人とスムーズに会話を続けるコツ5選:初対面の人との会話にも応用できる!

会話は人間が持つ基本的なコミュニケーションのツールです。しかし、基本的なものだからこそ、シンプルで難しいというのも事実。

初対面の人や友達でさえ会話が続かない、人見知りをしてしまうという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は会話が苦手な人のために、他人とスムーズに会話をするためのコツをいくつかご紹介します。

中にはユニークで面白い会話術などもあるので、ぜひ試してみてください。

関連記事:誰でも当てはまる!初対面でも会話が盛り上がる5つの話題

会話が続かない原因

会話を弾ませる前に、まずは会話が続かない原因を考えてみましょう。

知識が足りない

相手の話す話題の知識が足りないと、何を言っているのか分からず会話に対する意欲を失ってしまいます。

別に難しい知識が必要なわけではないので、日頃から周囲に対して興味を持ってみるのが効果的です。

またニュースや新聞を読む習慣をつけると、必然的に知識のストックが増えるので、時間があるときにはぜひ読んでみましょう。

相手の事を考えてない

自分勝手な人は基本的に相手に興味を持ちません。長く会話をしていると次第に反応もおざなりになり、それが相手に伝わってしまうことも。

そうなると当然相手も話す気がなくなり、結果として気不味くなるのです。会話は相手の気持ちを考えることが大切。

会話はキャッチボールという言葉を念頭において会話するように心がけてみましょう。

話題がない

話題が見つからないとお困りのあなた、実は気づかないだけで話題はそこかしこにあります。

相手の趣味や興味のある分野の話題が思いつかず困ったときは、その場でネタを集めるというのも1つの方法。

ちょっとした時間を使って、スマホなどを使って調べてみるとよいでしょう。

話のマナーと悪口

その場にいない人の悪口などは、とくにあなたの信頼にかかわるでしょう。

何気ない雑談だからこそマナーを守って、ポジティブな話題を考えなければ楽しくなくなってしまいます。もし相手が悪口を言い始めたら、あなたがそれとなく話題を変えてあげましょう。

一緒になって悪口を言い始めると、そのうち自分たちでは止められなくなってしまいます。

関連記事:怖がらないで!コミュ障の治し方と会話を弾ませる方法7選

会話をスムーズにするには

相手に興味を持つ

他人と話すことに苦手意識を持っている方のほとんどは、自分のことを話そうとする意識に集中してしまい、話せなくなることが多いもの。

とりあえず自分のことは置いておき、まずは話す相手に興味を持つことから始めてみましょう。興味をもったものについて、相手に質問してみることで、会話は始まります。

興味をもったことについて会話し続けることは、思いの外簡単で楽しいことです。

聞き上手になる

他人と接したとき、常に自分から何か話さなければならないという思いに駆られることはありませんか?

苦手意識を持っている方は、このことを苦痛に感じ、疲れてしまうのです。相手が何か話している時、その話をよく聞くことから始めてみましょう。

こちらから何か話す必要はなく、興味をもって聞いてくれている姿を見れば、相手はさらに話をしてくれます。そして、その話題の中で疑問に思った点を相手に質問してみましょう。

その繰り返しで相手との会話が成立し、自分から話し始めなければならないという苦痛から解放され、また相手の趣味嗜好などもわかってきて、会話が楽しくなっていくことも多いものです。

表情に気を配る

聞き上手な人は、目を見て笑顔で話を聞きます。相手の話題にあわせて、表情を変えることは重要です。

楽しい話題のときには笑顔を、シリアスな話題のときには真剣な表情を。相手の話に興味をもって聞いていれば、無意識にそのような表情になっているでしょう。

相手はその表情から思いを読み取り、会話を続けるか中断するかを決めます。話す機会が増えるか、失うかは、話を聞く表情次第なのです。

反応に気を配る

相手が話していることについて、興味があるのかないのかわからないような反応はタブー。

わからなかったことや、関心を持ったことについて、質問を投げかけましょう。そして、相手の話を聞いている時に何かひらめいたことがあったとしても、相手の話を遮って発言するのは良くありません。

たとえ相手の話に同意する意味での発言であっても、話を遮られてしまうと話している人はよい感情を持たないからです。また、相手の話について、否定的な反応をしてはいけません。

物事についての思想や価値観は人それぞれなので、相手の感情を逆撫でしてまで会話を続けることは、無意味で疲れるだけです。

沈黙を大切にする

沈黙を恐れる必要はまったくなく、沈黙を恐れるそぶりを見せることが良くないのです。

沈黙が訪れたとしても、それはあたりまえのことと考え、平常心でいましょう。

沈黙は大切な時間、そう考えるようになったとき、はじめて苦手を克服できるのです。

初対面の人と話すポイント

初対面の人と話すときは、とくに緊張してしまうという人も多いのではないでしょうか。

会話をスムーズにするコツがわかっても、はじめて話す人にはいきなり使えないなんてこともあります。

そこで、初対面での会話で押さえておきたいポイントを6つ紹介します。

相手を緊張させない

初対面の相手との会話は、どうも落ち着かずに緊張してしまうもの。

今まで全く接点がなかった相手と打ち解けるのは難しいと感じてしまう人も多いと思います。お互い緊張して何を話せばいいのか分からなくなってしまうでしょう。

そこで気をつけたいのは、まずは相手を緊張させないこと。こちらから無理やりにでも打ち解けた雰囲気を出してしまえば、相手の緊張も和らいでいくはずです。

ネタを事前に用意しておく

初対面の相手と何かしらの共通点が分かっていれば話のきっかけになりますが、相手の事を何も知らない状態で話さなければいけないこともあります。

そういう時は、あらかじめ話のネタを決めておくようにしましょう。たとえばお互いの服や持ち物、食べてる物など目の前にある小さな話題はいくらでもあります。

他にも今日の天気や景色の話題から、いま流行しているテレビネタ、新聞ネタ、小説ネタなどの話題など豊富です。

もちろん相手は初対面なわけですから、あまり専門的で難しかったり、根掘り葉掘り質問してはいけません。当たり障りのない話題を用意しておきましょう。

会話を続ける

会話の内容を準備したら、その会話を終わらせないようにしなければなりません。相手からの質問に「はい」「いいえ」の一言で終わってしまうと、そこで会話は途切れてしまいます。

そういう時は「はい」の後に一言付け加えるようにするのがポイントです。「はい。~さんはどうですか?」などと、逆に相手に質問を投げかけるのもいいかもしれません。初対面だからこそきちんと対応して、相手の信頼感や安心感を得るように心がけましょう。

関連記事:初対面でも会話がスムーズ!場を和ませるアイスブレイクネタ5選

ユーモアたっぷりになるための会話術

面白くなって皆の人気者になりたい、または楽しい話が出来るようになりたいと思ったことは、誰でもあるのではないでしょうか。

今回ご紹介する会話術で、ユーモアセンスを磨いてみましょう。

擬音語・擬態語を使う

擬音語とは、動物の音声や物音を言葉で表すことです。

たとえば「にゃーにゃー」「ぱちぱち」「どんどん」などの事をいいます。

擬態語とは、物事の状態や身振りを音声にたとえて言葉で表すことです。主な例としては「つるつる」「ぴかぴか」など。

これらの擬音語、擬態語を会話の中に取り入れると、聞き手によりリアルに話のイメージを伝える事ができます。話すテンポや勢いに気をつけてみると、より分かりやすく面白く話せるのです。

例え話を取り入れる

会話の中に「例え話」を取り入れてみましょう。

例えば、「~のようだね」「もし~だったら」などと、実際の事柄ではなく、物事を引き合いに出して表現します。

これにより、会話に強いインパクトと面白さを与える事が可能。これが上手く会話にハマると、聞き手は話のイメージが分かりやすくなって、会話の中に惹きこまれます。

セリフを演じてみる

会話の中に登場人物が出てくる場合、それは話を面白くするチャンスです。

登場人物が出てくる話であれば、その中で人がセリフを話すシーンもありますよね。セリフがあるのに、そこを省略してはいけません。恥ずかしがらずに全力で、そのセリフをその人になりきって演じてみましょう。

登場人物が複数いる場合、上手に演じ分けることができれば話の面白さはさらに上がります。

ジェスチャーと表情で話す

話をするときの姿勢は、相手と対面しているか、隣に並んでいる状態で話をすることが多いと思います。

また、立った状態で話をすることもあるでしょう。こんなときどれだけ体を使って話を伝えていますか?だらだらと話を聞かせるだけよりも、話の展開に合わせて声のトーンや表情を変えた方が面白く、相手にも伝わりやすいです。

さらに、身振り手振りで大袈裟にジェスチャーすることで相手の視覚にも訴える事ができます。セリフと表情をしっかりとマッチさせることが大切です。

ライター