職場での人間関係が悪くなったときの対処法:原因からストレス解消法まで

今回は、職場での人間関係が悪くなる原因と、人間関係が悪くなってしまった際の対処法を紹介したいと思います。

関係を改善する方法から、運動や悩みをノートに書き出すなど、具体的なストレス解消法までをご紹介。ストレスで体調を崩したりする前に、ぜひこの記事の内容を参考にして、楽しく快適に働いてください。

もし職場の人間関係が改善されず、働きにくい、このままずっとこの仕事を続けるのは不安という方は転職をして環境を変えてみるのもよいでしょう。

転職を本格的には考えないけど、ぼんやりと意識しておきたいという方にオススメなのが「リクナビNEXT」。

本格的な転職活動はまだ考えていないという方でもひとまず転職サイトに登録しておくことで心の余裕ができますし、転職活動は意外に時間がかかるものなので、先に登録しておくことで実際に「本当に転職したい」と思った時にすぐに職場を変えることができるようになります。

ぜひ会員になって、職場を変えることも検討し始めてみましょう。

リクナビNEXTに登録してみる

職場の人間関係が悪化する原因

喧嘩をしてしまったなど、思い当たるフシがある場合は解決しやすいですが、なぜか急に避けられているなど、関係が悪化した原因がわからないという場合もありますよね。

職場で避けられたり、嫌われてしまう原因をいくつか紹介しているので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

話を合わせない

職場内でも、女性は派閥を作ろうとする傾向が強いです。派閥の中では、中心となるお局様を頂点としてカースト制が惹かれるケースも。

そんなお局的存在の人の性格が悪かったり、気分屋だったりすると、周りの人はその人の醸し出す空気にのまれてしまうことが多くなります。

派閥の中でのお局様の意見は絶対であり、間違っているからといって反論すると、仲間はずれのターゲットになることがあります。

人気のある男性社員の取り合い

職場内にイケメンがいると、毎日職場に行くのが楽しみになりますね。しかし、それは他の女性社員にとっても同じことです。

人気のある男性社員と2人きりで話す機会が多いと、他の女性社員に嫉妬され、人間関係が悪くなることがあります。

男性社員との関わり方は、特に女性同士の人間関係では、重要なポイントになるようです。

嫉妬をしている

仕事でもプライベートでも、自分が負けていると思うと、足を引っ張ろうとして荒探しをしたり、悪口を流したりする人がいます。

上司にこびを売っている、人によって態度が違うなどの噂を流されることも。

SNSのアカウント交換や、プライベートの話をするのを控えるというのも、1つの解決法かもしれません。

仕事での連携が取れていない

新入社員や、部署を変わったばかりであれば、仕事ができないのは当然。しかし、その際に無理に自分で解決しようとしたり、教えようとしてくれている人を拒んでは、フォローしてくれる人も減ってしまいます。

自分をよく見直して、できないところは受け入れると、きっと同僚や上司も、あなたを助けてくれるようになりますよ。

仕事に追われてピリピリしている

職場の人間関係が悪くなる理由のひとつとして、みんなが仕事に追われてピリピリした空気が出来上がっていることがあげられることもあります。

仕事がとにかく忙しい職場だと、全員が仕事をしなければという気持ちで精神的に余裕がなくなり、人を褒めたり、助け合ったりする空気ができにくくなります。

それどころか、仕事がうまくいかないことを他の人のせいにしたりなど、何かとギスギスした雰囲気になってしまうことが多いのです。

気が合わない人が多い

単純に職場に気が合わない人が多いという場合も少なくありません。

性格が合わない人、話が合わない人、年齢がかなり離れている人が多いなど、相性が良くない人ばかりで職場が構成されてしまうと、職場の人間関係が最悪に思えることは多いです。

人間関係が悪くなった時の対処法:考え方・行動編

原因の次は、人間関係が悪くなってしまった場合にどう対処すれば良いのかを紹介します。

対処法として、「自分の考え方や行動を変える」「相手との関わり方を変える」、「ストレスを解消する」という3つがあります。

まずは、職場での人間関係を改善するために、自分の考え方や行動をどう変えればいいかを見ていきましょう。

相手の意見をポジティブに捉える

上司や同僚に不愉快なことを言われた際、なんでそんなことを言われないといけないんだろうなどと、不満な顔をしていませんか?

相手が悪意で言っていたとしても、自分の改善点を見つけるいいきっかけとして捉えてしまいましょう。

そうすれば自然と、あなたも相手のことを嫌に思わなくなるかもしれません。

指摘されたことをどうしたら改善できるのか、ポジティブに考えることで、周囲からの評価も上がり、人間関係が円滑になります。

悪口を言わない

ストレスがたまっている時や、何か嫌なことを言われたときなど、つい言ってしまいたくなる悪口。

しかしそれを聞いている周りの人は、自分の悪口も裏で言っているかもしれないなどと、不安に思ってしまうかもしれません。

陰口を本人に伝えるなど、裏切りの原因にも。例え自分の周りの人が誰かの悪口を言っていたとしても、あまり同意せず、軽く流しましょう。

今日の失敗を引きずらない

仕事をしていると、誰しも失敗を経験することでしょう。人によってさまざまな失敗があると思いますが、ここで注意してほしいのは、いつまでもそのことを引きずらないことです。

いつまでもくよくよしていたら、周りの人たちは気疲れしてしまいます。失敗をバネにして、次は同じ失敗をしないようにしようと割り切ってしまいましょう。

周りにも前向きな人だと好印象を与えることができ、円滑な人間関係を築くことができます。

相手のいいところを見つける

自分が苦手意識をもっていると、その相手も苦手意識をもってしまうため自然と距離が生まれてしまい、ますます苦手意識が強くなってしまいます。

その距離を縮めるためには、相手のいいところを見つけようとするのが1つの方法です。

苦手意識の逆のアプローチで、いいところを見つけてそれとなく相手に伝えると、相手も好意を持ってくれるかもしれません。

「嫌われても良いや」と開き直る

人間関係はとても大事なものですが、そのことばかりにとらわれ過ぎてしまって、周りの人に合わせることがストレスになっていませんか?

他の人から嫌われたくないと考えすぎてしまっているばかりに、堅苦しくなっている場合があります。

人間関係をスムーズにするには、嫌われても良いと思っているくらい気楽な考えの方が、案外円滑にいくものです。

会社の行事には積極的に参加する

会社では、年に数回行事を開催しているところが多いです。送別会や忘年会などの飲み会をはじめ、リクレーションなどを行う会社もあるでしょう。

しかしそういった行事を面倒に思い参加しないのは、大変もったいないことです。

行事に参加しないとノリが悪い人だと思われ、何より行事に参加することで絆が深まり、より良い人間関係を築くことができます。

他の社員と自分を比較しない

同僚が自分より秀でた能力を持っていたり、昇格していく姿を目の当たりにすると、嫉妬してしまうことがあります。

同期が上司に気に入られると、自分はなんて無能なんだ、などと悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、仕事内容は人それぞれ異なり、評価基準も違います。同僚と自分を比較することは無意味なことなので、自分のやるべきことに専念しましょう。

信頼のおける人に相談する

人間関係がうまくいっていないことについて、信頼のおける上司や身近な人に相談するというのもひとつの方法です。ただし、上司との関係がうまくいっていない場合は、他の上司に相談するようにしましょう。

実際に関係を改善してくれる場合もあり、相手のいいところや、本当の気持など、自分には見えてなかった新しい視点で相手を見れるようになるかもしれません。

また、何か嫌なことが合ったときに、相談や愚痴を言える人がいるというだけでも、頑張ることができます。

給料のためだと思い込むようにする

上司からの嫌味な発言に日々ストレスを感じながら、それでも我慢して仕事をしている方もいるでしょう。

しかしこの我慢が給料につながるのだと考えることで、面倒くさいと思わなくなります。

嫌なことがあったとしても、家族や恋人、友人と遊ぶ時間の為だとか、自分へのご褒美のために使うのお金の為などと考えることで、職場の人間関係から気をそらすことができます。

出世や人脈にこだわらない

上下関係を気にして先輩や上司に媚びを売ってばかりの人は、自分の人脈や立場を気にしすぎてしまっているかもしれません。

そのせいで疲れてしまっているのでは、そもそも仕事がうまくいかなくなってしまう可能性すらあるでしょう。

1度、出世や人脈などにこだわるのをやめて、自由に仕事ができるよう自分を解放してあげるのが効果的です。

環境を変えてみる

それでも人間関係に耐えられなくなってしまった場合は、転職を考えてみましょう。

人間関係の悩みを簡単に変える方法はやはり環境を変えてしまうことです。

ひとまず転職の可能性だけでも検討してみたいと考えている方にオススメなのは「リクナビNEXT」。

転職を考える人のほとんどがまず最初に登録する超大手の転職サイトで、転職を考えているがどのように始めたらいいかわからないという人は、まずはこちらに登録することから始めるといいでしょう。

リクナビNEXTに登録してみる

人間関係が悪くなった時の対処法:相手との関わり方

次は、嫌われている相手・苦手な相手との関わり方を紹介していきます。たくさん相手と関わることで新しい一面を知り、関係が改善される場合もありますし、逆に合わない人だと割り切って、距離をおいたほうがいい場合も。

いろんな方法を紹介するので、少しずつ試してみてください。

淡々と普通に振る舞う

人間関係に悩んでいる時こそ、冷静に淡々と振舞いましょう。

そうすることで余裕をアピールできます。あなたが悪い事をした覚えがない場合は、余裕な気持ちを持つことが大切です。

嫌な思いをせずにすみますし、些細なことも気にならなくなります。

苦手な人とはあえて距離を置かない

苦手な人・嫌いな人や自分を嫌っている人とは、できれば顔を合わせることも避けたいと思うのは当然です。

しかし、距離を置けば置くほどなおさら苦手意識は強くなる一方ということもまた事実。接点がなくなれば、会話もなくなり、次に仕事で用事があっても話しかけづらくなってしまいます。

ここは逆に相手の懐に飛び込むくらいの行動をしてみるのも、1つの付き合い方。

心理学では、何度も関わった相手に好意を抱くという実験結果も出ていますし、些細な誤解が原因で関係が悪くなったのであれば、それが解決されるということもあります。

共通の話題を見つけて仲良くなる

まれに自分ばかりが勝手な苦手意識を持って、職場の人に接していっていないからこそ、人間関係が最悪だと思ってしまっている場合があります。

少しでも話ができそうな人がいる場合は、なるべく共通点を見つけて仲良くなる努力も忘れないようにしておきたいところです。

嫌な相手を視界に入れない

関わってみて、やっぱり合わないと思うのであれば、思い切って距離を置くというのも1つの方法。どんな素晴らしい人でも、合う人と合わない人がいるので、可能な場合は避けてしまってもOKです。

無理に関係を改善しようとすると、悪化させてしまったり、好きだった仕事を嫌いになってしまうこともあります。1人のために好きだった仕事を嫌いになってしまうなんて、もったいないですよね。

どうしても職場に行くのが億劫になってしまったという人は、転職も考えてみましょう。自分にあった社風や仕事を見つけることで、快適に楽しく働けるようになるかもしれません。

職場で溜まったストレスの解消法

職場で溜まったストレスはお金のためと割り切って、別の形でストレスを解消するというのも1つの解決方法。ここではオフィスで簡単にできるストレスの解消法や、プライベートや、家でも短時間で簡単にできる方法などを紹介します。

仕事をするスペースを変えてリフレッシュ

自分のデスクがある人は、デスク周りを自分の空間にアレンジしてみましょう。会社のパソコンの壁紙をお気に入りの写真に変えたり、ペットの写真を飾ってみるのも気持ちの切り替えになります。ただし職場によってどこまで許されるかは変わってくるので要確認。

また朝早めに出勤して、少し掃除をしてから仕事をするというのも、実はかなりストレスの緩和に役立ちます。自分のデスク周りだけでも綺麗に片づけてから仕事を始めると、寝ぼけている頭を切り替えて、仕事を行うことが出来るので効率的なのでおすすめ。

仕事をしていて緊張状態が続くと、ストレスがどんどんと溜まります。この状態から抜け出すには、一度席を立つのが一番。とくに催してなくても、気分転換を含めてトイレに行きましょう。この時にストレッチをしたり、肩を回したりすると効果的です。

最後にお菓子を食べて気分転換する方法もご紹介。お腹が空くと人間はイライラしてしまいがちですが、休憩時間外に食事をするわけにはいきません。しかし、ちょっとつまめるお菓子程度なら許容範囲という会社も多くあります。

とくにガムを噛むと、あごの筋肉の伸び縮みが脳に刺激を与え、リフレッシュ効果があるのでおすすめ。

時間を有効に使う

昼休みの約1時間をどう使うかは人それぞれですが、ストレス発散が上手な人は、ただランチをするだけではなく時間を有効に使います。例えば、ランチを手早く済ませて買い物に出たりと、自分のために休憩時間をうまく活用している人も。

また職場のストレスを調整できる人は、仕事と自分の時間のオンオフの切り替えが非常に上手な人なので、スケジュール管理がしっかりできる人とも言えるでしょう。

自分の時間を大切にするので、予定がある時には残業はせずにきっちりと仕事を仕上げて、時間通りに会社を出ます。これがストレスを溜めない最大のポイント。

職場のストレスを何かに書き出す

何かに書き出すという行為は、ストレス解消のための有効な手段として知られています。

書くことで頭と心の整理が出来ますし、今まで見えなかった問題点に気が付くこともあります。

日記やブログなどに日々の心境を書き留めておいたり、匿名のSNSにひたすら愚痴を書きなぐるという方法も有効。

SNSなど、誰にでも閲覧できるものは職場の人にバレてしまう場合もあるので、注意してくださいね。

軽い運動をする

職場で頭に血が上りそうになることもあるでしょう。そのような時は、人に当たってしまう前に、身体を軽く動かしてみましょう。

軽い運動は、リラックスした気持ちを促す、副交感神経を刺激します。そのため、ちょっと身体を動かすだけでも、イライラを解消することが出来るんです。

職場のまわりのウォーキングや、身体を軽く捻るだけでも効果はあります。負担にならないものから始めてみてください。

最近ではホットヨガがおすすめです。ホットヨガスタジオLAVAは全国350か所に店舗があり、初回の体験レッスンが1000円で受けられます。

アメニティも豊富で、手ぶらで行くこともできるため、仕事帰りにもおすすめ!

ぜひ疲れた体をリフレッシュしに行ってみてはいかがでしょうか。

クラスが豊富!LAVAの体験レッスンに参加する!

趣味や習い事に集中する

仕事での人間関係を気にしすぎては、どんどんとストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜めてしまうと、仕事だけでなく私生活にも影響が及びかねません。

ストレス解消方法で、最もおすすめなのは、趣味に没頭することです。趣味を持っていない人には、習い事をおすすめします。中でも、英会話は非常に人気が高いです。

最近人気のハーバリウムは、作る過程も楽しめますし、贈り物としても喜ばれます。料理などは、日常生活で生涯役立つことです。趣味も習い事も、選択肢は非常に多いですから、自分に合ったものを見つけてみてください。

関連記事:趣味が欲しい女性へのオススメ15選:美容から実用的な趣味までジャンル別に紹介!

会社外で友達を作る

いつも同じ人としか接しないことに飽き飽きしている場合は、自分の人間関係に変化をもたらすことがいちばんです。

新しい友達や彼氏を作るのでも良いでしょう。とにかく自ら人間関係に新しい波を起こしていくことを心がければ、変わり映えしない人間関係に疲れを感じることもなくなるはずです。

また、会社の外で会社の愚痴が言える友達がいるとなおストレスをためずに仕事をこなすことができます。

職場の人間関係に困ったら

今回は職場の人間関係を中心に、その原因や対処法を紹介しました。これらは一度に全てを実行するのは難しいので、自分のできる範囲から改善できるようにしてみてください。

またこれらの対処法を行ってもどうしても解決できない場合もあります。その際は思い切って職場を変えてしまうのも一つの方法。

転職を検討している方が必ず登録しているといっても過言ではない「リクナビNEXT」は、やはりおすすめの転職サービスです。

本格的に人間関係が辛くなってきて、精神的な負担が大きくなると、転職サイトに登録する気力すらなくなってしまいます。

本格的な転職活動はまだ考えていないという方でもひとまず登録しておくことで心の余裕ができますし、転職活動は意外に時間がかかるものなので、先に登録しておくことで実際に「本当に転職したい」と思った時にすぐに職場を変えることができるようになります。

とりあえず登録だけでも済ませておいて、人生のリスクヘッジをしておきましょう。

リクナビNEXTに登録してみる

Tags

ライター