大好きだったのに!彼に死んで欲しいと思ったエピソード5

相手が好きで、好きで、たまらなく好きなのに、憎くてたまらなくなることってありませんか?

憎しみを通り越して彼に死んで欲しいと思ったことがある人もいるかもしれません。

彼が大好きだったのに、どうして死んで欲しいとまで思うのでしょうか。彼に死んで欲しいと思ったエピソードを見てみましょう。

1. いきなり音信不通

付き合っている内に、ある日、突然連絡が取れなくなってしまったというパターンです。メールをしても返信がなく、電話をしても出ません。

思い当たることもなくて、どうしてなのか原因がわからず、ただ当惑する状況になります。それが疑問から、やがて恨みに変わり、その内どうしようもなくなって、彼に死んで欲しいとまで思うようになります。

音信不通にして、別れに持ち込もうとしたのかもしれませんが、別れたいなら男らしくズバッと別れを切り出して欲しいところです。せめて何が悪かったのか言ってくれた方が良かったのにと・・・思っています。

2. 他の女性を常に意識する彼に嫉妬がメラメラ

大好きな彼が(彼の彼女である)自分ではなくて、他の女性ばかり意識していたら、気分が良くありません。

クラスメイトや同僚、お店で通りすがりのウェイトレスをチラッと見ては「あの子、可愛いね」などと言おうものなら、心穏やかではありません。

他の女性と馴れ馴れしくしていたら、尚更です。自分との付き合いは何なのか、と彼に死んで欲し~いと思います。

3. お金が目的

お金にルーズな男性もいます。仲良くなったり、体の関係にまで進んだ後、「実はちょっと困っているんだ」とお金の無心をしてきます。好きな彼の為になるならとお金を出すと、返って来ない定番のパターンです。

大抵はギャンブルにつぎ込んでいるようですが、中には数十万~数百万円を渡してしまって諦めたという人もいます。

これ程の額になると、返さないんだったら死んで欲しいという気持ちになります。

4. 浮気を繰り返す

一回の浮気ならまあ仕方がないと見逃して、もうしないと約束したのに、また誰かと浮気をする。そんな浮気を何度も繰り返す彼もいます。

浮気するなら別れてくれた方が良いのに、浮気相手とうまくいかなくなると、本命の彼女の所に戻って来て、しきりにご機嫌を取り始める、その繰り返しで一向に治りません。

「なんであんな男が良かったんだろう」と、今はきっぱり別れて冷静に思い返しています。

5. しつこくて別れたい

別れを切り出した途端に、それまでとは打って変わって許してくれと泣いて懇願する、そこまではまだ可愛い方です。

話すチャンスを得ると、デートの約束を取り付けようとする。それが嫌で無視すれば、家や学校、職場で待ち伏せをして、ストーカー化する、そんな男性もいます。

いっそのこと死んで欲しいと思うエピソードですが、ここまでくると犯罪すれすれです。身の危険を感じたら、警察に相談するのが一番良い方法です。

Tags

ライター