最後にエールの言葉を入れると完璧!別れのメールの送り方5つ 

仕事を頑張りたい、他に好きな人ができた…など人によって別れの理由は様々だと思います。

直接伝えるのは勇気がいる、という方のために、別れのメールの書き方を紹介します。

1,絵文字は入れないで真剣に

別れのメールなのに絵文字や顔文字が入っていたら、本当に別れたいのかな、真剣なのかな、と思われてしまいます。人によっては怒り出すかもしれません。

また、語尾を伸ばしたり「なぁ」というような言葉も使わない方が良いです。

文字のみで、きちんとした文面で伝えるようにしましょう。

2,相手を否定する文面にしない

直接言わない分、少し気軽に伝えられる反面、言葉の受け取り方に個人差ができるのがメールの欠点です。

自分の思いとはまったく違うとられ方をすることもあるため、言葉はとても怖いもの。どの言葉を使うかは慎重に決めましょう。

別れるからどうでもいい、と相手を否定することばかり書いてはいけません。

3,思い付きで送らない

思いたったらすぐ送るのではなく、しっかり考えたうえで送りましょう。もちろん本当に別れていいのか、後悔はないかも一緒に考えましょう。

軽い気持ちで別れを告げても自分も相手も後悔が残りますし、なんだか険悪な雰囲気になってしまったり後味が悪くなってしまうことも。

お互いに、気持ち良く別れる為にも時間をかけて考えましょうね。

4,最後にエールを送る

例えば「お互い仕事頑張ろうね」「部活頑張ってね」などです。文面の最初ではなく、最後に書くのがポイントです。

終わりを前向きな内容で締めくくることで、気持ち良く終わりにすることができます。

最後まで相手を否定したり、自分が悪かったと謝罪を並べてもいい別れにはなりません。

別れた後もお互いに高め合える関係でいれたらいいですよね。

5,なぜ別れたいと思ったのか伝える

ただ別れたいと伝えても、相手は納得しません。

あなただったらどうでしょうか?大好きな人からいきなり「別れて」とだけ伝えられて納得できますか?「なんで別れたいの?」「どうしても今別れなきゃいけないの?」と思うでしょう。

ですから、なぜ別れたいと思ったのかもしっかり伝えましょう。

思い付きで考えた理由では矛盾していたり、訳が分からなくなりがちですから、きちんと自分の思考を整理して、丁寧に考えてから送りましょう。


Tags

ライター