【状況別】復縁に必要な冷却期間

恋愛をするとお互いの気持ちが噛み合わないことは良くあります。そんな時に、「冷却期間」というフレーズを誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。では、冷却期間と一言で言っても、いったいどれくらいの期間をおけばいいの?と悩んでいる人も多いはずです。

そんな悩みをお持ちの方へ、ケース別に冷却期間をどれくらい設ければいいのか、まとめてみました!

冷却期間とは

「冷却期間」とは、書いて字のごとし、事態を冷却する期間です。恋愛関係において、お互いの感情を冷却する期間のことを言います。

カップルが破局してしまう理由はそれぞれかと思いますが、気持ちのすれ違いによることが多いです。お互いに誤解をしていたり、勝手な思い込みから嫌気がさすことで起こってしまいます。

失恋のショックから、自分を抑えきれずに相手にぶつかってしまったり、しつこく責め立ててしまったりと、復縁とは真逆の行動をとってしまうことがあります。

そのようなことを防ぐためにも、双方の感情を鎮静化する「冷却期間」が必要です。

適切な期間

相手との関係性によっても変わってきますが、大きく分けて以下の3つの期間に分かれます。

・1週間

・1か月

・3か月

別れた時の事態が悪ければ悪いほど、それに比例して冷却期間を長くとります。実際にどれくらいの期間を置けばいいのか、ケース別にお伝えします。

1週間

冷却期間が短いくても良い場合というのは、自身も感情的ではなく、別れた時も落ち着いていた時です。

相手にマンネリを感じていたり、忙しさから破局を迎えてしまった時、未練タラタラな態度は出さずに、相手を考えてサッと身を引いた別れ方をしたならこのくらいで問題ありません。

しかし、そのような別れ方でも自分の感情が抑えきれないのならば、感情がコントロールできるまで長めに時間をおき、その後もう一度アプローチしてみましょう。そのほうが、復縁できる可能性も高まります。

1か月

1か月の冷却期間が必要な場合は、別れの際、相手と意見のぶつかり合いをしてしまった時です。

相手からすると、あなたは自分の気持ちを分かってくれない人、自分のわがままを押し通す人だと思われています。

1か月の冷却期間で外見・内面ともに自分を磨き、次彼に再会したとき、変化に気づいてもらえるように努力しておきましょう。彼があなたの努力に気づいてくれたのなら、復縁の可能性も十分にあります。

3か月

3か月の冷静期間を要する場合は、別れの際、意見のぶつかり合いをし、その場でしつこく「別れたくない!」などと駄々をこねてしまった時です。

相手は別れたいと思っていたのに、しつこくされてしまうと、ますますあなたにとってマイナスの方向へ進んでしまいます。最悪、相手と連絡を取れなくなってしまうこともあります。

ですから、彼と連絡が取れていないのなら、3か月の期間は必要ということです。その冷却期間の間に、自分を磨き、異性からも同性からも魅力的に見えるように変身しましょう。

自分が変わることで、周囲のあなたに対する見方も変わってきます。その周りの目が変われば、元カレのあなたに対する見方も変わってきます。


Tags

ライター