生まれつき「美人顔」の決定的な特徴7つ:バランスが大事!

美人な方は女性でも見とれてしまうこともありますよね。

可愛いといわれる女性はある程度多いように思いますが、美人となるとあまり多くないように感じます。

では、美人と言われる女性はどのような特徴があるのでしょうか?

今回は生まれつきの美人である特徴を紹介します。

美人顔の特徴

1.バランス

顔のパーツのバランスが整っていることが美人な顔立ちの特徴のひとつです。

パーツそれぞれを見ると整っているのに、美人とはいえないという方もいるはず。それはそれぞれのバランスが整っていないからなのです。

顔のバランスには美人の比率があり、縦のバランスは髪の生え際から眉頭、眉頭から鼻の下、鼻の下から顎の先までの比率が1:1:1であること。

そして横のバランスが顔の幅が目を5つ分になるような幅であることが美人の条件です。

2.鼻筋

パッと目に付くのが顔の中心にある鼻筋が通っていることですよね。

なかなか鼻筋が通っている方は日本人の場合は少ないですが、これは美人である顔の特徴です。

鼻筋が通っていると、顔に凹凸がしっかりできるため、メリハリが出てきます。

しかし、ここでもバランスが大切です。

高いだけがいいのではなく、鼻は上まぶたから始まり、小鼻は目の幅と同じくらいが理想とされています。

鼻筋が通っていると、横から見ても美人な顔立ちと目を惹きますよね。

3.眉毛の形

眉毛は顔全体の印象を変えます。ノーメイクでいても、眉毛だけは必ず描いておくとよく耳にしますよね。

それだけ眉毛は顔のパーツの中でもとても大切な部分になります。

そして、美人の眉毛の条件としては左右対称であることが重要。

眉毛の形はそれぞれの顔立ちに合うものがあるので、これは自分で様々試して自分に合うものを探してみるといいでしょう。

ポイントとしては、小鼻のライン上から目頭を始め、目尻は小鼻と目尻を結んだ延長上にあるとされています。

4.卵形の輪郭

顔の輪郭は様々ありますが、やはり卵型が美人の条件でしょう。

小顔に見えますし、どんな髪型も似合うのではないでしょうか。

輪郭は髪型でカバーするか、メイクで少し陰影をつけたりして美人の条件である卵形に近づけることが出来ます。

隠したい部分、いわゆるえらの部分を少し暗いファンデーションを使用することで、錯覚を起こすことが出来るのです。

何かこのように工夫して卵形に近づけて美人顔に近づけてみるのもいいでしょう。

5.歯並び

歯並びがきれいであることは絶対条件ですよね。話したり、笑った時に見える歯の印象はとても大切です。

他の部分がどれだけ整っていても、歯並びが悪いと残念な気持ちになりますよね。

最近では、歯の印象を気にして成人から矯正する方も増えてきています。

日ごろの癖で歯並びが悪くなったりする場合もあるので、一度歯科医に相談してみてもいいかもしれません。

6.横顔のライン

鼻先と顎の先を結んだラインのバランスをE-ラインといい、これが美人の基準です。

そして、このE-ラインの内側に口元があれば美人とされ、このE-ラインは鼻が高いとバランスが整いやすいといわれています。

横顔がきれいであるとやはり目を惹きますよね。美人の条件に横顔のラインは欠かせません。

7.きれいな肌

肌がきれいであるとメイクのりもよくなり、より輝きを増します。

肌も条件としては欠かせないものです。顔のほとんどが肌ですから、目立つのも当然ですよね。

時に、肌がきれいであると他のパーツの条件が整っていなくても美人に見えることもあります。

それだけ肌は目につく所でもあります。

8.長いまつげ

まつ毛というものは、長いと目全体を大きくぱっちり見せてくれる効果があります。

これにより顔全体に女性らしさが加わるのです。

みなさんもマスカラ後の自分の顔を見て「目の表情が引き締まったなぁ」と感じることはありませんか?

アイラインを薄くしてもマスカラを塗ると表情が一変しますよね。

それほど長いまつ毛というのは顔の印象を変えるパーツなのです。

まとめ

いかがでしたか?

生まれ持った顔自体を変えることはできませんが、女性にはメイクという武器があります。

メイクの技術を磨くだけでも美人になることは可能なので、ぜひ力を入れて取り組んでみてください。

Tags

ライター