10年間引きこもりだった人間が、人見知りを克服するために実践した35の方法

人見知りは、本来、知らない相手に対して警戒心を持つ性質のことです。ほとんどの人は人見知りを克服しますが、最近は核家族化や地域コミュニティの希薄化により、大人になっても人見知りが治らない人も多いようです。

今回は人見知りの克服方法についてご紹介します。

1.笑顔が大事!

imasia_14717100_M

人見知りの人は他人と話すとき、緊張してどうしても表情が硬くなってしまいがち。

その緊張が相手に伝わり微妙な空気を生み出してしまい、余計に他人と話すことが億劫になってしまいます。

うまく話せなくてもいいので、とにかく笑顔でいることが大事!あとは可能な限りしっかり相手の目を見るだけで、その場の雰囲気が和やかになります。

雰囲気のいい空気に包まれることで緊張もほぐれ、人見知りを克服することも可能です。

2.今まで会った人を思い出す

imasia_7742465_M

過去に会ったことのある人で、第一印象は悪かったものの、その後仲良くなった人や印象が良くなった人について思い出してみましょう。

一度の会話で失敗したとしても、その後少しずつ挽回していくことも出来る、ということを実感できるようになります。

3.ゆっくり呼吸することを意識する

緊張していると呼吸が浅くなってしまいがちですが、まずはゆったりと、深い呼吸を意識してみましょう。

話し始める前に一拍間を置くことで、頭の中を整理し落ち着いて話すことが可能に。またリラックス効果もあります。

4.迷惑をかけることを恐れない

Stressed young woman sitting in bathroom

大人の人見知りは、傷つくことを恐れるあまり他人に気を遣い過ぎて、コミュニケーションのスタートからつまづいている状態です。

コミュニケーションに多少の食い違いはつきものですし、そもそも他人の時間をもらわないと会話もできません。

人と関係を構築するのは迷惑がつきもの、多少迷惑をかけるくらいの方が印象に残ってちょうどいい!と割り切ってしまいましょう。

5.憧れの人になりきる

あらかじめ作った原稿を壇上で読むような場合には、堂々と物怖じしないで話す人の姿勢や話し方を真似て、その人になりきってしまいましょう。

自分ではない誰かを演じることで緊張を軽減することができ、また失敗してしまっても「あの人ならどうするか」と客観的に判断することができます。

6.まずは相づちから

imasia_14975628_M

人見知りの人は初対面の人との会話をすること自体がプレッシャーになります。

上手く会話が続かないことでストレスを抱え、何を話すか考えてしまうせいで、余計に会話が続かなくなる悪循環に。

まずは相手の会話に相づちを打つ事から始めましょう。少しでも気になった所を質問すると、会話のキャッチボールも続きます。

7.相手の真正面に立たない

相手が怖くて顔も合わせるのも嫌だ、という人は相手の真正面に立たないようにしましょう。

誰でも最初は緊張するもの。とは言え、人見知りと向き合うためには、いずれ会話をしなければなりません。

まずは相手の顔を見ないで会話する勇気を持ちましょう。会話をすれば人見知り解消の第一歩になるはず!

8.話題を豊富に持つ

imasia_13929838_M

人見知りの人の中には、話す話題が無いために、人と話さない人がいます。

ミーハーな人になれというわけではありませんが、話題の映画・本・音楽に触れ、それを話題にすることで人と話すことにも慣れていきましょう。

9.相手の事を話題にする

上手く会話が出来ない時は、とことん相手の話題でもちきりにすれば良いのです!

例えばその日の服装や髪型、持ち物など気になった事を相手質問します。相手も嬉しいはずですし、かえって自分に話題を振ってくれる場合もあるかもしれません。

変に世間話をするよりは、相手が身につけている物などに着目するとスムーズに話が進みます。相手が身につけているものは、その人自身が好んで身につけているはずなので間違いありません。

10.まずは相手の意見をよく聞く

Jealous wife, overhearing a phone conversation her husband

人見知りの人は、他人と上手く接することに自信がない場合が多いです。まず相手から好かれるように心がけましょう。

聞き上手は人から好かれやすくなります。まず相手の話に耳を傾けて、積極的に相槌を打つと、相手は自分にいい印象を持ってくれる場合が多いです。

人見知りだとしても、自分の事を良く思ってくれている相手に対しては接しやすいので、相手の話を聴くことが、結局人見知りを治すきっかけになります。

11.初対面じゃないと思い込む

初対面の人を前にした時、この人は初めて会う人じゃない、以前からの知り合いだと思いながら話しかけてみましょう。

人は意外と単純だったりします。

「どこかで会った事がある気がする」と思っていれば、本当にそうだったような気がしてくるのです。初めて対峙するから萎縮してしまうのであって、そうではないと割りきってしまえば怖くなくなります。

12.接客業に就く

imasia_14369714_M

人と接することを仕事にすることで、嫌でも人と話しをしなければならなくなるので、自然に人と会話がしやすくなります。

また一緒に働いている人の接客を間近で見ることによって、人との接し方の良い勉強になるはず。

13.当たり障りないことを話す

人見知りを克服するには、とにかく話しかけてみることが大切です。

初対面で会話が詰まることを不安に思う人は、天気やニュースなど当たり障りないことを話すとハードルが高くなく、試しやすいです。沈黙を恐れてはいけません。

14.自分に自信を持つ

意外と人は他人に興味がありません。相手にどう思われているか、相手に悪く思われていないかなどと考える必要はありません。

自分は大丈夫!という強い自信を持って凛とした態度で話すと、徐々に慣れてきます。

15.勇気をだす

人見知りの原因、それは「人に嫌われたくない」「心の内を人に見られなくない」という心情が原因であると考えられます。

そんなオーラを出していると、相手にも気を遣わせ、話しかけづらい人になってしまうのではないでしょうか。克服するためには、一言で良いので自分から話しかけてみることが大切です。

始めの一歩が今後の関係に繋がっていき、自分を変えるきっかけになるでしょう。

16.相手の目を見る

SONY DSC

人見知りの人は、相手の顔を見つめて会話をできない人が多いです。

そういう人は相手に「嫌われているんじゃないか」という印象を持たれ、余計疎遠になってしまいがちです。

人の目を見て話すことは大切だと分かっているけど出来ない。そんな人は直接相手の目を見るのではなく、目の下(クマができるところ)を見るといいかもしれません。

17.毎日知らない人と喋る

人見知りは慣れで克服できます。普段の生活から意識的に話しかけることを心がけましょう。

あまり知らない人とたくさんコミュニケーションを取ることで、だんだん人に慣れていき、人見知りを克服することが可能です。

18.予め人見知りであることを伝える

自分が人見知りであることを、まずは受け入れましょう。相手に対して無理に人見知りを隠そうとすると、余計にうまくいかなくなってしまいます。

話し始めるタイミングで、自分が人見知りであることを伝えてしまえば、相手から配慮してもらえる可能性があります。

19.失敗してもいい

imasia_11160916_M

世の中には数えきれないほどの人がいて、毎日誰かしらコミュニケーションで失敗しています。

その瞬間に会ってる人の前で失敗したとしても、次の機会があると思って気楽に人と接してみましょう。

仮にその時、うまく喋れなかったとしても、次の機会があるから大丈夫!と思うようにすれば思い切って喋ることが出来ます。

20.とりあえずたくさん話す

人見知りは「人と話すことが嫌」「人と話すことが怖い」と根拠もなく思い込んでいることが原因で引き起こされます。

思い切ってたくさん人と話すことが大切。話す経験を重ねることによって人見知りが克服されます。

21.身近な人への挨拶

imasia_12599298_M

人見知りであっても日常生活で他人と関わらないことはありえません。

人見知りを克服する方法としてオススメしたいのは店員さんへの挨拶です。お釣りや商品を受けとった際に一言、「ありがとうございます」と答えるだけです。

日常の何気ない会話から克服していきましょう!

22.グループで会話!

imasia_5821069_M

初対面で1対1だと何を話していいのか分からず、自分も積極的に話さなければならない場面が多くなるので、人見知りの人にとってはハードルが高いです。

まずは大勢のグループで和気あいあいとコミュニケーションを取り、上手に相づちを打つことから始めたほうが効果的!

23.あえて人の集まる場所へ

社会人サークルや趣味のサークルなど、人との交流が好きな方が集まる場所へあえて行くことをオススメします。

最初は緊張するかもしれませんが、実際参加してみると、意外と楽しかったという人が多いようです。自分から話しかけなくても、相手の方から積極的に話しかけてくれる場合もあります。

また、初対面の方が多いというシチュエーションを逆手に取って「私は人見知りじゃない」と自己暗示をかけましょう。そうすることで普段とは違う自分を演出でき、日常生活でも人見知りが改善されるはず!

24.相手の評価を気にしない

相手の評価や、相手からどう思われてるのかを気にしたり、嫌われたくない・良い人間でなければならないと思えば思うほど、緊張して相手の顔を見れなくなります。

いっそのこと、もう嫌われてもいいと思って、気持ちを強く持ちましょう。そうするとどんな相手でも緊張はしなくなります。

25.自分が楽しいと思うことをする

imasia_10606131_M

人見知りの人は「私と話していてもつまらないのではないか」と思ってしまうことに原因があります。

そして沈黙が気まずいので、どうでもいいことを話しかけてまた黙るの繰り返し。そういう場合は自分が楽しいと思うことを話しましょう。

相手が楽しいかどうかはさておき、自分が楽しい・好きだと感じている話題であれば、少なくとも話すことはできます。

26.自分は大した人間でないと思う

相手に自分がどう思われるか不安な人は、自分をよく思われたいと思わないようにすることです。

自分は大した人間ではないことを、相手に知ってもらいましょう。会話が不安なら一言先に、会話が苦手でうまく伝わらないかもしれないけど…と打ち明けてしまいましょう。

27.気楽にいこう

Man ignoring his girlfriend playing video games at home in the living room

人見知りの人は、自分を守ろうとする傾向があります。

自分と相手が意思疎通をすることによって、自分に不都合なことが起きると恐れるがあまり、自分から距離を置いているのです。

そのような場合は、自分にマイナス面があったとしても許容して、深く考えすぎないことが大切。すべてを受け入れる必要はないと思って、気持ちを楽にしていることがポイントです。

28.無理に仲良くなる必要はない

縁ある方とは必ず親密な関係になるものです。仲良くならなければならないと思うから緊張してしまいます。

相手の対応に任せてしまうのも一つの方法です。自分からアクションを起こさなければならないときは、共通点が一つでも見つかるとより親密になれるでしょう。

29.一期一会を大切に

常に一期一会を肝に銘じましょう。そうすると人見知りをしている余裕がなくなり、気づいたら初対面でもスムーズに話せるようになります。

常に同じ場所、安全地帯に生きていると、いつかは自分を分かってくれるはず、という甘い考えが生まれがちです。この人とはもう2度と会わないかもしれない、と思うことで、その時の会話を大切にするようになります。

30.酒の力を借りる

imasia_428679_M

人見知りの人は、何を話せばいいのだろうと、最初から構えてしまうことに問題があります。

お酒の力を借りれば気持ちがリラックスするので、自分も周りも皆オープンになり自然と会話が弾みます。

31.下手に出ない

コミュニケーションが上手な人は、会話に多少強引なところがあります。そういう人は自分と相手に境界線を持っていないのです。

まずは相手と自分は変わらない人間であると認識し、下手に出ないことが重要です。過度な謙遜は、逆に相手を萎縮させてしまいます。

32.苦手な人から距離を置く

通常、苦手な人に話しかけられた場合は上手にあしらうか、素っ気ない態度をとりますが、人見知りの人はそういう対応することさえ難しい人が多いです。

コミュニケーションに慣れるためには、まず苦手な人と話す機会を減らしていくのが近道です。

どんな人でも苦手な人はいますが、人見知りの人は特に苦手な人と喋る機会を減らしたほうが良いでしょう。

その時は、なるべく失礼がないように対応したほうが、お互いの関係を損ないません。

33.リラックスして体勢を整える

imasia_13155102_M

体と心は繋がっていると考えてください。緊張して体がこわばってしまっていると、その状態を頭で認識してしまい、より緊張がひどくなります。

人見知りの人は相手から自分がどう見えているのかが気になるので、緊張しているのがバレないように身構えてしまい、話がぎこちなくなるのです。

まずは体の力を抜いてみましょう。

34.人見知りのメカニズムを知ること

人見知りは人間に生来備わっている一種の防衛本能で、誰にでもそういう要素はあります。

人見知りしない人というのはコミュニケーション慣れをしているだけで、人見知りしてないわけではありません。

中にはグイグイと話しかけてくる人もいますが、そんな人もコミュニケーションで一度つまづくと、人見知りになる可能性があります。

そう考えると、少しは気持ちは楽になるでしょう。

35.深呼吸を意識的に行う

呼吸には精神を安定させる効果があるのをご存知でしょうか。

特に息を深く吐くと、精神が安定するホルモンが分泌されるので、会話の際、呼吸をしっかりと意識することで相手に対する余裕が生まれます。

まとめ

最初は外に出るのも億劫かもしれませんが、人見知りを克服すると世界が広がります。

まずは外に出て、人と出会いましょう。そして何気ない会話から始めてみてはいかがでしょうか?

Tags

ライター