社会人が食事会で気をつけるべきマナーまとめ:最低限のテーブルマナーを押さえよう

若い頃は気にならなくても、社会人になると意外と見られているのが食事中のマナー。特に男性と女性が同席するような食事会では、異性のマナーは特に目につくでしょう。

男性は女性のマナーを細かい所までチェックしています。今回は、男性から見て気になる女性の食事会マナーについて、気をつけておくべき点をいくつか紹介します。

社会人が食事会で気をつけるべきマナー

1. ファッションに気をつける

せっかく男性と食事をするのに、カジュアルすぎるファッションはNG。男性はやる気がないのかと勘違いしてしまうかもしれません。

あまり派手すぎない、女性らしさを演出できるようなファッションを心掛けましょう。

2. うるさくしない

咀嚼する時にクチャクチャと音をたてたり、ナイフやフォークを使う時に食器をガチャガチャと音を立てたり…。

最低限のマナーができていないのは最も小言を言われるパターン。特にマナーにうるさい男性の場合は厳しくチェックしています。

3. 食べ過ぎない

基本的に男性の方がよく食べますが、料理が美味しいからといって食事に夢中になり過ぎるのはNG。

あくまでも男性との食事会ということを意識し、会話を楽しみながら食欲に走らないように注意しましょう。

4. 好き嫌いをしない

何種類もの料理の中には、自分が嫌いな物が出てくるかもしれません。かといってまったく手を付けなかったり、最初から端によけてしまうのはNG。

あまりにも偏食が過ぎると普段の食生活の質が疑われ、男性からの印象は悪くなってしまいます。

5. お酒を飲み過ぎない

お酒が大好きな女性の方も多いと思いますが、男性との食事会で飲みすぎはNG。

隙を作りやすいお酒も飲みすぎて酔っ払って乱れてしまうとまったく逆効果。男性に迷惑をかけてしまったせいで、二度と連絡がこなくなるかもしれません。

6. 喋りすぎない

あくまで男性との食事会ですので、いつもの女子会のノリはNG。少しミステリアスなぐらいがちょうど良いもの。

最初から喋りすぎてしまうと、男性も聞き疲れてしまい、最後には無言で食事することになるかもしれません。

最低限のテーブルマナーを覚える

特別な知識は必要ありませんが、特にレストランなどでの食事の場合は、ナイフやフォークの使い方やある程度のテーブルマナーを事前に身に付けておきましょう。

あまり堅苦しく考える必要はありません。ただあまりにもマナーを知らず常識はずれの行動をすれば、自分が恥をかくだけでなく相手の男性にも恥ずかしい思いをさせてしまいます。

またマナーを知っていることで、常識のあるきちんとした女性であるとアピールでき、好印象を与える事にもつながります。食事会を楽しく有意義な時間にするために、自分で情報を集めてマナーについて少し学んでおきましょう。

ネガティブな話はしない

料理やお店のサービスが自分の期待通りではなかったとしても、男性の前でネガティブな発言をするのは控えましょう。

せっかくあなたを喜ばせるためにセッティングした場を貶されてしまったら、プライドの高い男性は傷つき、2度と食事に誘ってくれなくなるかもしれません。

また、仕事の愚痴や同僚の悪口などもNGです。場がしらける上にあなたの人間性が疑われ良いことはありません。

ふたりで食事に来ているのですから、二人の未来につながるような、楽しい会話を心がけましょう。

記事の著者

マナーの悩みをもっと見る