中距離恋愛を長続きさせる7つのコツ:プレゼントが効果的!

遠距離恋愛は珍しくありませんが、実は中距離恋愛をしているカップルもたくさんいます。

近距離恋愛のように頻繁に会うこともできないし、だからといって遠距離恋愛のように再会したときの感動がそこまであるわけでもありません。

また、地味にかかる時間やお金が原因で別れてしまうパターンも少なくありません。

そんな複雑な距離感から盛り上げるためには、お互いの努力が必要です。

そこで、中距離恋愛をうまく続ける7つのコツを紹介します。

信頼関係をうまく築く

連絡を取り合う

中距離恋愛は、意外にも遠距離恋愛よりも疲れが溜まります。遠すぎて諦めがつく遠距離恋愛に対して、会いに行けてしまう中距離恋愛です。

「彼は今何してるんだろう」「まさか浮気してないよね?」など不安が募りやすい距離感のため、心労が溜まりやすく別れてしまうカップルが多いです。

この問題を解決するには、お互いの信頼関係がとても大切です。お互いの状況をしっかり連絡を取って伝え合い、信頼関係を作ることで距離感は埋められます。

文字で気持ちを伝える

便利な携帯電話のせいでデメリットになってしまいがちな中距離恋愛ですが、文章術を磨くことでメリットにもなります。

文章力を磨くことは、コミュニケーション能力が高まることにつながり、気持ちを上手に文章で伝えることで、活字だけでも2人の気持ちを盛り上げることが出できます。

また、出来事すべてをSNSで公開してしまうのではなく、2人だけの秘密を共有することでより距離が縮まるでしょう。

良い距離感を保つ

会う頻度を考える

仕事帰りなどで簡単に会えるわけではないのが中距離恋愛です。あまり会えない日が続いてしまうと、「付き合っている意味あるのかな?」と疑問を感じてしまいます。

距離が離れているからこそ、最低限の合う頻度を決め、恋人との時間を大切にしましょう。時間が合えば会うのではなく、お互いのために合う時間を作ります。

しかし、無理に会う頻度を増やしてしまうのも、あまり良くありません。時間やコストもかかるわけですから、お互いが負担にならない程度にしましょう。

デートの場所をお互いの中間あたりにしたり、交通費を割り勘するなどの工夫があると良いかもしれません。

寂しさを感じてないときこそ会う

今は、テレビ電話などで距離が離れていても簡単に相手のことを感じることができます。しかし、直接会う以上にお互いの愛情を確かめ合えることはありません。

連絡が無料で手軽になったため、「今週末会える時間あるけど、電話でいっか」と考得てしまいがちですが、1度このような考えになってしまうと、そのあとも段々と会わなくなってしまいます。

そうなってしまうと、気持ちを戻すのは大変です。それを避けるために、会わなくてもいいかなと思ったときほど、直接会って気持ちをきちんと確かめましょう。

集中するときは集中して

離れていると、寂しい気持ちからすぐ彼のことが頭に浮かんでしまいます。

会えないモヤモヤがマイナス思考へと考えしまうこともありますよね。その結果、勝手な想像で相手に強く当たってしまったり、必要以上に連絡を取ってしまったり相手に迷惑をかけてしまうことがあります。

そんな時は、離れているのだから会えないのは仕方ないと気持ちを割り切り、自分の目の前のやるべきことに集中して取り組みましょう。目標を持っている人は、人間的にとても輝いています。

次会うときまでに、もっと輝いた自分を見せてやるんだという気持ちで日々過ごしましょう。

会えない時は贈り物を

会う頻度を決めていても、会えない時もあります。そんな時こそ、LINEや電話を欠かさないのは当たり前ですが、それだけではマンネリ化してしまいます。

そんなときは、ちょっとした贈り物をしてみましょう。誕生日やイベントではない時のサプライズプレゼントは、とて新鮮でもうれしいはずです。

出張中に見つけたお菓子を送るもよし、似合いそうなアクセサリーを送るのもよし、会っていない時も自分のことを考えてくれているのだと分かるととても嬉しいものです。

相手の大切さを考える

会いたいときにすぐに会えない距離だからこそ、会ったときのうれしさは倍増です。だからこそ、会っている時間は1秒でも大切にします。

近すぎては感じることのできない、相手の大切さに気付くことのできる中距離恋愛。

相手があなたにとっていかに大事なのか、会える時間の尊さを考え直すいい距離感ではないでしょうか。そのことを2人で共感できた時、2人の距離もぐっと縮めることが出来ます。


Tags

ライター