結婚式前日の過ごし方をご紹介:未来へ進むからこそ過去に感謝

明日はいよいよ待ちに待った結婚式。ずっと前から準備してきた結婚式だからこそ、前日はどう過ごしますか?

結婚式前日の過ごし方で悩む人も少なくありません。

独身最後だしと言って、羽目をはずすのはおすすめしません。お酒を飲むとむくんでしまうので、避けた方が良いでしょう。

代わりに、どのように過ごしたら良いか経験談から考えた、様々な方法を提案します。

結婚式の準備はもちろん、周りの人たちへ改めて感謝し、体調を万全にするのがベストでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

結婚式前日の過ごし方

当日の持ち物チェックはキチンと

結婚式当日は何かとバタバタします。家族の中でいち早く式場に到着しないといけないですし、当日何か足りないという事態は絶対に避けたいものですね。

式で使用する衣装や引き出物、手紙などすべて準備出来ているか確認しておきましょう。

そのために持ち物をリスト化をしてチェックリストを作っておくと良いでしょう。そうすれば当日バタバタ慌てる必要はありません。

スピーチを頼んだ人に一言連絡をしよう

結婚式はスピーチや余興をお願いしている方々がいるかと思います。役目をお願いしている方々に「明日はよろしくお願いします。」と一言連絡をしておきましょう。

メールではなく、電話をして直接連絡する方がベター。

実際の持ち時間や進行の確認など、改めて行っておくのが良いでしょう。

必要であれば、ホテルスタッフの人や司会の方にも事前に連絡をとっておいても良いのではないでしょうか。

明日のスケジュールを再確認

結婚式前夜は結婚式そのものに対する緊張や意識の高まりで休まらない部分もあるかもしれませんが、結構式当日はいきなり結婚式そのものから始まるわけではないことを忘れてはいけません。

朝起きてから夜寝るまでの具体的なスケジュールを、再確認することで思わぬ気付きがあるかもしれません。明日のこと1日をイメージすることで、不安も取り除かれるでしょう。

また、なにかネガティブなことに気づいたとしても、あなたの横にはこれからの人生をともに歩む大切なパートナーが居ます。遠慮することなく、アドバイスを求めましょう。

前日こそ、家族で過ごす

結婚式前日は家族水入らずで過ごしてみることを提案します。

両親や兄弟と過ごすことで、自分がこれから作る家族の形を改めて考えるきっかけにもなるでしょう。

また、今まで育ててきてくれた家族に対して感謝の気持ちも膨らみます。

結婚式の前日の緊張もほぐれることにもなるでしょう。ぜひ、家族と過ごしてみてはいかがでしょうか。

身体のチェック

顔や背中、腕など吹き出物はありませんか?

それまでに花嫁用のエステやブライダル用のケアを既にしていると思いますが、特に前日は念入りにチェックを行いましょう。

吹き出物が出やすい人は、予め皮膚科に行っておき、塗り薬を処方しておいてもらえば良いかもしれません。

背中など自分で見づらい場所も同様、ケアを怠らないようにしておきましょう。

十分な栄養を普段から取っておいてくださいね。

恋人と二人で過ごす

恋人として、最後に過ごす二人の夜になります。明日からは夫婦として、結婚式前日は恋人として楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

あまり夜遅くなると次に日に響くのでおすすめしませんが、今までを振り返っていろんな思い出に浸ってみるのも良いでしょう。

堅実な二人には、結婚式当日の段取りを確認することも良いかもしれませんね。

何はともあれ、恋人としてゆっくり過ごす最後の日として楽しんでみてください。

想い出を整理する

結婚式前日は、来たるべき明日に向けて色々なことを考えてしまうことと思います。結婚式を含めた未来については色々なことが想像され、キリがなくなってしまうこともあるかもしれません。

そこで、一度過去を振り返ってみてはいかがでしょうか。過去は確定的なものであり、そこには事実があるだけです。これも、決してシリアスな回想をするのではなく、家族やパートナーと「あんなこともあったなぁ」というレベルの会話で構わないのです。

そういった中から、明日の結婚式における思わぬ良いヒントが出てくるかもしれませんし、パートナーや家族の意外なエピソードを聞いて和めることもあるでしょう。

この時、ネガティブなことを思い出したとしても、明日という最良の日があるのだから、決して不安になることはありません。前向きにいきましょう。

ゆっくり休んで早く寝る

当日は自分が主役です。たくさんの人の前に出ることになります。やつれた顔や疲れ切った顔を見せるわけにはいきません。いろいろと準備をしてきたからこそ、前日はゆっくりして、早く寝ることにしましょう。

心身共にリラックスした状態で早く寝て、当日すがすがしい気持ちで起床出来ると、最高に良い状態で結婚式を迎えるのもいいかもしれません。

記事の著者

結婚式の悩みをもっと見る