして社長宛に報告してください。

内部告発ではありません。ただし、あなたがその上司を嫌いだから程度の理由ではダメです。社内の人間関係のゴタゴタはあって当然だと考えている社長もいるので、中途半端な報告では変わらないことをしっかりと覚えておきましょう。

どうしてもダメ上司が合わない時は…

ダメ上司と付き合い続けて、多くの労力とストレスを使うぐらいであれば、いっそのことあなたがその会社を辞めたほうが楽かもしれません。

上司は選べないので、あなた自身で積極的に行動して、環境を変えていくしかありません!

転職を考えようと思った人におすすめなのが「リクルートエージェント」という転職サイトです。キャリアアドバイザーがあなたの経歴にあった求人を提案してくれます。

上司のダメな部分をカバーできる優秀な方なら、想定よりもいいオファーが届くこともあるかもしれません。

登録自体はとても簡単なので、まずは以下のサイトからサービスをチェックしてみてください。

リクルートエージェントのサイトを見てみる

Tags

ライター