何とかしたい!生理前のうつ症状の原因と対策まとめ

生理が始まる少し前から生理が始まるまでの数日間、なんだか気分が塞いでしまったり、些細なことにも気が滅入ったりしますよね。

その現象はPMS(月経前症候群)と呼ばれ、生理前に胸や下腹部が痛くなる身体の変化とともに、ネガティブな心の変化が現れます。

ですが、日頃の生活を少し工夫するだけで症状が穏やかになることもあります。今回は生理前のうつ症状の原因と対策を紹介します。

PMSで悩んでいる方はこちらをチェック!

生理前のうつ症状の原因

ホルモンバランスの乱れ

女性の体内では女性特有のホルモンが主に2種類分泌されており、これらはエストロゲン、プロゲステロンと呼ばれます。

排卵後にはエストロゲンが減少しプロゲステロンが増えますが、この切り替わりがうまくいかないことで、心身ともに不安定になるという説が有力です。

脳内物質の影響

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれますが、生理前はこのセロトニンの分泌量が減ることから、ネガティブな気持ちを引き起こすと言われています。

ストレス

PMSを悪化させる一番の原因はストレスだといわれています。

ホルモンバランスの乱れにより精神的にも不安定になりやすいので、ストレスを溜めこまないことが大切。

仕事中など、同じ姿勢を続けていると、血行が悪くなるだけでなくストレスも高まりますので、時々思い切り伸びをしたり、屈伸運動をしたりするなど、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

食生活の乱れ

主食、たんぱく質、野菜の3点セットに加えて、果物、乳製品を摂るように心がけましょう。

血液をサラサラにすると、血の巡りもよくなり生理痛も軽減されますが、食事を魚定食にするだけでも効果があります。

その他、ナッツ類にも血流を活性化させる働きがあるので、オススメです。ファーストフードやお菓子の食べすぎには注意しましょう。

生理前のうつ症状の改善法

サプリメント

PMSはホルモンバランスの乱れによって引き起こされるので、サプリメントを摂取し普段からホルモンバランスを整えるようにしましょう。

そこでおすすめのサプリメントが「女性のミカタ」。こちらは女性特有の月経の悩みを根本から改善するために作られたサプリメント。

ホルモンバランスに着目し、悩みに特化した成分を厳選配合しています。

今なら定期コースのみ初回限定で半額以下で購入できるので気になる方はぜひ試してみてください。

「女性のミカタ」をチェックする

Tags

ライター