彼氏が欲しいけど出来ない!職業・タイプ別でみる彼氏の作り方を徹底解説

彼氏が欲しいけどできない!これは女性に取っての永遠の悩みであり、永遠の課題だったりします。

多くのメディアで「彼氏の作り方」などの記事を見かけますが、実際参考になるものは少なく、フワッとした内容のものに不満をいだいたことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、彼氏の作り方をとにかく論理的に!(笑)そしてタイプやシチュエーション別に徹底的に考えてみました。

はじめに

shutterstock_363900668

まず最初に確認しておきたいことは、どんな女性であっても彼氏をつくるまでには3つのステップがあります。

(1)男性と出会う
(2)その男性とデートをして、お互いに好意を持つ
(3)告白して(されて)、付き合う

今回は、この3つのステップでチャンスを最大化して、彼氏を作る方法を徹底的に考えてみました。

職業やパターン別に

またひとくちに彼氏を作るといっても、職業やその人の性格によって彼氏の作り方も変わってきます。例えば、学生と社会人では出会いの場も違えば、積極的な人と内向的な人では出会いから彼氏になるまでのハードルも違います。

そこでこの記事では、各ステップの中でも職業やパターンによって注意する点や気をつけるべき点なども記しておきました。完全に自分のシチュエーションに合うことは少ないかもしれませんが、なるべく自分に近いタイプや状況を見つけて徹底的に彼氏を作る方法を考えてみましょう!

男性と出会う

まずはじめは、「男性と出会う」という最初にして最大のハードルです。多くの人が「彼氏欲し〜」と言っている時、ほとんどの場合はそもそも出会いの数がないという問題と結びついています。

3つのステップで最も重要なのは、出会いを最大化することです。実際、「彼氏ができない」と語る人は性格やビジュアルのことを気にしがちですが、考えてみればどんな人であっても、なんだかんだ彼氏を見つけています。

つまり、性格やビジュアルで「得をする人損をする人」はもちろんいますが、それが決定的な理由というよりも、そもそも「自分の性格やビジュアルを受け入れてくれる人と出会えるか」という問題に尽きるわけです。

では具体的に、どのように男性と出会っていけば良いのでしょうか。

学生の場合

出会いのシチュエーションは、学生か社会人かによって異なります。

まず学生の人は、大学生未満の場合はほとんどクラスや部活、友達の友達などでしょう。女子校の場合は、出会いがないため塾や学校の先生にいくというケースもありますが、中学生や高校生にとってはこうしたコミュニティーの中で、ある程度の出会いを見つけることが多いはずです。

出会いの方法が限られていることや、彼氏が欲しいというニーズもそれほど強くないため、今回は大学生未満の学生については触れないことにします。

では大学生や専門学校生など高校生以上の学生はどうでしょう。具体的には、大学生の出会いはクラスやサークル、友人の友人などに分けることが出来ます。飲み会も多く、友達同士で遊ぶことも多いイメージの大学生ですが、意外にも大学1年生など新入生でコミュニティーが決まってしまった後は、あまり出会いが広がらない傾向があります。

そのため、もしサークルやクラスに良い人がいない場合は、自分から積極的に出会いを求める必要があるでしょう。すでにクラスやサークルで気になる人がいるという場合は、このステップは読み飛ばしてしまって大丈夫ですが、そうではない人は、社会人=コミュニティー内で出会いがない人のケースを見て、自分から積極的に出会いを探す手段を見ていきましょう。

社会人=コミュニティー内で出会いがない人の場合

shutterstock_488101639

社会人はほとんどの場合、コミュニティー内で出会うことは難しいです。そのため、自分から新たなコミュニティーに参加したり、それ以外の出会いの手段を見つけることで、新しい出会いを見つけましょう。では具体的に、どのような出会いがあるでしょうか?

サークル

大学生でなくとも、社会人サークルのような集まりに参加することは出来ます。例えば「ジモティー」という地域の掲示板から、社会人サークルに参加することも1つの手段です。

もちろんこれは大学生でも入れますし、大学のサークルに参加していない人や、そこで良い出会いがない人は検討してみましょう。趣味や関心のある分野を通じて仲良くなれば、相手との会話も弾みますし、人見知りの人であっても話題に困らないはずです。

合コン

鉄板の手段は合コンです。お互いが「出会いの場」として意識している合コンでは、お互いのタイプの人がいれば恋人となる確率は高いでしょう。

ただし合コンのデメリットとしては、誰かに開催してもらったり自分が主催する必要があり、友人が少なかったり、あまりそういった場所に慣れていない人にとっては決してぴったりとは言えません。

またコストの問題もあります。合コンで女性が支払いをする額は多くありませんが、毎週開催していれば出費もバカにはなりません。一度の合コンに4人の男性が来るとしても、そこでタイプの人が現れる保証はなく、その意味では合コンはハードルの高い出会いの方法だといえるでしょう。

友人の紹介

shutterstock_490362511

友人の紹介は、信頼できる友人であれば安心できる方法です。もしその友人が自分の元カレやタイプを知っているなら、自分にピッタリの人を紹介してくれるでしょう。デメリットとしては、紹介された人がタイプでなかった場合、断りづらいということがあるかもしれませんが、もし友人から勧めてきた場合は心配いりません。

友人に「誰か紹介して〜」と頼む場合は、予めタイプや好きな人の傾向を伝えておき、ミスマッチが起こらないようにすることが大事です。

しかしこの方法も、友人が良い人を知っている前提があり、少し運頼みではあります。

マッチングアプリ

これまで見てきた出会いの方法は、いずれもコストパフォーマンスが悪かったり、運頼みであったりという難点がありました。そんな中でオススメなのが、マッチングアプリです。

おすすめのマッチングアプリ・ランキング!女子大生が勧める1番の恋活アプリは?」という記事で詳しく説明していますが、最近では出会いの手段としてマッチングアプリが確立してきています。

これまでの出会い系のイメージとは異なり、本人確認をした写真入りで安心して利用できる点が特徴で、アメリカでは1/3の人がマッチングアプリで結婚しているというデータもあります。

日本でもマッチングアプリの利用はどんどん増えてきていますが、その理由はやはり効率の良い出会いという点でしょう。自分のタイプから男性を探し、事前に顔が見れ、メッセージで性格や人柄を知ることができます。

誠実に恋活をしている人も多く、女性は無料で登録できます。しっかりとタイプの人を選んで、デートに至れば、合コンや友人の紹介よりも確実な出会いを手に入れることができるはずです。

ペアーズに登録してみる

デメリットとしては、ネットの出会いが怖いという点があるかもしれませんが、本人確認の書類提出が義務付けられていることで、かなり安心できる方法になっていると言えます。

ナンパ・町中で

もちろん出会いの方法には、ナンパやバーやクラブなど出会いの場に出かけるという手段もあります。出会いというと、合コンと並んでこうした場所にイメージが強いかもしれませんが、実際にナンパや逆ナンなどで出会える人は一握り。

そうした場には、ワンチャン狙いの男性も多く、真剣に出会いを探している場合は望ましいとはいえないでしょう。もし積極的な性格の人や、とにかく今すぐ男性と出会いたいという人にはぴったりの出会いとはいえますが、そうではない人にはおすすめできない出会いだと言えます。

1番の出会いの方法は?

これまで幾つかの出会いの方法を見てきましたが、どの方法が1番良いのでしょうか?やはり、出会いに積極的な人でない限り、マッチングアプリがオススメだと言えそうです。

もちろん友人の紹介やサークルなどの方法が1番当たり障りのなさそうではありますが、効率という観点から考えると、少し問題がありそうです。マッチングアプリであれば、気になる人にいいねを送れば何人かはマッチングすることができます。

事前に顔写真はもちろん、性格や人柄までも把握できる点から考えても、マッチングアプリで出会うことは最も効率的だと言えそうです。

男性とデートをして、お互いに好意を持つ

shutterstock_393638380

では次のステップである、「男性とデートをして、お互いに好意を持つ」という部分です。

デートして互いの好意に発展するかは運ではあるものの、「加点を目指すよりも、減点をなくす」ことでデートを成功させることはできます。このステップでは、学生や職業などはあまり関係がありませんが、性格や男性に慣れているか否かといったパターンによって、対応が変わることがあるでしょう。

このステップでは、こうしたパターンにわけながら考えていきましょう。

おとなしい性格の場合

デートで男性から行為を抱かれる場合、そのデートが盛り上がる必要があります。服や外見を気にしがちですが、やはり大事なのはその場が盛り上がるか。おとなしい性格で、あまり会話を続けるのが上手くない人は、しっかりの自分の性格を伝えましょう。

男性にとっては、そのデートが盛り上がったのか?女性は楽しいと思っていたのか?というのは、その次に連絡をする重要なポイントです。もし女性が興味を持っていたとしても、男性とうまくコミュニケーションを取れないことで、「脈なし」だと判断されてしまっては勿体無いことになります。

デート前には「緊張して上手く話せないかもしれない」「男性と2人でデートに行くことがないので緊張してしまう」「喋ることが苦手」だとしっかりと伝えて、デート中やデート後には「楽しかった」「うまく話せなかったけど、次回は頑張りたい」などと、自分の気持ちをしっかりと伝えましょう。

社交的な性格の場合

社交的な人にとって、デートはあまり難しいものではないかもしれません。しかし反対に、相手が話すことやコミュニケーションが苦手で、引け目を感じてしまうことがあるかもしれません。もしそうした男性には興味がわかなければ大丈夫ですが、もし相手がそれを気にしすぎることで次のデートに繋がらなければ残念です。

そんな場合は、いつもより多めに相手のことを質問するように心がけてみましょう。彼に「自分に関心がある」と認識してもらいつつ、自分ばかりが話してしまわないように注意することが大事です。

見た目で気をつけるべきは?

shutterstock_276682511

ではより直接的に、見た目で気をつけるべきポイントはあるのでしょうか?もちろん、清潔感やあまりにも露出が激しかったりカジュアルな服装でデートに行くのは避けたほうが良いでしょう。

ただしこれは常識の範囲内で、ということです。よく「清楚系ファッションで」や「ワンピースで」というアドバイスがありますが、実際にはどのようなファッションを男性が好むかは人それぞれです。無難な服を選ぶという手もありますが、何回かデートを繰り返していくうちに自分の好みは分かってしまいます。

初回を清楚系でいったとしても、その後のファッションに困ってしまうことは避けたいところ。だからこそ、自分らしい服をチョイスするのが最終的にはおすすめになっていきます。

ファッションに疎い人は?

まったくファッションに疎い!という人は、インスタグラムやWEARといったアプリがオススメです。

WEARは眺めているだけでオシャレなファッションが見つかりますし、インスタグラムでは「#今日のコーデ」というタグを参考にして、自分のあったファッションを選んでみましょう。

ネイルや髪型は?

自分らしい服装とは言え、あまりにも奇抜な格好は避けたいところ。例えば、ゴテゴテのネイルや個性的な髪型は、自分らしいスタイルではあるものの、それを好まない男性が多いということは理解しておいたほうが良いかもしれません。

普段からオフィスカジュアルな服を来ている人は選びやすいかもしれませんが、オシャレ過ぎる仕事の人であったり、あまり私服を着る機会が少ない人は、先程のアプリや雑誌などで簡単に流行を抑えておいても良いかもしれません。

告白して(されて)、付き合う

shutterstock_509724559

デートが成功したら、いよいよ最後は告白して付き合う、というステップです。とはいえ、ここまでくればほぼ彼氏はできたも同然…ですが、実際にはそう上手くいかないこともあります。

例えば、付き合う前にヤッてしまった!というパターン。デートを繰り返していき、良い感じになってきて、思わずお泊りしてしまった!というケースは少なくありません。

もちろん、そのことで「誠実ではない男性」というイメージから、彼氏候補ではなくなってしまうこともありますが、「なぜ自分はいつも友達止まりなんだろう」「セフレ止まりなんだろう」と悩んでしまう人もいるはずです。

そこで最後は、なぜ私は最終的に付き合うことが出来ないのか?という点を考えてみます。

なぜ友達・セフレ止まりなの?

彼氏がほしいのに、いつも友達・セフレ止まりになってしまうのは、2つのパターンがあります。1つは、チャラい男性ばかり好きになってしまう問題、そしてもう1つは、彼女にするための決定打がない問題です。

まず最初のチャラい男性ばかり好きになってしまう問題については、いわゆるダメンズウォーカーというやつです。例えば顔ばかりで男性を選んでばかりの人は、一度性格や人柄に注目してみてはいかがでしょうか。あるいは、すぐに身体を許してしまう場合は、昼デートを繰り返してみるという手もあります。

もう1つの彼女にするための決定打がない問題は、どうでしょうか。これは難しい問題かもしれませんが、例えば性格や立ち振舞を見直してみるチャンスかもしれません。

決定打がない性格って!?

shutterstock_447472186

では決定打がないとは、どのような性格なのでしょうか?

実際には自分の性格などそうそうには変えようもなければ、変える必要もないかもしれません。冒頭に言ったとおり、誰にだって彼氏はできるわけで、出会いのチャンスが少ないからだけという理由が大半でしょう。

しかし例えば、ちょっとした気遣いを積み重ねることは彼氏だけではなく、周囲の人と気持ちよく過ごすポイントだったりします。

例えば、お会計をする時に財布を出す動作をするかという論争は昔からありますが、ちょっとした気遣いをすることで相手が気持ちよくなるのであれば、試してみても良いでしょう。

他にも会話をしている時に無意識にスマホを触ったり、自分本意な発言が気づかないうちに出ていることはないでしょうか?

また人間は誰しも不機嫌になったり、気分が乗らないときもあるかもしれません。そういった感情を伝えることも大事ですが、あまりにもネガティブな感情を気遣いなしに出してしまうと、人間関係が上手く行かなくなってしまうでしょう。

どれだけ美女であっても、こうした気遣いがないと彼女として毎日付き合っていくのは難しいはず。かならずしも良い人になる必要はありませんが、もし「あと一歩で彼氏ができない!」という人は、すこし立ち止まってみても良いかもしれません。

おわりに

shutterstock_520617565

これまで見てきたように、彼氏を作るのはそれほど難しいことではありません。最初の出会いで躓く人が多いはずですが、最近では出会いの方法も多様になってきています。

また実際に出会ってから付き合う上では、自分の性格やタイプを考えて、ちょっとしたことに気をつけていけば、後は相性の問題。経験を積んでいけば、きっとあなたにぴったりの人に出会えるでしょう。

ぜひ諦めずに、出会いのチャンスを最大限活かして、彼氏を作って楽しい日々を送ってください!

まずは新しい男性と無料で出会う

Tags

ライター

Saras News編集長。早稲田大学文学部卒業後、IT企業に入社してネットメディアの立ち上げなどに参画。