恋愛感情とは?恋愛感情を抱く心理・友情との境目となるサインを紹介!

少しいいなと思っている男性がいるけれど、これは恋?それとも友達として好きなだけ?と、悩む人もしばしばいるのではないでしょうか。

恋愛感情と友情の境って、時々分からなくなることもありますよね。または、周りでは友達が恋愛話に花を咲かせているけど、私にはイマイチわからない…といった経験がある人もいるでしょう。

今回はそんな「恋する気持ち」の心理状態について考えていきます。

また、恋愛感情を抱く相手が全く思い浮かばない場合は、普段から男性と出会う機会があまり無いのかもしれません。そんな場合は、ペアーズを利用して新しい出会いを探すことをおすすめします!

ペアーズは多くの人が利用していて、幅広いジャンルの人と出会えるマッチングアプリです。いままで出会ったことのないような人とも気軽にチャットをしたりできるので、ぜひ利用してみてください。

Pairsに無料で登録する

恋愛感情とは何か?

恋愛感情とは何か、と考えてみても、ずっと近くにいる仲の良い男性などに対しては、恋愛感情を持ってもなかなか気が付かずに、気が付いた時に後悔してしまう可能性があります。

恋愛感情を持っているかどうかよく分からない場合は、その男友達と一緒にいる時のことを思い出してみてください。

もしその時、他の男性に比べてその男性といる時の方が、楽しいと感じたり、ワクワクすると思ったのであれば、恋愛感情を持っている可能性が高いです。

以下では、さらに詳しく恋愛感情についてご紹介するので、自分に当てはまっているものがないか、ぜひチェックしてみてください!

友達から恋愛対象へ

「背が高い」「匂いが好き」「筋肉質である」「声が好き」そういった自分好みの特性を持った人には友達といえども魅力を感じ、恋におちていきます。

また外見だけでなく、たいていの場合、恋愛というものは実際付き合っていく中で生まれます。いつも自分に親切にしてくれたり、気にかけてくれる相手の言動に触れるにつれ、気になる存在となり、恋心へと発展していくことがあります。

友情と恋愛感情の境目がわからない方のために、ただの友達から好きな人へと変わっていくのはどんなときなのか、いくつか紹介していきます。

なんとなく、その人の顔を真っ先に見てしまう

集団の中にいても、真っ先に目に入ってくる人、いませんか?

それほど、目立つ外見でもないのに、自然に視界に入ってくる…。そんな人がいたら、ちょっと意識してみましょう。

「えーー、全然好みのタイプじゃないよー」そういう人もいるでしょうね。でも、好みのタイプだからいい恋ができるとは限りませんよ。

妙に会話がスムーズ

他の異性よりも、会話がスムーズで楽しくできる、という人いませんか?「それは、友だちとして楽しい相手ってこと」そんな風に決めつけていませんか?

会話が気楽にできる相手というのは、そうそういるものではありません。ましてや異性では珍しいはず。

考え方や発想が似ていて、いわゆる「波長の合う」人かもしれまぜん。そういう人を恋人にするとハッピーになれる時間が増えますよ。

相手の異変を知ってとても気になってしまった

その人が風邪で寝込んでいると聞いて、普通に反応していたけど、だんだん心配になって、落ち着かなくなってしまった、なんてことはありませんか?

たいていは、ここで自分の恋心に気付くものですが、なかなか鈍感な人もいます。いつもいるはずの人がいないから、少し気になっただけ。

もしかしたら、人を好きになるのがちょっと怖いと感じているのかもしれませんね。自分に正直になってみましょう。

なぜか視線が合ってしまう

視線が何度も合ってしまうということは、相手もあなたのことを意識している可能性大です。

でも、過去にそういう相手がいたけど、実は自分の勘違いだったなんて経験をしていると、どうしても自分で打ち消してしまいますよね。

素直に自分の気持ちを確かめてみてください。

やたらと、その人に似た人に出会う

まったくの別人なのは、分かっているのに、何故かその人に似た人と出会ってしまう、なんてことはないですか?

「こんなとこにいるはずもないのに」少女マンガのヒロインみたい、と一笑にふすのではなく、自分に問いかけてみてください。

何かにつけて相手のことを思い出す

テレビを見ていて「あ、この女優好きだって言ってたな」「これ、あの人が面白いって言ってた映画だ」

そんなことをつぶやく回数が増えたら、恋が始まってる可能性大ですね。片思いからいまさら始められないわよ、なんて思ってませんか?

別に急に進展させる必要はないのですから、ゆっくり、気持ちを暖めていってはどうですか?

つい、甘えたくなってる自分がいる

異性に対して、すねたり、無茶なことを言ってつい困らせてることはありませんか?

包容力がある感じなので、つい…。別に好きとかじゃなくて…。相手の包容力を意識するということは、すでに好きになっている証拠です。

相手が家庭のある人だったら、ちょっと問題ですが、そうでなければ、ブレーキをかけることはないでしょう。

2人きりになりたいと思う

大勢で会うよりも2人きりで会いたい、そんな風に思ったことはありますか?

好きな相手には2人きりで会いたいと思うものです。「たまには、2人で会わない?」なんて口にしたくなったら、恋愛感情を持っているかもしれません。

グループで一緒にいるだけで充分楽しいと感じる男友達にも、こんな気持ちを感じたら、少し意識してみてください。

他の異性と話してほしくない

ふと見かけたその男友達が笑顔で他の異性と話をしている時、気持ちがモヤモヤする。また、同性の友人がその男性の話をしていたら、なぜか対抗したくなる。友達には取られたくないと思う。

これらの事が当てはまったら、それは嫉妬かもしれません。そして、嫉妬は恋をしている時に起きる感情です。

恋愛感情ではなくただの男友達ならば、他の異性と話していようが噂になろうが気にしないですよね。

ここが恋愛感情と友情の違いです。

昼間も会いたい

グループでお酒を飲む席ももちろん良いけれど、たとえランチだとしても昼間会えるだけで嬉しい。

恋はほんの少し会えるだけでも幸せだと感じるものです。

下心のない潔白な恋心を持っていたら、もっと相手の男性のことを知りたいという思いが強くなります。

酔わずに真剣な話がしたい。そういった思いが湧き上がるのは、本物の恋愛感情かもしれませんね。

困ったことがあったら一番に相談したい

困ったことがある時、1番に浮かぶ顔は誰ですか?人の感情を動かす要因となるのは「深い共感」にあると言われています。人は、誰にでも本音で付き合っていけるわけではありません。

そんな社会生活の中、自分を隠すことなく本音で接していける相手には安心感が生まれ、それが恋へと発展していくと言われています。

このポイントで友情か恋愛感情かを判断するのは少々難しい所ですが、相談したくなるという事はそれだけ信頼関係にあるということでしょう。

また、自分ならいい加減に済ませてしまうようなことにも一生懸命取り組む姿を見た時や、普段は能天気に見えてもいざという時に一生懸命な姿が見えた時など、頼れる一面を見ると女性は相手を異性として意識します。

そういった相手を尊敬できるような場面が続くと、その人に対して特別な感情を抱くことがあります。自分では意識していなくても恋への第一歩になるのです。

何かしてあげたいと思う

相手の意思を無視し自分の価値観を押し付けることは、その男性を自分の都合のいいように扱っているだけで、自分の得になることばかりを考えていると言えるでしょう。

異性として好きだと思う場合は、彼のためにできることをしてあげたい、という気持ちを抱く女性が多いです。その男性に対しては優しい気持ちになることができます。

まだそういう相手に巡り会えていないという人には、マッチングアプリのペアーズをおすすめします。ペアーズでは、さまざまなキーワード検索で、自分が相手に求める条件をかんたんに設定することができるので、とても便利です。

恋愛をしたいと考えているかなりの数の登録者がいるので、自分が頼りたいと思えるような素敵な男性が見つかるかもしれません。

Pairsに無料で登録する

楽しさや喜びを共有したいと思う心理

恋愛感情が芽生えるという現象は、心理学的にきちんとした理由があります。楽しいことや悲しい出来事を共有できる相手は、あなたにとって大切な人です。

同じように喜んだり出来るということは、自分と同じような感性や価値観をもっているということです。そんな相手には特別な感情を抱きやすく、恋に進展する可能性があります。

他にも今から紹介するような感情に気づいたら、まさしく恋愛感情を抱いているというサインです。ぜひ自分と照らし合わせて考えてみてください。

触れたいと思う

好きな男性には、少しでもいいから触れてみたいと思うもの。

女性は、好きな男性には触れられたいと思い、男性は好きな女性には触れたいと思うでしょう。

友達として好きな人とは、ボディダッチも気軽にできてしまいます。しかし、恋愛的に好きな人だと、気軽に触れられない場合がほとんどです。

そんな気持ちになるのは、やはり相手を魅力的だと思い、恋愛感情を抱いているからかもしれません。

キスしたいと思う

キスができるか?これは恋愛感情と友情を見極める大きなポイントです。

友情の場合はキスがしたい、抱きしめられたい、などと思う事はあまりないでしょう。

しかし、恋愛感情を抱いている相手だとキスをしたい、抱きしめられたいと自然に思うようになるかもしれません。

頭から離れない

相手のことが頭から離れないというのは、紛れもなく相手を異性として好きである証拠です。

友情は、相手の人間性に対する尊敬や、共感がベースにあることが多いでしょう。

仲良くなるという事は話していて楽しい、ためになる、勇気づけられるといった、その人と一緒にいたい理由があるはず。

しかし恋愛感情とは時として、人間性なんかすっ飛ばしてとにかく理由もなく引き込まれることがあります。

「恋はするものじゃなくて、落ちるもの」という名言もあるくらいです。

一目惚れをする事もあれば、人間性に欠点があったりするのにどうしても好き…など、一緒にいたい理由が明確、という訳でもないのに、相手のことが頭から離れない場合もしばしばあります。

連絡がないと寂しい

返信が来ないな…と頻繁に携帯を確認することが増えたら、恋を実感してしまう人が多いようです。

相手との駆け引きを楽しんでいる時はなおさら。メールのやりとりは、現代の恋にはつきもの。

送信ボタンを押す前に何度も何度も内容を確認したり、送信する時間をわざと遅らせたり、そういった駆け引きをするのは、恋愛感情を抱いているからです。

仲の良い友達にもし間違ったメールを送ってしまっても、「今の誤送!」と軽く送れますよね。

好きな男性にはそうはいきません。「なんであんなメール送ったんだろう……」と後悔してしまうこともあるでしょう。

仲の良い友達からのメールも嬉しいですが、恋愛感情を抱く相手からのメールは開封する時にドキドキしてしまうはずです。

思わずスクリーンショットを撮って保存したくなる瞬間もあるかもしれません。

ずっと一緒にいたいと思う

ずっと一緒にいたいとは、毎日顔を合わせても飽きないということ。それは本物の恋する気持ちでしょう。

単なる男友達には「たまに会うから良いんだよなあ」「呼び出されても、わざわざ行くのは面倒だな……」と思ってしまいます。

こういった気持ちにならず、毎日会いたいと感じたり、触れ合いたいと思うならば、素直に恋愛感情だと認めましょう。

恋だと認めることができたら、ただの友達から、さらに進展できるかも。

優しくなれる

最近周りの人にも優しくなれる気がする時は、恋をしている証拠かも。

恋をすると性格が優しく変化する人が多いようです。人を好きになることで幸せな気持ちになり、心に余裕が持てるからなのでしょう。

逆に、恋が上手くいっていない時は何事も悲観的になり、マイナス思考になりがちです。

「最近優しくなったよね」なんて言われたら誰かに恋愛感情を抱いているからなのかもしれません。周りの男友達などに目を向けてみましょう。

恋愛感情は突然気づくもの

恋愛感情についてや、その見分け方をご紹介してきましたが、いつも一緒にいる男友達に対して、ご紹介したような感情を抱いていたら、その男性に対して恋愛感情を感じているのかもしれません。

もし今ピンと来なくても、これから周りの男友達にどんどん目を向けてみてください。また、男友達とはやっぱり友達として付き合っていたい、という方には、新しい出会いを探してみるのもおすすめです。

マッチングアプリのペアーズでは、フェイスブックを利用して、気の合う男性とかんたんに出会うことができます。

マッチングアプリと聞くとあまりいいイメージがないかもしれませんが、最近はすごく一般化されていて、やり取りはいつでもきちんと管理されているので、不快な思いをしたくない方にもおすすめです。

また、フェイスブックなどのSNSには一切投稿されないので、友達にばれたくない方でも安心して利用できます。ぜひペアーズで素敵な男性を探してみましょう。

Pairsに無料で登録する

記事の著者

恋愛の悩みをもっと見る