公務員と結婚するメリットとデメリット8選:公務員と結婚する方法も

一般的に公務員と聞くと、安定した職業というイメージがありますよね。結婚相手として人気の職業かと思いきや、公務員は結婚できないという噂も。

そこで今回は、公務員の種類と一緒に、公務員との結婚する際の注意点や、メリット・デメリットを紹介します。

公務員の人と出会いたいという人は、Facebookと連携していて、事前に職業や趣味が確認できるpairsでの婚活がおすすめです。

pairsに登録する

国家公務員と地方公務員

公務員は大きく、国家公務員と地方公務員に分けられます。国家公務員と地方公務員の違いや、それぞれの特徴を紹介するので、結婚後の生活をイメージする参考にしてください。

相手が国家公務員か地方公務員かで、アプローチの仕方も変わるかもしれませんよ。

国家系公務員

国家公務員とは、国の機関で働く職員のことで、希望する省庁や職種での勤務になるため、地方公務員に比べてスペシャリストの雰囲気が強いです。

転勤が必須になる代わりに、総合職であればキャリア組と呼ばれ、制作の立案など高度な仕事を行うことになります。

裁判所や国税局の職員も国家公務員に含まれ、特別な国家試験への合格が必須になる職種も多数あるようです。

地方系公務員

一般に公務員と言われて想像しやすいのは地方系公務員なのではないでしょうか。

市町村の役場で、住民票など様々な書類を処理してくれる方々も、地方公務員です。

採用試験は自治体ごとで行っており、保育士や栄養士、警察官や消防士も地方公務員にあたります。

異動すると言ってもその自治体内での話になるので、急に遠くに転勤になったということはなさそうです。

公務員と結婚することのメリット

リストラがない

公務員が安定している理由の一つとして、リストラが全くと言っていいほどないことが挙げられます。

リストラに悩まされることがなく、それに伴うお金のトラブルもないことから、結婚すると安心だと言えますよね。

専業主婦希望の女性なら、結婚相手にリストラのない公務員は、かなり適していると言えるでしょう。

世間体がいい

公務員と言われると、一般的に真面目でしっかりした人というイメージがついています。そのため、親や周囲に反対される可能性もかなり低いでしょう。

また、友達に結婚相手を会わせる時も、胸を張って紹介できそうです。

収入が安定している

公務員と一口に言っても、国家公務員や地方公務員など種類はさまざまです。

しかし年功序列が基本なので、年齢に合わせて、普通に生活するには充分の安定した収入が得られるでしょう。

また、極端な収入の変動もないので、金銭面で特別困ることはなさそうです。

ボーナスも高め

一般と比べて、ボーナスが高いのも公務員の魅力!

大体の一般企業の平均ボーナスが30万のところ、公務員の平均ボーナスは60万ほどもあるようです。

普段の倍以上のボーナスが入るため、普段は少し生計が苦しくても、ボーナス時に挽回できそうですよね。

海外旅行など、みんなに羨ましがられるような贅沢をする人も多いようです。

pairsに登録する

公務員と結婚することのデメリット

公務員=定時ではない

公務員って、定時で帰れる職種というイメージがありませんか?

でも、今はそのイメージとは大違い。市役所の職員でも残業は避けられず、非常時に活躍する警察官や消防士であれば、残業は必ず発生します。

公務員でも、定時で帰れる人はほんの一部。公務員=早く帰ってくると思ってはいけません。

帰宅時間のかなり遅いときもあるようなので、しっかりサポートする必要がありそうです。

ストレスが溜まりやすい

公務員は、基本的に人と関わることを仕事にしています。そのため、毎日相当に頭を使ったり、またストレスをためてしまいがち。

そのため、妻を相手にストレスを発散し、喧嘩が頻発する家庭も多いようです。

それが原因で、夫婦仲がどんどん悪くなっていってしまうことも。機嫌の上がり下がりを見極めて、上手く対応する懐の広さが重要になりそうです。

お金を持っていると思われてしまう

一般的に、公務員はお金があるというイメージは根強いもの。

結婚相手が公務員だとわかると、周りからは勝手に、お金を持っていると思われてしまうことも多いようです。

勘違いして、嫌味を言ったりからかってくる人もいるので注意が必要です。

若手の間は給料が安い

メリットで収入が安定していると書きましたが、それはあくまでベテランの話。

若手のうちは、給料も相当安のが現実です。15万強あるかないかぐらいだと思っておいたほうがいいでしょう。

そのため、公務員になったばかりの人との結婚は、生活が相当カツカツでやりくりもかなり大変。

結婚当初は、妻としての裁量が問われそうですね。

公務員と結婚する方法

清楚な女性になる

公務員の方だけでなく、どんな職業の男性から見ても、清楚な女性はやっぱり好印象ですよね。

みんなそれぞれ好みはありますが、公務員男性との結婚を目指すなら、清楚なイメージを大切にしましょう。

きつくてやりすぎな濃いアイメイクや、派手なファッションはあまり好まれない傾向にあります。

家庭的で清楚なイメージを目指し、家事ができなさそうなネイルもやめたほうが良いでしょう。

自立した女性を目指す

重視はされませんが、大事なポイントでもあります。公務員の方と結婚したいのであれば、無職は避けたほうが無難でしょう。

公務員の方は、結婚相手にも真面目さや誠実さを持ってほしいと思う人が多いです。

働かず家でダラダラ楽な生活を送っている女性は、自立していないというイメージを持たれてしまうのです。

しかし、相手が公務員となると専業主婦になることを求められる場合も。仕事と家庭のバランスが重要になりそうですね。

慎んだ行動を心がける

公務員となると、官舎などで暮らすことになることがあります。男性経験が多かったり、何かと噂になるような相手を結婚相手には選びたくはないですよね?

また公務員と結婚する際には、身辺調査がある場合があります。水商売の経験などは、ない方が良いかもしれません。

タバコはやめる

たばこはかなりのマイナスイメージになります。清楚なイメージからはかけ離れた行動ですので公務員の方からは、かなり悪い印象を与えてしまいます。

喫煙者か喫煙者じゃないかはかなり重要です。いくら真面目でも、それだけで不真面目だと判断されてしまいます。

公務員の妻になるためには、タバコはイメージが悪くなるのでやめましょう。

公務員と出会うには

公務員に出会うには、公務員の婚活パーティーに行く方法、合コンや公務員の方にがよく出没するスポットに行くのもおすすめです。

他には、公官庁でアルバイトをする方法などがあります。

どの方法を選ぶにしてもやはり第一印象はとっても大切!公務員の人が魅力に思う女性像を目指して頑張りましょう!

公務員の方と出会いたいという方は「真面目そう」はNG!公務員男性との合コンあるある7つも参考にしてください。

また、pairsであれば簡単に理想の相手を見つけることができるので、本気の婚活をしようと思っている方はぜひ登録してみてください。

pairsに登録する

Tags

ライター