社内恋愛で気をつけたい6つのポイント:公私混同に注意!

職場で始まってしまった恋愛については、注意をしておかないと損をするケースがあります。

恋愛は自由ですが、そのフィールドはわきまえておかないと社会人としてはまずいこともありますよね。

つい見落としがちな社内恋愛で気をつけたい6つのポイントをまとめました。

1.職場でデートの話をしてしまう

これは他人から見ると見せつけている感じがしてとても嫌ですよね。二人だけの時間と仕事の時間を混同しないように気をつけましょう。

2.連日同じ服で出勤してしまう

お泊りをしたことが露骨に分かってしまいます。

二人の関係を知っている人からしても突っ込まずにはいられないので、気を使わせないことが大事です。

3.都合がつかないのを仕事のせいにする

二人共働いている職場ですし、恋愛をすることが出来た場所でもあります。

仕事の都合というのも理解しているはずですので、ネガティブに考えない方が気持ちが良いですよね。

4.いつも一緒に出勤、退社をする

たまには一緒に通勤してもいいと思いますが、いつもカップルで一緒にいると周りも話しかけづらいです。

べったりしすぎて職場にラブラブな雰囲気を持ち込んでしまうのは、学生気分に見られてしまうこともあると思います。

5.職場での極端な接触を避ける

これも極端だと二人のことに触れてはいけないのかと周りに気を使わせてしまいますよね。

あくまで普通の社員として自然に接するのが理想です。

6.駅周辺でもベタベタしすぎない

会社を出れば油断しがちですが、最寄り駅なども社員が集まる場所です。

中には仕事で関係があるので見たくない方もいるはずです。気を使って我慢しましょう。

まとめ

社内恋愛だからといって楽しいことばかりではない場合もあります。

大事なのは公私混同をせずに、メリハリを付けること。それさえ気をつければ楽しいお付き合いが出来ると思います。

Tags

ライター