スッキリきっぱり!告白の断り方5選

告白されたのは有り難いけど、お付き合いする気はないから、なるべくやんわりキッパリとお断りたい…。

どうしたら相手を傷つけずに断れるか、悩ませる問題ですよね。今回は告白の断り方を5つ紹介したいと思います。

メールやLINEの断り方

なるべく早く返事を出しましょう。放置してしまうと、相手が期待をしてしまうのでアウトです。

返事は昼間に出しましょう。夜は感情が高まりやすく、相手がリラックスしている時間ですので、避けたほうがいいでしょう。朝も相手が活動時間前で激しくダメージを与えて1日を憂鬱にしてしまうので避けましょう。

返事はメールやLINEで返すのが鉄則です。

女性バージョン 告白の断り方

『今は彼氏作るつもりないの』『ずっと友達でいたいな』『恋人としては見れないの』

恋愛対象ではない事を強調しましょう。直接言うのもいいですし、LINEやメールでも確実に相手に興味がないということ伝えることができます。

男性バージョン 告白の断り方

相手に期待を持たせないようスッパリと振りましょう。

業務などの最低限の連絡以外はメール、電話などの連絡を取るのを避けましょう。

曖昧な「今は考えられない」などの返事は相手が勘違いをする恐れがあるので避けましょう。

友達バージョン 告白の断り方

『今すぐは恋人としては見れない』『今は誰かと付き合う気持ちになれないから、ごめん』

友達との仲で対処方法を考えましょう。

親しい仲だったり冗談に出来る仲であれば『冗談はやめてよー』『いい加減にしてよー』『好きな人いるの知ってるじゃん』でさらっと流し切りましょう。

友達が真剣に伝えて来た場合は、きちんとお付き合いする気がない旨を伝えましょう。

職場の人バージョン 告白の断り方

『今は彼氏を作るつもりではない』など、ほかの場所にその人と付き合えない理由がある事を強調しましょう。

これから何度も顔を合わせる相手である事に気を使いましょう。

いかかでしょうか?誰であろうが、告白を断る事は気を使いますね。

Tags

ライター