職場で女の嫉妬が起こる原因と対処法16選:仕事や男関係が原因のことも?

職場では、仕事の出来やプライベートのことなど、さまざまな原因で女の嫉妬が多くなります。そこで今回は、職場での女の嫉妬の原因とその対処法を紹介します。

めんどくさい、怖いなどさまざまな問題がある女の嫉妬ですが、悪化すると、嫌がらせが始まることも。

嫉妬する人の心理がわかれば、上手いかわし方も思いつくかもしれません。嫉妬をする人の心理を理解し、未然に嫉妬を防いだり、上手に嫉妬に対処する参考にしてください。

職場でやりたくない仕事があった時のモチベーションの上げ方や、ストレスへの対処法がきになる方は、 やりたくない仕事のモチベーションの上げ方:ストレス解消法まで! も合わせて見てみてください。

職場での女の嫉妬の心理・原因

コンプレックス

人に嫌がらせする人は、多くの場合自分に自信がありません。嫌がらせをしてしまう人は、言わばコンプレックスを抱えています。

自分より劣っている人を見つけて嫌がらせをして、その人より優位に立ちたいのです。

上司に好かれていないことや、仕事が上手くいかないなど、コンプレックスを感じている点であなたのほうが上に見え、嫉妬をされているということがありますよ。

劣等感

自分がコンプレックスに思っていない部分でも、あなたのほうが優秀で劣等感を感じると、それが嫉妬に変わってしまうことがあります。

仕事の成功具合やプライベートの充実さなど、劣等感を感じる場面はさまざまなようです。

群集心理

リーダー格の人がいると、その人に気に入られるために一緒に悪口を言っているうちに、本当に嫉妬し始めたという場合も。

職場は女性が1つのグループに固まりやすく、群集心理が働きやすい場所。特にリーダー格の人の嫉妬は受けないように、気をつけたほうが良いですよ。

自己中心的だから

自分が一番でなければ気に入らないという自己中心的な人は、自分の失敗をあなたのせいだと勘違いして捉えてしまうことがあります。

あなたが新入社員である場合は、あなたが入ってきたことで今までと環境が変わり、それが不満なのかもしれませんね。

この原因の場合は相手の性格の問題なので、解決が難しくなりがちです。

男関係

職場でありがちなのが、男性社員との関わり方。自分が職場で出会いを求めていなかったとしても、誰かだけがひいきされる、仲が良いという場面を目のあたりにすると、嫉妬してしまう女性もいます。

本当に狙っている人がいないのであれば、必要以上に話したり関わるのはやめたほうが良いですね。

職場での女の嫉妬の対処法

毒には毒をもって制する

こちらも負けずに何かに嫉妬してみましょう。「羨ましいな」「それ、欲しいな」「どうせ私には無理」と、ネガティブ発言を相手に伝え続ければ、自分の気持ちをわかってもらえるかもしれません。

しかし、嫌がらせのつもりで行うと、嫌味だと捉えられてより関係が悪化してしまう場合があります。

嫌がらせとしてやりかえすのではなく、相手のいいところや幸せな部分を指摘してあげることで、自信をつけさせてあげるという目的を意識するのがおすすめです。

仕事以外の楽しみを教える

仕事のことで嫉妬している人は、自分の人生の中で仕事の順位を上げすぎている場合があります。自分にはそれしかない、私はこんなに一生懸命やっているのに、とつい自分の努力と周りの人を比べてしまうのです。

しかし仕事以外でも、自分のスキルがアップしたり、おしゃれを楽しむなど、人生の楽しみ方はいろいろあります。

嫉妬してしまっている人はそれに気づきにくいので、新しい趣味やショッピングなど、何か熱中できることを始めるきっかけを作ってあげるといいかもしれません。

一緒に何か習い事を始めれば、それがきっかけで仲が深まることもあるかもしれませんよ。

嫉妬は損と悟らせる

極度な嫉妬は自分自身をも苦しめます。妬みというのは漠然とした感情ですが、妬んでいる相手に勝ったところで満足感を得られるわけではありませんよね。

それよりも、他人は他人と割り切って、自分の強みを活かす方法を探したほうが早いです。そこで、あなたはこれが得意だからというように、その人が成功しやすい仕事をお願いしてみましょう。

嫉妬をしていたことは自分が目指していたものではないと、気づいてもらえるかもしれませんよ。

スキを見せない

仕事をするときにきちんとこなす必要があります。完璧に仕事を行う人に対しては何も言いません。

しかし、「この仕事面倒くさいな」とか「私じゃなくてもいいよね」などとスキを見せてしまうと、「あなたはやる気がない人ね」と叩かれてしまいます。

謙遜して仕事を嫌いなふりをするよりも、仕事を楽しんでいる、一生懸命やっているという姿勢を見せたほうが嫉妬が長続きしづらいです。

一緒になって悪口を言わない

職場では悪口が絶えませんよね。悪口に対して同意を求められることがあります。そんな時は、否定せず、肯定もせず、悪口を言わないようにしましょう。

否定すると、悪口の対象になってしまいますし、同意してしまいますと悪口を言われている本人に自分だけが悪口を言っていたと伝わってしまいます。

そんな時は「そうなんですね。うんうん。」と聞いてあげましょう。

どこにも属さない

女性は、仲のいい人同士で固まって行動しますよね。いくら仲が良くても羨ましくなったり、妬んだりします。

関係が疲れると思う場合は、そこにも属さないで一匹狼になりましょう。

そうすることで周りに流されずに自分の考えをしっかり持つことができます。

男性との接し方に気をつける

男性の上司や男性社員との接し方を多くの女性は気にしています。

男性社員から打ち上げなどの声がかかっても「○○課長から飲みに誘われたんだけど、一緒にどう?」など、おまけのように誘うではなく、彼女たちには上司や男性社員から直接声をかけてもらいましょう。

仲介役にまわる行為は彼らと仲が良い、親密な関係にあると勘違いされ根も葉もない噂の引き起こす原因になります。

挨拶だけはきちんとする

女性は「この人嫌い!」となると無視しがちですが、挨拶だけはきちんとしましょう。

当事者間の問題はさておき、社会人としての立ち居振る舞いは、周りがきちんと見ています。態度の悪い方の立場はいずれ悪くなることでしょう。

挨拶から少しずつ会話を始めることで、嫉妬をされている相手であっても、仲良く慣れる可能性もあります。

自分のスキルを自慢しない

女性の社会進出が進んでいるなか、スキルや資格を取得する女性が増えています。女性の職場で仕事をすることにおいて、相手より自分の方が上だという自慢はしないほうがよいです。

相手はバカにされているのだという感情から嫉妬心を抱きます。

シークレットラブを貫く

シークレットラブは恋愛を隠し通すということです。バレたときは気まずい瞬間もあると思いますが、職場に気を使ってのことなので、正当な行為です。

一度職場恋愛をすると決めたのであれば、噂をされるようなことは控えましょう。

社内恋愛をする上での注意点をもっと知りたいという方は、社内恋愛で気をつけたい6つのポイント:公私混同に注意!も参考にしてください。

なるべく目立たない

服装もメイクも持ち物もなるべく「普通」を心がけましょう。職場では、ナチュラルな色を選んで、なるべく相手の印象に残らないように。

また、プライベートのこともあまり話さないのがおすすめです。職場では大人しくする代わりに、オフの時に内緒で思いっきり発散しましょう!

上の対処法をしても上手く行かない場合は、職場での人間関係が悪くなったときの対処法:原因からストレス解消法までも参考にしてみてください。

Tags

ライター