職場での人間関係が悪くなったときの対処法:原因からストレス解消法まで

職場での悩み事として、1番大きいのが人間関係。仲が良い先輩や同期がいれば、仕事のストレスもたまりにくい一方で、嫌がらせや陰口を受けていたら、仕事どころではなくなってしまいますよね。

今回は、職場での人間関係が悪くなる原因と、人間関係が悪くなってしまった際の対処法を紹介したいと思います。

関係を改善する方法から、運動や悩みをノートに書き出すなど、具体的なストレス解消法までをご紹介。ぜひ参考にして、楽しく快適に働いてください。

職場の人間関係が悪化する原因

喧嘩をしてしまったなど、思い当たるフシがある場合は解決しやすいですが、なぜか急に避けられているなど、関係が悪化した原因がわからないという場合もありますよね。

職場で避けられたり、嫌われてしまう原因をいくつか紹介しているので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

話を合わせない

職場内でも、女性は派閥を作ろうとする傾向が強いです。派閥の中では、中心となるお局様を頂点としてカースト制が惹かれるケースも。

派閥の中でのお局様の意見は絶対であり、間違っているからといって反論すると、仲間はずれのターゲットになることがあります。

人気のある男性社員の取り合い

職場内にイケメンがいると、毎日職場に行くのが楽しみになりますね。しかし、それは他の女性社員にとっても同じことです。

人気のある男性社員と2人きりで話す機会が多いと、他の女性社員に嫉妬され、人間関係が悪くなることがあります。

男性社員との関わり方は、特に女性同士の人間関係では、重要なポイントになるようです。

嫉妬をしている

仕事でもプライベートでも、自分が負けている思うと、足を引っ張ろうとして荒探しをしたり、悪口を流したりする人がいます。

上司にこびを売っている、人によって態度が違うなどの噂を流されることも。

SNSのアカウント交換や、プライベートの話をするのを控えるというのも、1つの解決法かもしれません。

仕事での連携が取れていない

新入社員や、部署を変わったばかりであれば、仕事ができないのは当然。しかし、その際に無理に自分で解決しようとしたり、教えようとしてくれている人を拒んでは、フォローしてくれる人も減ってしまいます。

自分をよく見直して、できないところは受け入れると、きっと同僚や上司も、あなたを助けてくれるようになりますよ。

考え方・行動で人間関係を改善する


原因の次は、人間関係が悪くなってしまった場合にどう対処すれば良いのかを紹介します。

対処法として、「自分の考え方や行動を変える」「相手との関わり方を変える」、「職場外でストレスを解消する」という3つがあります。

まずは、職場での人間関係を改善するために、自分の考え方や行動をどう変えればいいかを見ていきましょう。

相手の意見をポジティブに捉える

上司や同僚に不愉快なことを言われた際、なんでそんなことを言われないといけないんだろうなどと、不満な顔をしていませんか?

相手が悪意で言っていたとしても、自分の改善点を見つけるいいきっかけとして捉えてしまいましょう。

そうすれば自然と、あなたも相手のことを嫌に思わなくなるかもしれません。

指摘されたことをどうしたら改善できるのか、ポジティブに考えることで、周囲からの評価も上がり、人間関係が円滑になります。

悪口を言わない

ストレスがたまっている時や、何か嫌なことを言われたときなど、つい言ってしまいたくなる悪口。

しかしそれを聞いている周りの人は、自分の悪口も裏で言っているかもしれないなどと、不安に思ってしまうかもしれません。

陰口を本人に伝えるなど、裏切りの原因にも。例え自分の周りの人が誰かの悪口を言っていたとしても、あまり同意せず、軽く流しましょう。

悪口ではなく、他人の良いところをたくさん言うことで、職場全体の雰囲気も良くすることができるかもしれませんよ。

今日の失敗を引きずらない

仕事をしていると、誰しも失敗を経験することでしょう。人によってさまざまな失敗があると思いますが、ここで注意してほしいのは、いつまでもそのことを引きずらないことです。

いつまでもくよくよしていたら、周りの人たちは気疲れしてしまいます。失敗をバネにして、次は同じ失敗をしないようにしようと割り切ってしまいましょう。

周りにも前向きな人だと好印象を与えることができ、円滑な人間関係を築くことができます。

嫌われている相手との関わり方

次は、嫌われている相手・苦手な相手との関わり方を紹介していきます。たくさん相手と関わることで新しい一面を知り、関係が改善される場合もありますし、逆に合わない人だと割り切って、距離をおいたほうがいい場合も。

いろんな方法を紹介するので、少しずつ試してみてください。

淡々と普通に振る舞う

人間関係に悩んでいる時こそ、冷静に淡々と振舞いましょう。

そうすることで余裕をアピールできます。あなたが悪い事をした覚えがない場合は、余裕な気持ちを持つことが大切です。

嫌な思いをせずにすみますし、些細なことも気にならなくなります。

苦手な人とはあえて距離を置かない

苦手な人・嫌いな人や自分を嫌っている人とは、できれば顔を合わせることも避けたいと思うのは当然です。

しかし、距離を置けば置くほどなおさら苦手意識は強くなる一方ということもまた事実。接点がなくなれば、会話もなくなり、次に仕事で用事があっても話しかけづらくなってしまいます。

ここは逆に相手の懐に飛び込むくらいの行動をしてみるのも、1つの付き合い方。

心理学では、何度も関わった相手に好意を抱くという実験結果も出ていますし、些細な誤解が原因で関係が悪くなったのであれば、それが解決されるということもあります。

嫌な相手を視界に入れない

関わってみて、やっぱり合わないと思うのであれば、思い切って距離を置くというのも一つの方法。どんな素晴らしい人でも、合う人と合わない人がいるので、可能な場合は避けてしまってもOKです。

無理に関係を改善しようとすると、悪化させてしまったり、好きだった仕事を嫌いになってしまうこともあります。1人のために好きだった仕事を嫌いになってしまうなんて、もったいないですよね。

どうしても職場に行くのが億劫になってしまったという人は、転職も考えてみましょう。自分にあった社風や仕事を見つけることで、快適に楽しく働けるようになるかもしれません。

信頼できる人に相談する

同じ職場内に信頼できる人がいる場合は、その人に思い切って相談してみるというのもおすすめ。

実際に関係を改善してくれる場合もありますし、相手のいいところや、本当の気持など、自分には見えてなかった新しい視点で相手を見れるようになるかもしれません。

また、何か嫌なことが合ったときに、相談や愚痴を言える人がいるというだけでも、頑張ることができますよね。

ストレスの解消法


最後に、職場で溜まったストレスはお金のためと割り切って、別の形でストレスを改善するというのも一つの解決方法です。

プライベートや、家で簡単にできるストレス解消法などを紹介します。

職場のストレスを何かに書き出す

何かに書き出すという行為は、ストレス解消のための有効な手段として知られています。

書くことで頭と心の整理が出来ますし、今まで見えなかった問題点に気が付くこともあります。

日記やブログなどに日々の心境を書き留めておいたり、匿名のSNSにひたすら愚痴を書きなぐるという方法も有効。

SNSなど、誰にでも閲覧できるものは職場の人にバレてしまう場合もあるので、注意してくださいね。

軽い運動をする

職場で頭に血が上りそうになることもあるでしょう。そのような時は、人に当たってしまう前に、身体を軽く動かしてみましょう。

軽い運動は、リラックスした気持ちを促す、副交感神経を刺激します。そのため、ちょっと身体を動かすだけでも、イライラを解消することが出来るんです。

職場のまわりのウォーキングや、身体を軽く捻るだけでも効果はあります。負担にならないものから始めてみてください。

ヨガやジムなど新しい趣味を持つのも良いかもしれませんね。職場外に新しい友だちや話せる相手ができれば、職場での人間関係もあまり気にならなくなるかもしれませんよ。

人気のホットヨガスタジオLAVAを予約する

Tags

ライター