present

妻が喜ぶ結婚記念日のプレゼント12選:感謝の気持ちを伝えよう!

結婚記念日に何を贈ろうか、毎年迷う方も多いのではないでしょうか。

よりよい夫婦関係を築いていくためにも、記念日の過ごし方やプレゼントは大事です。

それでは今回は、女性視点で、もらって嬉しいプレゼントを紹介します。

奥さんがもらったら喜ぶプレゼント

奥さんがもらって喜ぶプレゼントを紹介します。

仕事で使えるシャツや下着

仕事の中でも大事な商談の日や勝負時の日があると思います。

そういう時に気合の入る、普段よりワンランク上の素材のものなどは喜ばれます。

キッチングッズ

毎日使っている包丁やボールといったものも徐々に劣化します。

気分一新出来るよう新しいものや海外ブランドの良い物などに入れ替えるのもいいですよね。

インテリアの家電

二人で過ごす空間がリッチになる照明やオブジェなど、新しいデザインのものを増やしてみるだけで飽きかけていた部屋が潤います。

小旅行で贅沢

温泉旅行やドライブでちょっと遠征といった二人っきりでゆっくり出来るスポットに行ってみるのもいいと思います。

家族風呂や旅先でのご馳走などちょっと贅沢をしてみるだけでも普段の旅行とは一際思い出の残り方が変わります。

高級レストランで食事

リッチなディナーでお酒を飲むもいいしコース料理などを頼むのもいいと思います。

女性にとっても素敵な時間、男性にとってもハイグレードな場所で慣れない時間になるかもしれませんが、だからこそ思い出に残るプレゼントになります。

感謝の言葉

お金で買えない、代用できないそれが本人の言葉で伝える感謝です。

人によっては一番言いにくいかもしれない「ありがとう」の気持ちを少しでもいいので伝えましょう。たった一言でも相手の心に余韻は広がります。

アクセサリー

定番ですが、女心を刺激するアクセサリーはやっぱり喜ばれます。

好みがわからないときにはシンプルなものであれば何かと使えますし、普段自分ではあまり買えないようなブランドのものは、 特別感が高まります。

特に結婚10周年など節目となる年には、ダイヤモンドや真珠つきのジュエリーを贈るのがおすすめ。真珠のピアスやネックレスは冠婚葬祭にも長く使えるので、上質なものを選ぶと良いと思います。

財布やバッグ

毎日のように使う必需品なので、いつも贈ってもらったときの嬉しい気持ちに浸れる点が嬉しいですね。長く使える上質なものを贈ってあげましょう。

ちなみに3年目は皮婚式といって、靴やバッグ・ベルトなど革製品を贈る風習もあるそうです。

こだわりのある奥さまの場合には、あらかじめ好みをリサーチするか、一緒に買いに行くといいですよ。手帳もおすすめです。

腕時計

ファッションアイテムとしてはもちろん、仕事の時にも使われている奥さまに、身に着けられる時計はおすすめです。

いろいろな洋服に合わせやすいものというのを前提に、奥さまのイメージに似合うもの選ぶとよいでしょう。女性は、自分のことを思い出しながら選んでくれたということに、喜びも高まります。

エステ

普段忙しい女性には、ゆったりと過ごせる時間をプレゼントしましょう。

旦那さまに遠慮して、なかなか行きたくても自分からは足を踏み込めないエステ。 全身をケアできるようなプランを贈れば、その粋な計らいに感動することまちがいなしです。

リラックスや美容チャージは、女性には格別です。

上質な洋服

様々なシーンで着ることのできるシンプルなワンピースやセットアップは重宝します。

普段は手の届きづらい、人気ブランドから選ぶといいのではないでしょうか。奥さまの憧れのブランドを調べてみれば、より好みのものを贈れるでしょう。また、上質なカシミヤのカーディガンや、秋冬であればコートなどもおすすめです。

やはり女性は本心ではおしゃれをしたい生き物です。そこをアシストできる男性は魅力的ですよ。

手紙

日頃なかなか言えない感謝の気持ちなどを、直筆の「手紙」に書いてみましょう。恥ずかしいかもしれませんが、だからこそもらう側は感激するのです。

「手紙」をもらって喜ばない人はまずいません!メールなどの機械的な文字があたりまえになっている時代に、とびきりの温かさを贈ることができます。

プレゼントにプラスアルファの演出をしたい場合には、手紙がその役割を果たしてくれます。

結婚年数ごとにおすすめなプレゼント

結婚記念日の年数には、素敵な呼び名とそれにちなんだふさわしいプレゼントが定められています。そこで結婚記念日の年数に応じたプレゼントを紹介します。

錫婚式~美しく柔らかに築く10年目

これは2人の関係が、錫のように美しく、そして柔らかさを兼ね備えるようにという意味合いを持っています。おすすめのプレゼントは、ヤカン・タンブラー・缶・アクセサリーなどの錫製品です。

また、この10年という節目の年に、結婚指輪を新調されるのもオススメ。 結婚記念日に二人で指輪を買いに行くというだけでも新鮮な気持ちになれますし、照れくささもあるでしょうがそれも含めて、今まで以上に仲が深まるきっかけとなるでしょう。

磁器婚式~重ねた歳月で価値が上がる20年目

磁器のように年月を重ねるほど値打ちが上がる夫婦の絆、という意味合いがあります。おすすめのプレゼントは、調理器具・食器・置物などの磁器製品です。さらに今話題のバウリニューアルもオススメ。

バウリニューアルは、直訳すると誓いの更新。欧米で始まったイベントで、日本にもだんだんと浸透しつつあります。改めて夫婦として過ごすことを結婚記念日に誓い合う、いいきっかけになるでしょう。

真珠婚式~さらなる繁栄を願って30年目

真珠は富と健康を意味する海の宝石、それにちなんでこれからますますの繁栄を願う、という意味合いがあります。おすすめのプレゼントは、真珠を使ったアクセサリーや髪飾り。

定番である真珠のネックレスやペンダント、またピアスやリング、ブローチなど、真珠のアクセサリーは種類が豊富で、価格帯も手頃なものから高額なものまで幅広く、結婚記念日のプレゼントとして選びやすいものとなっています。

海の底で長い年月を掛けて育まれる真珠に、2人が重ねてきた長い愛の歴史を重ねるのもまた素敵なものです。

ルビー婚式~信頼と誠意で歩んできた40年目

ルビーの深紅のように深い信頼と誠意で結ばれた2人、という意味合いがあります。おすすめのプレゼントは、ルビーを使った指輪・ネックレスなどのアクセサリーです。

奥様へのプレゼントであればペンダントやネックレスなどが定番で、深い赤色が施されたアクセサリーが上品な大人の女性を演出してくれます。旦那様へのプレゼントはルビーの深みのある赤に寄せて赤ワインがおすすめです。年代物などの赤ワインを選ぶと、結婚記念日の特別感もひとしおでしょう。

金婚式~ついに金色に輝く50年目

長い年月を経て金色の輝きを得た豊かな記念日、という意味合いがあります。おすすめのプレゼントは、金を使ったアクセサリー・金箔入りのお酒・料理・食器などです。

金婚式は、半世紀をかけて金色に輝く豊かな関係を得た夫婦を祝う式。ご夫婦は親族を招待して料理をふるまい、招待客はご夫婦に50年を祝うプレゼントを用意します。

金製品以外にも、二人が喜んで使うグッズや旅行券を贈って、結婚記念日に夫婦水入らずの時間を過ごしてもらうのもオススメです。

相手を想って選ぶ、その気持ちが大事

参考になりましたでしょうか。結局は、「私のために探して選んでくれたんだ」という事実に感動し、喜びを感じるのです。

また、そんな喜びを倍増させるために「サプライズ」もとても効果的です。

忘れているとみせかけてプレゼントを渡したり、花束のなかに手紙を仕込んでおいたりと、心から楽しめるドキドキ感や驚きもいっしょにプレゼントしてみましょう。

記念日を機に、ふたりの愛が深まりますように。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です