友人・恋人に対する嫉妬の原因と対処法:妬みからは何も得られない!

恋人や友人、親しい関係になればなるほど生まれるのが嫉妬です。嫉妬など負の感情は忘れることが難しく、後々まで尾を引いてしまうので厄介です。

今回は、恋人・友人別に嫉妬の原因と対処法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

また、嫉妬はそれぞれ理由や背景も異なります。悩みを解決するには、直接相談することが最も手っ取り早く確実です。

その際おすすめしたいのが、電話占いのココナラです。2500人以上の鑑定士から自分に合った人を選んで相談できます。

人には話しづらい相談でも、電話越しなら安心してすることができます。初回の人は3000円分、最大30分無料です。

ココナラで嫉妬に対する悩みを解決する

恋人に対する嫉妬の原因

自分に自信が持てない

自分は恋人と釣り合わないのではないか、もっと素敵な人が現れて心変わりをされてしまうのではないか?と自分に自信が持てない人は恋が終わることへの不安でいっぱいです。

どうしても彼の周辺の女性に対して敵対心を抱いてしまうのです。

本当の信頼関係が築けていない

彼が、頻繁に携帯を気にしていたり、居場所が掴めなかったり、そのような時に浮気を思い浮かべるようであれば、基本である二人の信頼関係を築くことができていないことになります。

愛情を試したい

恋愛という不安定な状況では、自分への愛情が深く本物であることを常に確認しておきたく思うもの、特に女性の場合、出産へのタイムリミットから焦りがでることがあります。

そんなときには特に嫉妬深くなってしまいます。プロポーズの言葉を待ち続けているのです。

ネガティブな思いに囚われている

失敗に終わった恋愛を思い出してしまうことがあります。

自分の嫉妬心から関係が悪くなってしまったと感じている場合など、経験を生かして”失敗を繰り返さない方法”を探れれば良いのですが、どんどん深みに嵌まってしまいます。

失敗の原因は他者にあると考えるとき

人は、失敗の原因を自分以外のものにしたがります。「失恋したのは相手が浮気をしたから」と主張してみても、周りからは「浮気される方にも原因があるのでは?」との雰囲気になったりします。

そのような場合には、離れていった恋人の”新しい恋”に対して嫉妬してしまします。

守りに入ったとき

どうしても失いたくない恋の場合、外敵(浮気相手のみならず、同僚や友人・仕事にいたるまで)から身を守るため、あらゆる手段を考え出します。

このような恋愛が守りに入った場合に嫉妬の炎がメラメラと燃え上がるのです。

恋人の嫉妬への対処法

なるべく秘密はつくらない

こそこそしていたら誰しも怪しがるものです。それが恋人となれば今後の関係に影響してきます。

秘密があることで溝はできてしまうので、嫉妬などちょっとしたことでも関係を崩壊させかねません。オープンな関係は長続きの秘訣です。

相手に好きだということをしっかり伝える

自分にとって相手は一人だということを伝え、不安を取り除きましょう。

改めて好きと伝えることによって、パートナーとの絆も深まります。

逆ギレはせず、相手の気持ちを受け止める

たかが嫉妬とは思わず、真摯に向き合ってあげましょう。相手が感情を抑え込むような解決方法は決して良いものではありません。

次も同じような問題が起こった際に、相手の不満が募ってしまいます。

嫉妬させてしまったことへの謝罪と嫉妬されて嬉しかったという素直な気持ちを伝えましょう。

友人に対する嫉妬の原因

Unhappy young female friends not talking after argument at home on the couch

かわいい・美人

自分よりも優れた容姿をした人を妬んでしまうのは、誰しも経験があるのではないでしょうか。特にそんな人が近くにいるとなれば、待遇の差などを肌で感じることもあるかもしれません。

周囲の雰囲気が余計に自分と比較したときの嫉妬へと導いてしまうのです。

モテる

女性は本能的に自分と周りの女性を比較しています。「あの子そんなに可愛くないのにどうしてモテるの?」なんて思ったこと一度はあるかもしれません。

異性の支持を集めることは、逆に同性からのウケは良くないようです。

仕事ができる

仕事ができる人は努力家が多いです。

努力家はその頑張りを表に出さないので、周囲はその成功した部分や幸せな部分しか見えておらず嫉妬してしまいます。

友人の嫉妬への対処法

自慢と受け取られそうな話題は避ける

収入、彼/彼女、車などの高価な持ち物・・・友達になら少しくらい自慢したいものですが、嫉妬心の強い友人にはちょっと控えておいた方が安全です。

信じ難いことですが、服から持ち物から全て同じものを持ちたがるママ友の存在が確認されています。あ~怖い。

相手の懐に飛び込む

苦手な相手を努めて食事に誘うなどして親しくなる事で、悪口を封じ込めたり誤解を解いたり、という方法があります。

妬みの対象とされた、と感じた場合には、「○○さんの協力で目標達成ができた。○○さんのおかげです。」等と持ちあげてみてはいかがでしょう。

仲良くなる事で事前に嫉妬の芽を摘むことが可能になります。

とにかく褒める

嫉妬心の強い人は自己愛が強いにも関わらず、自信が持てていないのです。

仕事やファッションセンスなんでも構いません、褒めて伸ばして・・と子供じゃあるまいし、と非難されそうですが、褒めることでトラブルを回避できるのならば、それもよいのではないでしょうか。

素敵な異性を紹介する

独身の人に限られてきますが、彼氏(彼女)の友達を紹介してみましょう。精神的に安定して他の人のことなど気にしなくなります。

謙遜とボヤキでやり過ごす

徹底的に、謙遜してみましょう。「予定どおりに進まない、自分に才能ないのかな・・」と自分が、あたかも駄目人間であるかのように振舞ってみましょう。

きっと嫉妬する対象から外されることと思います。

嫉妬心で得することはないと悟らせる

嫉妬の心は、自分が苦しいだけで何も得るものがない。ということに気付いてもらいましょう。

例えば、第三者の話として、強い嫉妬心のために大変な失敗をしてしまった人物の話をしてみるなど、さりげなく伝えていくことを続けていきましょう。

まとめ

日常において、嫉妬をしたり・されたりしてしまうことはあることです。今回紹介した原因や対処法から、うまく嫉妬の悩みから解決できるよう活用してみてください。

また、自分一人で解決できるか心配な人は電話占いのココナラがおすすめです。電話越しなので、顔合わせた相談よりも話しやすいと人気があります。

近くの人には相談しづらい内容でも、気軽に相談できます。1000人の鑑定士の口コミが2万件以上掲載されているので、ぜひ自分にあった人を探して相談してみてください。

初回の人は3000円分、最大30分無料で相談できます。

ココナラで30分無料で相談する

Tags

ライター