Lonely girl

遠距離恋愛での別れの原因・復縁方法まとめ

遠距離恋愛は、長続きしにくいというイメージがあります。実際に、遠距離恋愛を1年以上続けるのは難しく、別れてしまうカップルも少なくありません。

不安になりがちな遠距離恋愛ですが、ポイントをおさえれば物理的な距離も問題ではなくなります。

今回は遠距離の別れの原因と、別れを防ぐ方法、復縁する方法についてご紹介していきます。

遠距離恋愛の別れの原因8つ

なぜ遠距離恋愛が長続きしないイメージがあるのでしょうか。別れの原因を探っていきましょう。

1 浮気

一番ありがちな原因でしょう。バレないならまだしも、会ったときに携帯を見られ、他の異性とのラブラブな会話の痕跡があった……。

こうなると、なかなか復活は難しいです。近くにいれば話し合うとか、誠意を見せるとか、色んな解決方法があるかもしれません。

距離的に会いづらいので、距離が広がる可能性大です。

2 距離感を感じてしまう

お互いの距離を実感して絶望したり、ガマンできなくなったりすると空しくなります。これが原因で浮気をしてしまうこともあります。

例えば東京と大阪であれば500kmです。随分遠いなあ、と思ってしまうのです。

時が経つうちに、お互いに違う場所で違う文化や違う人間関係ができ、いつのまにかすれ違い。心の距離感は500kmではとどまらなくなります。

3 仕事に熱中してしまう

転勤などで遠距離になった場合、特に男性は仕事で結果を出して、本社に戻るためにバリバリ仕事に励むことが多いです。

このときに構ってくれないと不満に思ってしまうと、心の距離が開いてしまいます。

男性は、仕事なら仕事、恋愛なら恋愛と、1つにことに集中しがちだということを分かってあげられなければ、不満はつのるばかりです。

4 費用の問題

会いに行くにも費用がかさむのが遠距離。例えば東京・大阪間の往復交通費ですが、新幹線で約3万円もします。毎週行くには結構大きな出費となってしまいます。

夜行バスなどは比較的格安ですが、毎週だと大変かもしれません。これが原因で疎遠になってしまうことも。

こうなると、一緒に住む方法を考えてみたほうがいいかもしれません。

5 冷めてしまう

遠距離恋愛をがんばり続ける情熱がそもそも冷めてしまうということがあります。

お互いに気が張っているうちはいいのですが、そもそもこんな大変な思いをしてまでなんで恋愛続けなきゃいけないの? と疑問をもち始めるともう止まりません。

別れてもいいかなーなんて気分に。ふとしたケンカでその思いが口に出てしまいます。

遠距離にケンカは禁物です。仲直りする時間も限られているから、二人の仲は一気に急降下です。

6 友達付き合いを優先してしまう

飲み会や合コンなど、友達や会社の同僚に誘われて、新しい人付き合いが広がります。

すると、パートナーのことに思いがいかなくなる可能性も。遠くの恋人より近くの友達を優先してしまいます。

やはりいつも会話している相手との仲が深まるのは、当然のことです。特に男性は友達を優先してしまいがちです。

7 会いたいときに会えない

遠距離恋愛は、会いたい時に会えないというのが疲れる原因の一つです。さらにはしなくてもいい余計な心配をしてしまうので、それがストレスにもなってしまうこともあります。

なにか悩みがある時も会って解決することができないため、さらにストレスがたまる原因になってしまうようです。

8 時間がかかる

遠距離恋愛では会うだけで、お金だけではなく時間もかかります。

時間に余裕があるカップル同士ならいいかもしれませんが、ふつうの社会人では仕事もあるので、とても疲れてストレスになって、別れてしまうということもあります。

遠距離で別れをふせぐコツ6つ

遠距離はどうしても長続きが難しかったりしますが、すぐに別れるなんてもったいないです。少しの工夫で長続きするんです。

1 夜電話する

10分とか15分でも十分、毎日するのがいいでしょう。特に話すことがない場合、つないだまま無言でもいいです。

つないでる間は相手を感じることができるんです。毎日相手の存在を感じることがポイントです。

2 自分に勝つ

疑いたい、不満をぶつけたい、相手に甘えたい……色んな思いが募ります。

でも遠距離恋愛では、言いたいことを言うのはまずいです。ケンカになったときに、すぐに会って修正ができないからです。

その前に、今はどうすることもできないんだ、と自分に言い聞かせましょう。相手に色んな思いをぶつけたい自分に打ち勝ちましょう!

遠距離は時にストイックな恋愛です。

3 適度な緊張感を保つ

適度に緊張感を保つのは恋愛を長続きさせるコツです。

遠距離でも例外ではありません。例えば相手がドキっとするセリフを言ってみたり、まだ付き合う前の頃を思い出したりしてみましょう。

思い出すことによって、お互いの存在が大きくなります。会えない分をカバーしましょう。

4 別れ話は避ける

遠距離でなくても別れ話になりかけることはあります。でも会うまでは別れ話をしないほうがいいです。電話で別れ話をすると、そのまま別れる可能性はほぼ100%でしょう。

もし相手が別れ話をふってきたとしても、なんとか話題を変えましょう。会ってからなら色んな作戦が立てられます。とにかく明るい話題になるようにもって行きます。

5 ケンカを避ける

話をするといつもケンカという状態では、距離も遠いし、連絡も面倒くさい、と疎遠になってしまうんです。

争いは遠距離にとってひとつもいいことはありません。

6 相手のことを優先に考える

遠距離の間は相手のことを常に優先に考えましょう。距離があるので思いやりが普段以上に大切です。

相手の話を聞いてあげたり、相手の欲しいものを送ってあげたり、尽くす姿勢が長続きのコツです。エゴを出してしまうと、連絡を取り合うのも億劫になってしまうし、遥々会いに行くのも微妙な気分になります。

遠距離で復縁するためのポイント6つ

遠距離で別れてしまった場合、あなたはいないものと扱われてしまうので、遠距離で復縁させることは難しいです。

遠距離で復縁させることは非常に難しいので、通常の倍以上復縁の気持ちを伝えましょう。

それくらいの情熱が必要です。

1 将来のビジョンを語る

自分の将来について、壮大なことを語りましょう。

自分の芯をしっかり持ち、目標がある人は魅力的です。

2 気になる存在でい続けよう

例えば、相手が入院したときなどにわざわざ駆けつけたりなど、困ったときにいつもそばにいるような存在を目指しましょう。

特に口説くわけでもないのに、気づいたら側にいると運命を感じてくれるです。

友達を巻き込んで作戦を立てなくては、相手の気を引くのは簡単ではないですが、遠距離で復縁させることはそれくらいの熱意が必要です。

3 友達を使う

メガホン効果をご存知でしょうか。人は、本人から直接聞くより、第三者からの又聞きのほうをより信じやすいという心理現象です。

つまり共通の友達に、まだ相手が気になっていることをさりげなく伝えてもらうんです。

直接好きだというよりは、もれ聞こえた噂のほうがより信憑性を生みます。直接アプローチの機会に結び付けることができるかもしれません。

4 電話をする

できるかぎり電話連絡は多い方がいいでしょう。存在を認識させることができます。

相手が面倒くさくならないように、あまり電話に出ない場合はハードルを下げてメールやラインにしてもOKです。とにかく普通に連絡を取れあう仲になってからが復縁に向けてのスタートです。

5 復縁したいと言う

復縁したいのなら復縁したいと言いましょう。

あまり回りくどくないようにシンプルに言うのがポイントです。気持ちをストレートに言うことほど効果的なことはありません。

6 花を贈る

彼女の誕生日に花を贈ってみましょう。大切な人の誕生日はしっかりお祝いしたいですよね。

素直にお祝いすることで、相手のもやもやを吹き飛ばします。

相手に気を遣って何もしないのはよくありません。遠距離なんだから大胆にいきましょう。

タグ一覧

ライター

こんな記事も人気です